ピッチクロック(pitch clock)は、アメリカの大学野球とマイナーリーグで採用されているルールで、ピッチャーがバッターにボールを投げるまでに使える時間を制限する仕組みである。試合時間の短縮(ペース・オブ・プレイ英語版の改善)を目的としている。

ワーナーパークに設置されたピッチクロック(2015年)

ピッチクロックは、採用されている場合でも、塁上にランナーがいない場合に限定されている。

背景編集

野球はアメリカの4大スポーツのなかで時間制ではない唯一の競技だが、ファン離れを防ぐために試合時間の短縮(とテンポアップ)を目指し様々なルール改正が検討、導入されてきた。しかし2014年にはメジャーリーグの平均試合時間が初めて3時間を超えている[1]

2018年の平均試合時間は3時間44秒で、マウンドビジット・リミッツ導入などのルール改正の効果もあって前年度から約5分の短縮を達成した[2]。一方でFanGraphsによると、MLBで一回の投球にかかっている時間は2008年の21.7秒から2018年の24.1秒と増加傾向にある[3]

ピッチクロックはメジャーリーグでは2015年から採用提案が始まっている[2]

採用編集

アメリカの大学野球では、2010年にサウスイースタン・カンファレンスがピッチクロックを試験的に導入している。ピッチャーはボールを20秒以内に投げなければ、ボールカウントが1つ加えられる。同様にバッターもバッターボックスから出ている時間がこのクロックで5秒を越えると、ストライクが1つ加えられる[4]。2010年のシーズン終了後に、全米大学体育協会がこのピッチクロックの導入の義務化を検討し[5]、2011年のシーズンから、ランナーが塁上にいない状況に限ってピッチクロック制度を実施した[6]

プロリーグで採用されたのは、2014年のアリゾナ・フォールリーグ(オフシーズンの教育リーグ)が最初である。2015年1月15日にメジャーリーグベースボール機構(MLB)は、2015年のシーズンでマイナーリーグのダブルA、トリプルAに20秒のピッチクロック制度を導入することを発表した[7]。これによりピッチャーはセットボジションから20秒以内に投球しない場合は、バッターにボールが1つ与えられる[8]。そのほかにも試合時間の短縮を目的にしたルール変更が加えられてはいるが、主としてピッチクロックの導入によって、2015年シーズンのダブルA、トリプルAでは平均試合時間が12分短縮された(2時間42分)[9]

導入から二ヵ月後のレポートでは、選手やクラブチームからは特に反発もなく、実際にペナルティでボールカウントを付与された選手からもそれほど不満は出なかったことが報告されている[10]

MLB機構とMLB選手会は2016年に2018年度にメジャーリーグでもピッチクロックを採用可能かについて協議を行った[11]。MLB選手会は反対の姿勢で、MLB機構も一方的に導入を決めることは可能なものの慎重な立場である[12]。独立リーグであるアトランティックリーグは12秒のピッチクロックを採用している[13]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 鷲田康. “ようやく動き出した「試合時間短縮」。ファンのために、試合にスピード感を。”. Number web. 2019年2月閲覧。
  2. ^ a b Bob Nightengale. “MLB proposes rules changes including return to 15-day DL, pitch clock”. USA TODAY. 2019年2月閲覧。
  3. ^ Tom Verducci. “If MLB Implements a Significant Rule Change in 2019, It Will Be a Pitch Clock”. Sports Illustrated. 2019年2月閲覧。
  4. ^ Pitch clock for baseball? Experiment begins in SEC”. USATODAY.COM. 2015年10月11日閲覧。
  5. ^ NCAA ready to make pitch clock mandatory”. Yahoo Sports (2010年7月24日). 2015年10月11日閲覧。
  6. ^ NCAA rules for college baseball are designed to speed up the game”. NOLA.com (2011年3月7日). 2018年3月17日閲覧。
  7. ^ Pitch clock for Double-A, Triple-A use”. ESPN. 2015年10月11日閲覧。
  8. ^ Minor Leagues announce pace-of-game rules - MiLB.com News - The Official Site of Minor League Baseball”. MiLB.com. 2015年10月11日閲覧。
  9. ^ Minor League Baseball Toolshed: Pitch clocks do their job in debut season - MiLB.com News - The Official Site of Minor League Baseball”. MiLB.com. 2015年10月11日閲覧。
  10. ^ Toolshed: Time of game down across board”. MLB.com. 2019年2月閲覧。 “For what it's worth, though, it appears most players and clubs haven't had much trouble transitioning to the clock, especially now after two months of getting used to it. Even those who have seen their players penalized aren't complaining too much.”
  11. ^ Castrovince (2016年1月20日). “Opinions differ on MLB pitch clock”. MLB.com. 2018年3月17日閲覧。
  12. ^ USA TODAY Sports (2018年2月19日). “MLB pace of play: No pitch clock in 2018, but mound visits limited”. Usatoday.com. 2018年3月17日閲覧。
  13. ^ Beach (2018年7月13日). “For the Atlantic League, the All-Star Game is All About Its Amazing Balancing Act”. Forbes. 2018年9月1日閲覧。