メインメニューを開く

森美術館(もりびじゅつかん)という名称をもつ美術館は、以下の2館がある。

  1. 東京都港区六本木ヒルズ森タワー内にある美術館施設。本項ではこれについて詳述する。
  2. 武蔵野美術大学の森豪男教授による、福島県いわき市大久町にある私設の地域コミュニティ美術館。1995年開設。建築設計は、建築家・伊藤寛による。Webサイトは、次の通り。http://www.joint-net.jp/moribi/moribi

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 森美術館
Mori Art Museum
Mori Art Museum Entrance 2013.jpg
森美術館の位置(東京都区部内)
森美術館
東京都区部内の位置
施設情報
愛称 MAM
専門分野 現代美術
館長 南條史生
管理運営 森美術館・森ビル株式会社
建物設計 リチャード・グラックマン
開館 2003年10月18日
所在地 106-6150
東京都港区六本木6丁目10番1号
六本木ヒルズ森タワー53階
位置 北緯35度39分37.82秒 東経139度43分44.64秒 / 北緯35.6605056度 東経139.7290667度 / 35.6605056; 139.7290667座標: 北緯35度39分37.82秒 東経139度43分44.64秒 / 北緯35.6605056度 東経139.7290667度 / 35.6605056; 139.7290667
外部リンク 森美術館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

森美術館(もりびじゅつかん)は、東京都港区六本木六丁目の六本木ヒルズ森タワー53階部分に位置する森アーツセンターの核となる美術館施設である。美術館のある地上約230m(53階)は、建物内の展示空間としては日本最高所に位置する。通称は森美術館の英語名称であるMori Art Museumの頭文字を取り、MAM(マム)。

概要編集

森美術館の施設設計は、アメリカ・ニューヨークホイットニー美術館や、ドイツ・ベルリングッゲンハイム美術館等を設計した、リチャード・グラックマン(Richard Gluckman)が担った。

通常のビルでは、賃料を高く設定できる最上部にはオフィスレストランを誘致するのが定石であるが、六本木ヒルズでは開発を手掛けた森稔森ビル社長。2012年死去)の六本木を文化都心にしたい。その象徴として、タワー最上部に美術館を据えたいとの理念により[1][2]、「経済(オフィス)の上に文化(アート)を置く」をコンセプトに開館した。

開館以前、ビルの中に美術館を設ける事例は、国内では出光美術館(東京本館)や百貨店内のミュージアム等に限られていた。そうした中、森美術館の開館は「ビルの中に美術館[注 1]」を開設する契機になった。

同じ六本木地区にあるサントリー美術館国立新美術館との3館で「六本木アート・トライアングル」を結成している。

展示内容編集

現代美術を中心に絵画彫刻建築ファッション、そしてインスタレーション等で構成された企画展示を行う。欧米からアジアアフリカに至るまで、世界各地で発信されたあらゆる作品が展示の対象となっている。また、近年に発表された現在進行の表現についても積極的に公開を試みている。開館2年後までは所蔵作品を持たずに企画運営する方針を採っていた。

スタッフ編集

創立者は森稔、理事長は森佳子(森ビル株式会社取締役)。

初代館長は、ストックホルム近代美術館館長等を務めたイギリス国籍のデヴィッド・エリオット(David Elliott)が就任し、日本国内で初めての外国籍美術館長となった。2006年に就任した現在の館長は、1997年ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館コミッショナーや、1998年台北ビエンナーレコミッショナー等を務めた南條史生(初代副館長)。

入場料編集

展示内容毎により価格は異なることがあるが、基本的に六本木ヒルズ森タワーの展望施設である東京シティービューの入場料を含んだ料金になっている。ただし、52階に設置されている森アーツセンターギャラリーは原則的に別料金の設定になっている。

開館時間編集

  • 水曜日~月曜日(休日を含む) : 10:00~22:00
  • 平日の火曜日 : 10:00~17:00
  • 休日の火曜日 : 10:00~22:00
  • 展示会期中は無休

過去の展示トラブル編集

2013年1月に美術館の作品をめぐり、性暴力に反対する市民団体が、児童ポルノで性的虐待を肯定する表現として、公共空間である美術館で展示することを問題視した[3]。作品の中には、四肢切断された裸の少女が性器を露出しながら微笑んで笑っている絵や、等身大のゴキブリの像と女性が性行為をしている様子の写真は性的虐待を肯定しており、女性の尊厳を傷つけていることなどを取り上げた[4]。また、美術評論家の松岡久美子は「欧米の美術館では決して許されない、女性は弱い立場であってこそエロとして感じる男性の見方が背景にあるのではないか」と疑問を呈した。それに対し美術館側は、われわれが作者の業績をたたるためにも網羅するために展示する必要があったと説明した[5]

また、米国の法務研究者であるダグラス・マクレーンは、「欧米ではこのような女性やこどもへの暴力を賛美するような絵が美術館で公開されることはほぼ無く、国によって法律は異なるが、仮に違法でなくとも展示が避けられるのは、このような絵の展示は性暴力を正当化するという市民の共通の認識があるからだ」と森美術館の展示を厳しく批判した[6]

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]

編集

  1. ^ 他に、三井記念美術館あべのハルカス美術館中之島香雪美術館絹谷幸二天空美術館(梅田スカイビル内)などがある。

出典編集

  1. ^ 『東京人』2018年12月号 p.89
  2. ^ “森ビル、「やせ我慢」こそ本物の街づくり”. 日経産業新聞. 日本経済新聞. (2018年1月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25913860Z10C18A1XQ1000/ 2019年8月27日閲覧。 
  3. ^ 東京新聞 2013年1月30日
  4. ^ ポルノ被害と性暴力を考える会
  5. ^ 東京新聞 2013年1月30日
  6. ^ 週刊金曜日2013年3月1日号

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集