スマイリー・ルイス

スマイリー・ルイスSmiley Lewis, 1913年7月5日 - 1966年10月7日)は米国ルイジアナ州R&Bシンガー。本名はオヴァートン・エイモス・レモンズ。50年代から60年代にかけて活躍した野太い声のニューオーリンズR&Bのシャウターである。

スマイリー・ルイス
出生名 Overton Amos Lemons
生誕 1913年7月5日
米国ルイジアナ州デクインシー
死没 (1966-10-07) 1966年10月7日(53歳没)
米国ルイジアナ州ニューオーリンズ
ジャンル R&Bブルース
職業 シンガー
担当楽器 ギター
活動期間 1947年 - 1966年
レーベル デラックス・レコード
インペリアル・レコード
オーケー・レコード

来歴編集

1913年7月5日ルイジアナ州南西部の町、デクインシーで生まれる。10代の半ばごろにニューオーリンズに移住し、ピアニストのトゥッツ・ワシントンらと活動をするようになった[1]

1947年、デラックス・レコードより「Here Comes Smiley」でデビュー。1950年インペリアル・レコードと契約し、「Tee-Nah-Nah」をリリース。彼の名前が知られるようになったのはこの頃からであった。

1952年、"Bells Are Ringing"がR&Bチャート10位を記録する。ルイスにとって、これが初のチャート入りとなった。

1955年には、「I Hear You Knocking」をリリース。R&Bチャート2位を記録するルイス最大のヒットとなった[2]。印象的なトリルのピアノを弾いているのは、ヒューイ・"ピアノ"・スミスである[3]。この曲は、ファッツ・ドミノデイヴ・エドモンズらにカバーされ、更に広く知られるようになった。

1961年、インペリアルから離れ、同年にオーケー・レコードから1枚、1964年にドット・レコードから1枚、1965年にロマ・レコードより1枚、それぞれシングル盤をリリースしている。しかしながら、これらのリリースはインペリアル時代の作品のようなヒットを得ることはできなかった。

1966年10月7日、ルイスはニューオーリンズで胃ガンのため53歳の生涯を閉じた。

ディスコグラフィー編集

1992年The Best of Smiley Lewis: I Hear You Knocking』 (EMI)

情報源編集

外部リンク編集