ヒューイ・"ピアノ"・スミス

ヒューイ・"ピアノ"・スミス (Huey "Piano" Smith, 1934年1月26日 - ) は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のR&Bピアニスト。1950年代より自身のグループ、ザ・クラウンズを率いて活躍。底抜けに明るいノヴェルティ・ソングの数々を生み出した。そのサウンドは、ドクター・ジョンらニューオーリンズのミュージシャンたちに影響を与えるに留まらず、ロックンロールのサウンド形成にも大きく寄与したといわれている。

ヒューイ・"ピアノ"・スミス
Huey "Piano" Smith
出生名 Huey Pierce Smith
生誕 (1934-01-26) 1934年1月26日(88歳)
米国ルイジアナ州ニューオーリンズ
ジャンル R&Bブルースロックンロール
職業 ミュージシャン
担当楽器 ピアノ
活動期間 1949年 - 1981年
レーベル サヴォイ・レコード
エイス・レコード
インペリアル・レコード
インスタント・レコード
ピターパット・レコード
コティリオン・レコード
共同作業者 ザ・クラウンズ(ボビー・マーシャンジェリ・ホール、ルーズヴェルト・ライト、カーリー・ムーア"スカーフェイス"・ジョン・ウィリアムズ、他)、アール・キングアルヴィン・"レッド"・タイラーリー・アレンロバート・パーカー、ジェイムズ・リヴァーズ、ジェイムズ・ブッカーチャールズ・"ハングリー"・ウィリアムズギター・スリムフランキー・フォードダニー・ホワイト

来歴編集

幼少期編集

ヒューイ・スミスは、1934年1月26日、ニューオーリンズに生まれた。8歳の頃、近所に住む叔父の見よう見まねでピアノを始めた。最初に覚えた曲のひとつは、リロイ・カーの「How Long, How Long Blues」だった[1]

初期のキャリア編集

15歳の頃からニューオーリンズのクラブ・シーンで活動するようになり、ギター・スリムアール・キングを始め、スマイリー・ルイスロイド・プライスなど数多くのアーティストのバックを務めるようになった[2]リトル・リチャードがニューオーリンズで行ったスペシャルティ・レコードのレコーディング・セッションでもピアノを弾いている[3]。スミスがレギュラーで出演したクラブにはデュー・ドロップ・イン、クラブ・ティアフアナなどがあった[4][1]

1953年サヴォイ・レコードよりシングル「You Made Me Cry」 (b/w 「You're Down With Me」)でレコード・デビューを果たす[5]1956年にはジョニー・ヴィンセントが興したばかりだったエイス・レコードと契約し、レコーディングを行った。しかし、その際にレコーディングした「We Like Mambo」をヴィンセントはエディ・ボー名義のシングルとしてリリースしてしまった。これは、当時急上昇中だった彼の人気にあやかろうとした措置だったが、両者のキャリアに傷を残す形となってしまった[1]

エイスにおけるスミス名義での初のレコードは、1956年ヒューイ・"ピアノ"・スミス・アンド・ザ・リズム・エイセズ名義でリリースしたシングル「Little Liza Jane」 (b/w 「Everybody's Whalin'」)だった。このシングルのリリースにより知名度を上げたスミスはシャーリー&リーに抜擢され、彼らとツアーに出るようになった[1]

ザ・クラウンズのデビュー編集

1957年、ヒューイ・"ピアノ"・スミス&ザ・クラウンズを結成。同グループ名義では初の作品となる「Rocking Pneumonia and the Boogie Woogie Flu」をリリース、これがR&Bチャート5位を記録するヒットとなった。これによりスミスはクラウンズの活動に専念する決断をし、シャーリー&リーのバンドから脱退した。彼の後任としてアラン・トゥーサンがバンドに参加した[1]

クラウンズは、続いてエイスから「Don't You Just Know It」、「High Blood Pressure」、「Pop-Eye」などの楽曲を世に送り出している。1959年には、スミスは新曲として「Sea Cruise」を用意したものの、ジョニー・ヴィンセントはこれをクラウンズではなく、白人アイドル歌手、フランキー・フォードに歌わせることを決め、スミスの用意したバック・トラックに彼の歌を被せる形でリリースした[2]。結果、同曲はビルボードのBillboard Hot 100の14位を記録する大ヒットとなっている[6]

クラウンズはボビー・マーシャンジェリ・ホールカーリー・ムーア、ルーズヴェルト・ライトなど、複数のシンガーをフロントに据える形でのパフォーマンスを行い、そのシンガーは時とともに変わっていった。

1960年代に入ってエイスとの契約が終了すると、スミスはインペリアル・レコードと契約するが、エイス時代の成功を再現するには至らなかった。この頃スミスはエホバの証人となった。その後もジョー・バナシャクのインスタント・レコードなどからシングルをリリース、1970年代までは散発的な活動を続けるが、作品は1978年にレコーディングした『Rockin' & Jivin'』(1981年リリース)を最後に作っていない。

バトンルージュへの移住編集

スミスは1980年バトンルージュへ移住[7]。1981年にニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルに出演したのを最後に、ライヴ活動に関しても完全な引退状態となっている。

2000年、スミスはリズム・アンド・ブルース・ファウンデーションのロックンロール・パイオニア賞を受賞。ニューヨークで開催された授賞式に出席し、演奏。久々に公の場に姿を現している[7]

2014年、ルイジアナの日刊紙などで音楽ライターを務めるジョン・ワート執筆のスミスの伝記本「Huey "Piano" Smith and the Rocking Pneumonia Blues」が出版された[7]

CFでの楽曲の利用編集

日本では、2005年に放映されたサントリーの飲料「DAKARA」のCFに、スミスの「Don't You Just Know It」が使用され話題となった[8]2021年にはサントリーのビール系飲料、「金麦〈ザ・ラガー〉」のCFにも同曲が使用されている[9]

ディスコグラフィー編集

オリジナル・アルバム編集

  • 1959年Having a Good Time』 (Ace)
  • 1961年For Dancing』 (Ace)
  • 1962年Twas The Night Before Christmas』 (Ace)
  • 1981年Rockin' & Jivin'』 (Charly)

編集盤編集

  • 1971年Huey "Piano" Smith's Rock & Roll Revival!』 (Ace)
  • 1983年The Imperial Sides 1960-61』 (Imperial)
  • 1984年Somewhere There's a Honey』 (Ace)
  • 1985年Huey "Piano" Smith And The Clowns With The Pitter Pats And The Hueys』 (Bandy)
  • 1987年Pitter Pattin』 (Charly)
  • 1990年Good Ole Rock 'n' Roll』 (Ace)
  • 1997年Best New Orleans Masters』 (P-Vine)
  • 1999年Having Fun with Huey "Piano" Smith』 (Westside)
  • 1999年That'll Get It (Even More of the Best)』 (Westside)
  • 2005年High Blood Pressure』 (Aim)

シングル編集

曲名 レーベル名 レコードNo. 最高位
米国ポップス[10] 米国R&B[11]
1953年 You Made Me Cry

You're Down With Me

Savoy 515

1956年 We Like Mambo

I'm So Tired
エディ・ボー名義だが、実際にはWe Like Mamboはヒューイ・スミスのレコーディング

Ace 515

1956年 Little Liza Jane

Everybody's Whalin'

Ace 521

1957年 Rocking Pneumonia And The Boogie Woogie Flu, Part 1

Rocking Pneumonia And The Boogie Woogie Flu, Part 2

Ace 530 52
5
1957年 Free, Single And Disengaged

Just A Lonely Clown

Ace 538

1958年 Don't You Just Know It

High Blood Pressure

Ace 545 9
4
1958年 Havin A Good Time

We Like Birdland

Ace 548

1958年 Don't You Know Yockomo

Well, I’ll Be John Brown

Ace 553

1959年 Would You Believe It (I Have A Cold)

Genevieve

Ace 562

1959年 Tu-Ber-Cu-Lucas And The Sinus Blues

Dearest Darling (You're The One)

Ace 571

1960年 I Didn't Do It

They Kept On

Vin 1024

1960年 Beatnik Blues

For Cryin' Out Loud

Ace 584

1961年 She Got Low Down

Mean, Mean Man

Ace 638

1961年 Pop-Eye

Someone To Love

Ace 649

1961年 The Little Moron

Scald Dog

Imperial 5721

1962年 Behind The Wheel Part 1

Behind The Wheel Part 2

Imperial 5747

1962年 More Girls

Sassy Sara

Imperial 5772

1962年 Don’t Kncok It

Snag-a-Tooth Jeanie

Imperial 5789

1963年 Somebody Told It

Every Once In A While

Ace 672

1963年 He's Back Again

Quiet As It's Kept

Constellation C-102

1967年 Bury Me Dead

I'll Never Forget

Instant 3287

1969年 Twowaypockaway Part I

Twowaypockaway Part II

Instant 3297

1969年 Eight Bars Of Amen

Epitaph Of Uncle Tom

Instant 3301

1969年 You Got Too Part 1

You Got Too Part 2

Instant 3303

1969年 Ballad Of A Black Man

The Whatcha Call 'Em

Instant 3305

出典編集

  1. ^ a b c d e Huey "Piano" Smith And The Rocking Pneumonia Blues, Author: John Wirt, LSU Press, 2014
  2. ^ a b Allmusic: Huey Smith
  3. ^ Please Allow Me to Introduce Myself: Essays on Debut Albums Edited by George Plasketes
  4. ^ Huey Smith (thehoundnyc.com)
  5. ^ Discogs: Huey Smith – You Made Me Cry / You're Down With Me
  6. ^ Frankie Ford, Blues Singer Behind ‘Sea Cruise,’ Dies at 76
  7. ^ a b c John Wirt’s biography delves into the life of musician Huey "Piano" Smith
  8. ^ CD Journal サントリー「DAKARA」のCMで使われている曲は?
  9. ^ 金麦〈ザ・ラガー〉新TV-CM「大満足(新発売)」「大満足」 1月30日(土)から全国でオンエア開始 2021年3月30日閲覧。
  10. ^ Whitburn, Joel (1986). Joel Whitburn's Pop Memories 1890–1954. Menomonee Falls, Wisconsin: Record Research. p. 301. ISBN 0-89820-083-0. https://archive.org/details/joelwpopmemories00whit/page/380 
  11. ^ Joel Whitburn's Top R&B Singles 1942-1988 (Record Research), P. 380

外部リンク編集