1959年の音楽(1959ねんのおんがく)では、1959年昭和34年)の音楽分野に関する出来事について記述する。

出来事編集

邦楽編集

シングル編集

アルバム編集

洋楽編集

シングル編集

アルバム編集

主な音楽賞編集

受賞作・受賞者
第14回芸術祭
  • 芸術祭賞(音楽部門)
    • 日本放送協会「音楽詩劇「オンディーヌ」」
    • 今藤長十郎/松原奏風「毎日放送邦楽小曲集「しづかな流」作曲」
  • 奨励賞(音楽部門)
    • 株式会社ニッポン放送「浄瑠璃「鳴弦鹿踊」作詞・作曲・演奏」
    • 日本放送協会「長唄「日月星」」
    • 東京混声合唱団「合唱の歴史連続演奏会」
    • 巖本真理ほか演奏者一同「ベートーヴェンの作品による室内楽の夕」
    • 小山清茂「文化放送 交響組曲「三つの能面」作曲」
    • 豊竹小仙/豊沢猿幸「義太夫「小仙を聞く会」演奏」
    • 富山清琴「富山清琴地唄箏曲演奏会」演奏
    • 北原篁山/菊地梯子/土橋明子/後藤すみ子「邦楽四人の会」演奏
第9回サンレモ音楽祭
第4回ユーロビジョン・ソング・コンテスト
  • 優勝者 - テディ・ショルテン「Een beetje」
第1回日本レコード大賞
第1回グラミー賞

デビュー編集

結成編集

解散・活動休止編集

誕生編集

出身地または国籍が日本である人物の国名表記は省略。

死去編集

脚注編集

  1. ^ テンプテーションズ、フォー・トップス、マーヴィン・ゲイなど、多くのミュージシャンを育成した
  2. ^ PROFILE HISTORY”. 坂本九公式ホームページ Sakamoto Kyu Official Web site. マナセプロダクション. 2020年8月9日閲覧。 “1959年6月 ビクターレコードより「何もいらない俺だけど/題名のない唄だけど」でレコードデビュー”