ピーマカ: pimaka)は小笠原諸島郷土料理[1]。生魚の酢漬け料理である[2][3]。前菜料理である[1]

ピーマカ
フルコース 前菜
発祥地 日本の旗 日本
地域 小笠原諸島
主な材料
Cookbook ウィキメディア・コモンズ
テンプレートを表示

三枚おろしにしたイスズミを皮つきのまま薄切りにし塩を振り、しばらくしてからで洗う[4]砂糖ダイダイ果汁で作った合わせ酢で、先のイスズミ、唐辛子タマネギを漬け込んむ[4]

語源はハワイ語で「」を表す「pinika」であるが、pinika英語の「vinegar」に由来する語である[2][3]

出典編集

  1. ^ a b 高野智宏 (2020年3月20日). “八丈島や父島など、東京の美しき離島で見つける、心に刻む大切な時間。”. PenOnline. 2022年6月21日閲覧。
  2. ^ a b ダニエル・ロング、橋本直幸 『小笠原ことばしゃべる辞典』2005年、260頁。ISBN 9784861240447 
  3. ^ a b ダニエル・ロング 『小笠原諸島の混合言語の歴史と構造』2018年、82頁。ISBN 9784894769045 
  4. ^ a b 父島 (PDF)”. 東京都福祉保健局 (2020年3月20日). 2022年6月21日閲覧。