メインメニューを開く

ビル・ヴィオラ(Bill Viola、1951年1月25日 -)は、ナム・ジュン・パイクとともにビデオ・アート[1]ジャンルを代表するアーティストである。

ビル・ヴィオラ
生誕 1951年1月25日
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
公式サイト www.billviola.com

略歴編集

現在カリフォルニア州在住。

作品編集

ビデオやサンンドで表現した作品がメイン。人間の意識と経験、誕生、死、愛、感情、一種のヒューマニストの精神性を中心テーマとしている。彼は神秘的な伝統、特に禅仏教、キリスト教の神秘主義、そしてイスラムのスーフィズムへの深い関心からインスピレーションを得た作品が多い。

脚注編集

  1. ^ ビデオ・インスタレーション作品も多く手がけている。
  2. ^ ソニー厚木工場は当時最先端のビデオ編集スタジオを構築しており、当時のビデオ・アーティストにとって夢のような環境だったといえる。

参考文献編集

外部リンク編集