ヒヨドリバナ

キク科の植物の一種
ヒヨドリバナ属から転送)

ヒヨドリバナ(鵯花、山蘭[2]学名Eupatorium makinoi )とはキク科の多年草。日本各地の林道の脇、草原や渓流沿いなどの日当たりの良い場所に自生する。ヒヨドリが鳴く頃に開花することから、この和名になったとされる[3]

ヒヨドリバナ
Eupatorium makinoi1.jpg
ヒヨドリバナ(大阪府、2006年11月)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: ヒヨドリバナ属 Eupatorium
: ヒヨドリバナ E. makinoi
学名
Eupatorium makinoi T.Kawahara et Yahara[1]
シノニム

Eupatorium chinense auct. non L.
Eupatorium japonicum auct. non Thunb.

和名
ヒヨドリバナ
英名
Boneset
変種

キクバヒヨドリ E. m. var. makinoi[1]
オオヒヨドリバナ E. m. var. oppositifolium
(Koidz.) T.Kawahara et Yahara[1]

特徴編集

高さは1-2mほどになる。葉は対生し、短い葉柄をもつ。葉の両面には、まばらに縮れた毛があり、裏面には腺点がある。葉の形は卵状長楕円形で先が短く尖り、長さは10-18cm、幅は3-8cmになる。頭花は、ややまばらな房状につき、少数の筒状花からなる。花期は8-10月頃である。総苞は、長さ5-6mmになる。白色の冠毛をもつそう果は、長さ3mmになり、腺点と毛がある。[3][4]

フジバカマに似ているが、フジバカマの葉は3裂するのに対して本種は裂けないので区別できる。

ヒヨドリバナは、無性生殖型と有性生殖型があり、形態に変異が多い。

画像編集

脚注編集

  1. ^ a b c 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants 和名-学名インデックス(YList)”. 2011年8月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月28日閲覧。
  2. ^ ひよどりばな | 言葉 | 漢字ペディア”. www.kanjipedia.jp. 2021年4月14日閲覧。
  3. ^ a b 山に咲く花(1996)
  4. ^ 原色日本植物図鑑 草本編I (1957)

参考文献編集

  • 北村四郎村田源堀勝 『原色日本植物図鑑 草本編』 I(改訂60刷)、保育社、1957年、88頁。ISBN 9784-586-30015-0 
  • 畔上能力、菱山忠三郎・西田尚道 『山に咲く花』山と渓谷社〈山渓ハンディ図鑑〉、1996年、56頁。ISBN 978-4-6350-7002-7