ヒロイン (長渕剛の曲)

ヒロイン」は、日本のミュージシャンである長渕剛の6枚目のシングル曲である。

ヒロイン
長渕剛シングル
初出アルバム『乾杯
B面 「Da! Da! Da!」
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル ポピュラー
フォークソング
歌謡曲
時間
レーベル 東芝EMI/エキスプレス
作詞・作曲 長渕剛
プロデュース 長渕剛
チャート最高順位
長渕剛 シングル 年表
順子/涙のセレナーデ
1980年
ヒロイン
(1980年)
夏の恋人
(1981年)
乾杯 収録曲
テンプレートを表示

3枚目のアルバム『乾杯』(1980年)からのシングルカット。前作「順子/涙のセレナーデ」(1980年)はオリコンチャートにて最高位1位を獲得しミリオンセラーとなったが、本作は売り上げが伸びず最高位は29位となった。

音楽性編集

前作に続き、歌謡曲調の曲であり、シンセサイザー、ストリングスの音を前面に出している。女性の視点から描かれる、エロティックな男女関係を歌った曲であり、後に長渕は「演歌の人が歌えば良かったかも」と語っている[1]

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「泡沫の恋における女性の切なくも情熱的な想いを綴ったナンバー」と表記されている[2]

文芸雑誌『別冊カドカワ 総力特集 長渕剛』では、「若干調子はずれのトランペットは、トム・ウェイツの世界を彷彿とさせる。アコーディオンと、同種の楽器バンドネオンを共存させている点。イントロのレゲエ・フレーバーと哀愁のアレンジの中で跳ねるスラップベースは、好意的に解釈するなら、この年タクシー・レーベルを立ち上げた、稀代のリズム隊<スライ&ロビー>を意識していたとも受け取れる」と表記されている[3]

リリース編集

1980年10月5日東芝EMIのエキスプレスレーベルよりリリースされた。

B面曲「Da! Da! Da!」は、アコースティック・ギターを前面に出した正統なメッセージフォークの曲であるが、アルバムには未収録となっている。

批評編集

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
CDジャーナル肯定的[2]

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「コード進行とメロディは歌謡曲的だが、瀬尾一三の巧みなアレンジによってメリハリのある仕上がりに。アコーディオンの柔らかいサウンドがいかにも女性的」と評されている[2]

チャート成績編集

大ヒットを記録した「順子/涙のセレナーデ」(1980年)に続くシングルであるが、オリコンチャート最高順位は29位に留まり、登場回数は10回、売り上げ枚数は6.0万枚と芳しくなかった。

シングル収録曲編集

全作詞・作曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.ヒロイン長渕剛長渕剛瀬尾一三
2.Da! Da! Da!長渕剛長渕剛長渕剛
合計時間:

スタッフ・クレジット編集

参加ミュージシャン編集

スタッフ編集

  • 長渕剛 - プロデューサー
  • 陣山俊一(ユイ音楽工房) - ディレクター
  • 山里剛(ヤマハ音楽振興会 - ディレクター
  • 引田和幸(東芝EMI) - ディレクター
  • 糟谷銑司 - マネージャー
  • 奥村誠二 - レコーディング・エンジニア
  • 村上輝生 - レコーディング・エンジニア
  • 石塚良一 - レコーディング・エンジニア、リミックス・エンジニア

収録アルバム編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ベスト・アルバム『FROM T.N.』(1983年)ライナーノーツより
  2. ^ a b c 長渕剛 / シングルスvol.1(1978~1982) [2CD]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2019年1月20日閲覧。
  3. ^ 藤井徹貫「長渕剛オール・ヒストリー&アルバム・コレクターズ解説」『別冊カドカワ 総力特集 長渕剛』第363号、角川マーケティング、2010年12月17日、 244 - 261頁、 ISBN 9784048950572

外部リンク編集