メインメニューを開く

フィンランド文学

フィンランド文学では、フィンランドで書かれた文学について言及する。フィンランドの最古のテキストは、フィンランドの中世 (1200年-1223年) にスウェーデン語、若しくはラテン語で書かれたものであった。フィンランド語での文学は16世紀以降徐々に発展してきたものである。フィンランド文学の最初の芸術的な絶頂期は19世紀中ごろのナショナル・ロマンティシズムの時代であった。スウェーデン語や次第にフィンランド語で書かれてきた時代の多くの重要な作品は、強いフィンランド人としてのアイデンティティを各所で勝ち取ったり、守り通したりすることが展開されている。(カレリアニズム英語版を参照)

目次

19世紀以前編集

フィンランド語は、相対的に新しい言語なので、中世以前の文学は殆ど存在しない。聖書法典のような重要な書物は、ラテン語やスウェーデン語やフランス語ドイツ語のような少数のヨーロッパの言語でのみ利用可能であった。(フィンランドの言語闘争英語版を参照)

フィンランド語の書き言葉の元祖は、司教でフィンランドのルーテル派改革者のミカエル・アグリコラ (1510年-1557年) で西部方言を主に基づいて成立させた。彼の主な仕事は『新約聖書』をフィンランド語に翻訳した事である。この仕事は1548年に完成し、フィンランド語の入門書になっている。

19世紀編集

中世以来フィンランド語は民間伝承が豊富であった。何百もの民俗の物語1820年代からおそらく世界で最大であろうコレクションに集められている。これらの多くが『フィンランド人の古代の詩』(The Ancient Poems of the Finnish People) として出版された。それは、33巻27000ページから成る巨大なコレクションである。物語の形態はアンティ・アールネ (アールネ・トンプソン、民話の分類) によって最初に準備された。そして、例えばアメリカ合衆国が最近まで使われていたように幅広く使われた。最も有名な民俗詩のコレクションは圧倒的に『カレワラ』だと言える。フィンランド人に「国民的叙事詩」と呼ばれ、多くは書物を編集したエリアス・リョンロートの功績である。最初にそれは1835年に出版され、すぐにフィンランドのナショナリズムの象徴になった。フィンランドはそれまで政治的にロシアに支配され、以前はスウェーデンの一部だった。『カレワラ』は、それゆえ初期のフィンランド人のアイデンティティの重要な部分であった。抒情詩のコレクション『カンテレタル』の方はジャン・シベリウスのように未だに芸術音楽に大きな影響を与えている。リョンロートが単に既存の詩を「集めるだけだった」というのは一般的な誤解である。現在では『カレワラ』が緩やかに結ばれた原材料の混合物を、リョンロートによって統一された全体の姿が存在することを自由に変えたということが表現されているというのが広く受け入れられている。(フィンランドの歴史を参照)

本質的にフィンランド語で最初に出版された小説アレクシス・キヴィ (1834年-1872年) の『七人兄弟』で、今でも一般的にフィンランド文学におけるすべての作品で偉大なもののひとつとして考えられている。ヨーロッパアメリカ合衆国のようにフィンランドにおける小説の人気は、多くの初期のフィンランドの小説が近代中流階級の生活や伝統的な農民が、例えば鉄道との衝突を扱うなどの産業化に関係がある。『七人兄弟』の事例では特にテーマが田舎の無知な住民が、発展を続ける都市の文明権威を相手に如何にして生き残れるということ (これはフィンランドの小説の一般的なテーマであるが) である。

20世紀編集

フィンランドは1917年に独立を勝ち取り、そしてそのあとすぐにフィンランド内戦が勃発した。この内戦は他の内戦と同様に何度も文学で描かれた。フランス・エーミル・シランペー (1888年-1964年) の Meek Heritage (1919年) のような作品である。シランペーはフィンランドの1930年代の強力な指導者であり、フィンランド人初のノーベル賞受賞者であった。テーマはヴァイノ・リンナによる既に驚異的に成功した彼の小説『無名戦士』により吸収された。このケースやその他のケースの中でもまさしくフィンランドの環境と精神構造の不思議さが国際的な名声の主要な障害になっていた。

他に世界的に知られているものにミカ・ワルタリによるMichael the Finn と The Sultan's Renegadeがある。ワルタリの作品『エジプト人』(1945年) は、舞台が古代エジプトでありながらも、部分的に第二次世界大戦寓話となっている。そして『エジプト人』はワルタリの最もよく知られている作品である。800ページ近く含まれているにも関わらず、フィンランドで一番早く売れた本である。そして短い英語版はアメリカの多くのベストセラーのリストの頂点にあった。それらの国際的な成功の有力な理由の一つは、彼らの焦点が戦後の幻滅、すなわち当時の多くの人によって共有されていた感覚に合っていたからである。

Paavo HaavikkoとEeva-Liisa Mannerに始まる1950年代の詩作は、口調や水準がT.S.エリオットエズラ・パウンドといったイギリス人アメリカ人に適合したものが大きく影響し、広く翻訳された。伝統的にドイツ文学、特にはフランス文学がフィンランドではよく知られ、時として模倣された。逆説的に偉大なロシア文学の伝統はあまり知られていない。恐らくロシアに対する政治的な嫌悪によるものである。

最も有名な詩人は Eino Leinoであり、彼は自身の書物に加えてとりわけダンテの秀逸な翻訳者だった。Otto Manninenは韻律の達人で、ホメーロスの『イーリアス』と『オデュッセイア』の双方を翻訳した。戦後になってPentti Saarikoskiは当初はビート世代と同等であったかもしれないが、しかし、教養があり、彼はホメーロス、ジョイスや多くの重要なイギリス文学アメリカ文学の作家の翻訳をした。

Timo K. Mukkaは、フィンランド文学の野生児である。1960年代の10年未満の間の期間に、Mukkaは叙情的な散文の形で書かれた9つの小説を作り出すためにどこからともなく、生み出した。彼の彼が彼の早逝して書くのをやめるまでのふたつのもっとも偉大な作品は小説のThe Song of the Children of Sibir と短編小説のThe Dove and the Poppyである。

スウェーデン語文学編集

フィンランド語が政治や教育で第一言語として確立した後でも、スウェーデン語はフィンランドで重要であった。ユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリ (1804年-1877年) は、19世紀で最も有名なスウェーデン語話者の作家であった。詩の『我等の地』(「 The Tales of Ensign Stål」より) は、フィンランドの独立から70年前に国歌として捧げられた。20世紀の最初の間、スウェーデン語の近代主義はフィンランドにおいて国の歴史の中で最も称賛されたありのままの運動として現れた。この運動のもっともよく知られた代表者は、 Edith Södergranであった。フィンランドから現れた最も有名なスウェーデン語による作品は、おそらく作家トーベ・ヤンソンによる『ムーミン』であろう。それらは漫画でよく知られている。

参考文献編集

関連項目編集