メインメニューを開く

モダニズム英語: modernism)とは、

  1. 近代主義のこと。
  2. 20世紀初頭に各分野で起こった実験的な芸術運動。モダンアートともいう(本項で詳述)。
  3. 19世紀の末、カトリック教会で起こった運動で、現代にふさわしい信仰を主張したが、異端とされた。
  4. スペイン語ポルトガル語におけるモダニズム運動は、モデルニスモを参照のこと。

モダニズムは20世紀以降に起こった芸術運動、特に第一次世界大戦以後(戦間期)の1920年代を中心にした前衛的な動向を指す。従来の19世紀芸術に対して、伝統的な枠組にとらわれない表現を追求した。

目次

文学編集

文学では、ジェームズ・ジョイスT・S・エリオット横光利一らの実験的な作品を指す(モダニズム文学)。特にラテンアメリカ文学におけるモダニズム運動は、モデルニスモ文学として知られる。

建築とランドスケープ編集

建築においては、過去の装飾を用いた様式建築を否定するウィーン分離派デ・スティルバウハウスなどの動向から、やがて合理的機能的な建築を理想と考える近代建築運動が起こった。ル・コルビュジエミース・ファン・デル・ローエフランク・ロイド・ライトが世界近代建築の3巨匠とされ、日本では前川國男やその弟子である丹下健三らが代表的な建築家として挙げられる(モダニズム建築)。

一方でランドスケープの近代は、ゆっくりと姿を現しつつ出現する。その要因こそ、ランドスケープが植物という生物相手の造形領域であることと深くかかわっている。第一に植物は成長に時間を要し、第二に植栽は設計よりもその維持管理で形態を決めるからである。まさにランドスケープの歴史は、いつの時代も植物の歴史そのものである。

20世紀を通じて世界中で最も好まれたランドスケープは、いわゆる「自然風景式庭園様式」である。この根強い人気は何ゆえ人気なのかという最大の理由は、建築からの外的圧力、正面性や記号性を否定した近代建築にとって、控えめな「地」を演じてくれる自然風植栽が好都合だったのであり、ランドスケープは、 フレッチャー・スティールが自著(F. Steele (1930): New Pioneering in Garden Desi Landscape Architecture、 October.)で述べた「木が木でありつづけた。ゆえにランドスケープは近代化されえなかった」のではなく、「自然風であること」を強要されたゆえに近代を実現できずにいたと結論されている。

ところが広域計画が植生分布から読み替えられ、空間造形言語も新しい構成を獲得していた。植生からその形態言語が劇的に見直されたのがむしろランドスケープ・プランニング論においてであった。イアン・マクハーグの「デザイン・ウィズ・ネイチャー」においてである。その手法はじつに科学的、近代的であり、 その表象は生態的であった。 生物の生息形態を物差しとして土地利用をとらえようとする科学的思考法を、宇宙衛星観測電算処理という当時の先端技術をもってひとつの手法にした点で、「デザイン・ウィズ・ネイチャー」は時代を画した。科学的データから浮かび上がる植生分布有機的形態は、幾何学で組み立てられた都市計画を一気に過去のものとしてしまう説得力をもち、都市計画法を根本的に見直す視点を与えたのである。

じつは植物生態分布に沿う都市の再編は、近代ランドスケープの祖、 フレデリック・ロー・オルムステッドにより20世紀初頭にすでに行われている。たとえばボストンの「エメラルドネックレス」である。それは、ボストン郊外を人為的形態ではなく水系にそった植生の連続で規定しようとしたもので、衛生福祉といった社会問題の解決だけでなく、その有機的形態をパークウェイという交通システム翻訳するという離れ業でもあった。都市に緑をという一元的発想ではなく、近代の問題を複合的に解く植生提案だったのである。

広域計画がこのように植生生態域から見直されるという展開を遂げていた一方、空間デザイン領域での植栽は新しい言語たりえるようダン・カイリーたち先駆者らが1940年代頃から積極的に新しい庭園構成を試みる。そのほとんどが、近代建築が打ち立てた空間様式を、列植、ボスクなどの植栽言語を用いて実現することであったといっても過言ではないが、その集大成が1955年のミラーハウス庭園である。そして建築平面様式の読み替えも、 それが植栽特有の光と影のパターンとなって立ち現れたとき、新しい庭のあり方を人々に予感させずにはおかなかった。なぜなら、列植は列柱とは異なり、生垣は壁体とは異なる。季節に応じて葉量を変える落葉樹はその透明性を変化させ、列植は頭上に樹冠を広げるとき、空間の重合を可能とする。新しい樹木配列は、新しい構成を生み出しただけでなく、新しい光と影の空間言語の可能性を示唆した。まさに木は木であり、いつまで木であり続けることにより 建築にはなしえない近代空間表現が生まれたともいえる。

更に1960から70年代にかけてミニマリズム環境アートの実験があり、そこにランドスケープアーキテクト初期が追い求めていた リズムと環境アートのなかの植物の扱い方を見ることができる。 例えば「木材という彫刻素材は、 もとは樹木である」などの作品で製材という工程を自らの制作過程にとり入れたディビッド・ナッシュは、 J.アンドリューによると(J. Andrews (1996) : The Sculpture of David Nash,p. 57、 The Henry Moore Foundation) ミニマルな形態に向かう彫刻家の意志と、樹木という生物の偶発的形態の交差点に位置している。 そしてミニマリズム・アートは「修辞の否定」の上に位置し、近代の視覚美術の一概念 形態からすべての物語性を排除するかたちが、ヨーロッパのディーター・キーナストや次世代のピーター・ウォーカーらによりランドスケープに展開されたとき、それはあらためて植物という生物素材の特質を際立たせることになった。すなわち極限まで純化された配列の中において、植物はその生物としての形態価値-ひとつとして同じ形のものはありえないことを顕在化させたのである。 一方、ジョージ・ハーグレイブスは環境アートの植物への関心を埋立地の再生公園や河川敷整備を自生植物の偶発性にゆだねるという手法として展開した。 環境アートの多くが植物生物としての特質個体差偶発性そして増殖に発想の多くを得ており、制度への反駁や構造への反問の形態言語をつくり出したことに着目したのである。

絵画編集

伝統的・保守的な画壇に反抗した未来派キュビズムシュルレアリスムポップアート等の様々な運動が起こった。20世紀美術を参照。

絵画におけるモダニズムの始まりについては諸説ある。もっとも早くには1863年フランス落選者展芸術アカデミーサロンに落選した後の印象派の画家などが出展)をアバンギャルド(前衛芸術)の出発点とする。しかし、モダニズムを大きく支えたのは1929年に開館したニューヨーク近代美術館 (MoMA) と、1939年に論文『アヴァンギャルドとキッチュ』を発表した米国美術評論家クレメント・グリーンバーグであった。

これらの運動自体もやがて閉塞し、1970年代後半頃からモダニズムの終焉が叫ばれた(ポストモダン参照)。

哲学・思想編集

哲学政治思想の分野では、古典的な君主制神政政治封建主義などの権威主義的な思想や体制に対し、啓蒙主義以降の人間理性中心の思想や体制を指す。

また「近代」(モダン)は、ポストモダニズムの立場から、その人間中心、進歩主義、産業中心、画一化などを批判されることがある。

ミニマリズム編集

ミニマリズムは様々な形の芸術やデザイン、特にビジュアルアート音楽の動きを表しています。そこでは芸術家はすべての必須ではない形、特徴、または概念を排除することを通して主題の本質またはアイデンティティを明らかにするつもりです。 ミニマリズムとは、最もシンプルで最小限の要素で最大限の効果が得られるようなデザインやスタイルです。

芸術における特別な動きとして、それは第二次世界大戦後の西洋美術の発展、最も強力には1960年代と1970年代初頭のアメリカの視覚芸術と同一視されています。 この運動に関連した著名な芸術家には、 ドナルド・ジャッド 、 ジョンマッククラッケン 、 アグネス・マーティン 、 ダン・フラビンロバート・モリス 、 ロナルド・ブレーデン 、 アンネ・トライト 、そしてフランク・ステラが含まれます。 [2] それはモダニズムの還元的側面から派生したものであり、 抽象表現主義に対する反論およびポストミニマル美術への架け橋として解釈されることが多い。 1960年代初頭までには、ミニマリズムは芸術における抽象的な動きとして現れ( カジミール・マレヴィッチ 幾何学的抽象 、 [3] バウハウスピエト・モンドリアン )、リレーショナルと主観的絵画、 抽象的な表現主義的表面の複雑さの概念 アクション・ペインティングの分野に存在する感情的な精神主義者と論争 。 ミニマリズムは、極端な単純さが芸術に必要な崇高な表現のすべてを捉えることができると主張しました。 ミニマリズムはポストモダンの前兆として、あるいはポストモダン運動そのものとして様々に解釈されている。 後者の見方では、初期のミニマリズムは先進的なモダニズム作品を生み出しました、しかし、 モリスのような何人かのアーティストがアンチフォーム運動を支持して方向を変えたとき、運動は部分的にこの方向を放棄しました。

Hal Fosterは、彼のエッセイ、 The Minx of Minimalism [4]において、出版されたミニマリズムの定義において、Donald JuddとRobert MorrisがどちらもGreenbergian Modernismを認め、それを上回るかを検証しています [4] 。彼は、ミニマリズムはモダニズムの「行き止まり」ではなく、「今日も続いている現代的な慣行へのパラダイムシフト」と主張している [4]

その用語は、 ラ・モンテ・ヤングテリー・ライリースティーブ・ライヒフィリップ・グラス 、そしてジョン・アダムスの作曲のような繰り返しと繰り返しを特徴とする音楽の動きを網羅するように拡張された。 ミニマリスト作曲は、 システムミュージックとして知られています 。 「ミニマリスト」という用語は、口語的に、その本質的要素に余裕がある、または取り除かれているものを意味します。 それはまたサミュエル・ベケット演劇小説ロベール・ブレッソンの映画、 レイモンド・カーヴァーの物語、そしてコリーン・チャップマンの自動車デザインを記述するのにも使われてきました。

 
2005年4月中旬に米国ユタ州のRozel Pointの頂上からのスミッソンのSpiral Jetty 。 それはしばしば変動する湖の水位に沈んでいますが1970年に作成され、まだ存在します。 それは約6500 トンの玄武岩 、土と塩から成ります。


アフリカとアジアのモダニズム編集

サンティニケタン:文脈的モダニズムの形成(en:Santiniketan:_The_Making_of_a_Contextual_Modernism) と阪神間モダニズムも参照

Peter Kallineyは、「モダニストの概念、特に美的自治は、英語圏のアフリカにおける脱植民地化の文学にとって基本的なものであった」と示唆しているが[5] 彼の意見では、 Rajat Neogy 、 Christopher Okigbo 、およびウォーレ・ショインカ、らは「植民地の束縛からの自由、人種差別の体系から、さらには新しい植民地時代からの自由を宣言するために近代主義的な美学的自治を再目的とした」作家の一人だった [6]

学者のWilliam J. Tylerによると、「modernism」と「modernist」という用語は、つい最近になって近代日本文学に関する英語の標準的な言説の一部となり、西ヨーロッパのモダニズムに対するそれらの信憑性に関する疑問が残る。 「 川端康成永井荷風谷崎潤一郎のような著名な日本の作家」の「明らかに現代的な散文」を考えると、タイラーはこの奇妙なことに気づく。 しかし、「1920年代と1930年代の日本の文化を記述し分析するための重要な概念として、視覚と芸術、建築、詩の学者たちは「 モダニズム 」を容易に受け入れました [7] 。1924年、川端康成など、様々な日本の若い作家が、 横光利一は文芸雑誌文芸時代 (「アーティスティック・エイジ」)を開始しました。 この雑誌は「ヨーロッパのキュービズム、表現主義、ダダ、そして他の近代主義的スタイルによって影響を受けた「 芸術のための芸術 」運動の一部でした [8]

日本のモダニスト建築家、 丹下健三 (1913-2005)は、伝統的な日本のスタイルとモダニズムを組み合わせた20世紀の最も重要な建築家の一人であり、5大陸に主要な建物を設計しました。また、建築運動 メタボリズムグループへの影響力のある後援者でした。 彼は「私が後で構造主義と呼んだものについて考え始めたのは、1959年頃か60年代の初め頃だったと思います」と語った [9]。彼のモダニスズムはコルビュジエの影響を受けており、1949年に広島平和記念公園のデザインコンペで優勝し、国際的に名声を得ました。

中国では、「 新感覚主義者 」(新感覚刺激派、XīnGǎnjuéPài)は上海を拠点とする作家のグループで、1930年代と1940年代に西洋と日本のモダニズムの影響を受けました。 彼らは政治や社会問題よりも無意識や美学に関心があるフィクションを書いた。 これらの作家の中にはMu Shiying 、 Liu Na'ou 、およびShi Zhecunがいました 。

インドでは、 プログレッシブアーティストグループ(Progressive Artists' Group)が、主に1947年に結成されたインドの ムンバイに拠点を置く現代のアーティスト のグループでした。 それは特別なスタイルを欠いていたけれども、それはポスト印象派、キュービズムと表現主義を含む20世紀の前半からヨーロッパと北アメリカの影響でインドの芸術を総合しました。

関連項目編集

出典編集

注釈編集

  1. ^ Modernist Architecture:30 Examples
  2. ^ Christopher Want, "Minimalism" in Grove Art Online. Oxford University Press, 2009.
  3. ^ Minimalism”. Encyclopædia Britannica. 20190608閲覧。
  4. ^ a b c Hal Foster, The Return of the Real: The Avant-garde at the End of the Century, MIT Press, 1996, pp. 44–53. ISBN 0-262-56107-7
  5. ^ Peter Kalliney, "Modernism, African Literature, and the Cold War". Modern Language Quarterly (2015) 76 (3): 333–368.
  6. ^ Peter Kalliney, "Modernism, African Literature, and the Cold War".
  7. ^ Modanizumu: Modernist Fiction from Japan, 1913–1938. Edited by William J. Tyler. University of Hawai'i Press, 2008, [1].
  8. ^ Draft confirmed as Kawabata novel”. The Japan Times (2012年7月15日). 2014年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。20190608閲覧。
  9. ^ (cited in Plan 2/1982, Amsterdam)

脚注編集

  • ジョンバース (1979) 補充の文学 、後で金曜日の本 (1984)に再発行。
  • Eco、Umberto (1990) 解釈 の限界における 連載 の解釈 [2] 、pp。   83〜100、 抜粋
  • Everdell、ウィリアムR. (1997) 最初の現代:20世紀の思想の起源のプロフィール (シカゴ:シカゴ大学の出版物)。
  • Gerald Graff (1973) ポストモダン 派の進歩 の神話 、 TriQuarterly 、26(Winter、1973)383–417; 小説今日の rept :現代小説の現代の作家Malcolm Bradbury 、ed。 (London:Fontana、1977); Proza Nowa Amerykanska編、Szice Krytyczne(ワルシャワ、ポーランド、1984)に再版。 『 アメリカ文学のポストモダン』の批判的アンソロジー 、マンフレッド・プッツとピーター・フリーゼ編。 (Darmstadt:Thesen Verlag、1984)、58–81。
  • Gerald Graff (1975) アビスでのバビット:ポストモダンの社会的背景。 アメリカンフィクション 、 TriQuarterly 、第33号(1975年春)、pp。   307–337; Putz and Freese編、Postmodernism、American Literatureに転載。
  • Orton、FredとPollock、Griselda(1996) アバンギャルドとパルチザン [3]マンチェスター大学
  • Steiner、George (1998) アフターバベル 、第6章文化のトポロジー 、第3改訂版
  • Art Berman(1994)、イリノイ大学出版部、 モダニズム序文

参考文献編集

外部リンク編集