メインメニューを開く

288GTOは、イタリア自動車メーカーのフェラーリ1984年から1986年にかけて製造、販売したリアミッドシップエンジン・後輪駆動のスポーツカーである。フェラーリ公式の名称は単に「GTO」だが、1960年代の「250GTO」と区別するため、「288GTO」と呼ばれる。[1]

フェラーリ・288GTO
FerrariGTO.jpg
販売期間 1984年 - 1985年
デザイン ピニンファリーナ
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 90度V8 2,855cc DOHC 4バルブ ツインターボ
駆動方式 MR(エンジンとミッションは縦置き)
最高出力 400hp/7,000rpm
最大トルク 50.6kgf·m/3,800rpm
変速機 5速MT
サスペンション 前・後ダブルウィッシュボーン式
全長 4,290mm
全幅 1,910mm
全高 1,120mm
車両重量 1,160kg
ブレーキ方式 前・後ベンチレーテッドディスク
最高速度
0-400m加速
305km/h
12.7秒
後継 F40
-自動車のスペック表-

概要編集

 
フェラーリ・288GTO
 
上から

1984年ジュネーブ・ショーで発表された。

308GTBをベースとし意図的に308GTBに似せてはいるが、競技参加を前提として当時の競技車両規定グループBホモロゲーションに沿って製作されエンジン搭載方式が縦置きになり、軽量化のため一部外板パーツにカーボン樹脂製のものが使われるなど大改造を受け、外装・内装ともにほとんどのパーツが専用設計で308との互換性は非常に少ない。総生産台数は272台。

ボディデザインは308GTBと同様ピニンファリーナが担当した。

前後のフェンダーは大きく張り出し、特にリアフェンダーは往年のチャンピオンマシンである250GTOを髣髴させるダックテール形状と縦型ルーバー(これはGTOシリーズ共通のデザインモチーフである)が3本入った特徴的な造型のものが採用されていた。

フロントは丸型2灯式のリトラクタブルヘッドランプのほか、下部に角型のフォグランプとパッシングライト(ヘッドライト格納状態のときに使用)とグリルを装着していたのが特徴である。

パワーユニットは当時のグループCレーシングカーであるランチア・LC2用(フェラーリ製である)の3,000cc V8 DOHCツインターボを2,855ccとしたものであり、生産ラインの308用エンジンとは別物である。これをマニエッティ・マレリのインジェクションシステムでマネジメントし、最大出力400hp(約406PS)/7,000rpm、最大トルク50.6kgf·m/3,800rpmを発生するに至った。

車名の「288」は、この排気量約2,800cc 8気筒エンジンを搭載しているところに由来する。

排気量2,855ccはターボ係数1.4をかけてグループBの4.0L以下のクラス(最低車重1,100㎏)に収まるようにされたものだが、当時のWRCに参加していたグループBの主流は3.0L以下のクラス(最低車量960㎏)か、2.5L以下のクラス(最低車重890㎏)と288GTOより軽くしかも4輪駆動で、重く2輪駆動の288GTOに勝ち目がないのは明らかで本気でWRCへの参加を考えてはいなかった。 288GTOと同じ排気量のポルシェ・959ル・マン24時間レースIMSA-GTXクラスに参加している(ポルシェ・961として)。

ボディは鋼管によるスペース・フレーム構造を採用。ホイールベースが11cm延長されており、308GTBと比較してより長く、よりワイドにすることで、強大なパワーに対応していた。

なお、日本への正規輸入車は1台のみである。

288GTO」は競技用ベース車両として生まれながら(そのためGT-Omologationを意味する“GTO”を250GTOより引き継いだ)、1986年の事故によりグループBが廃止となったことで、ラリーおよびレースに参戦することはなかった。のちにミケロットの手により「288GTO Evoluzione」が製作され、各地のサーキットで走行テストを繰り返す中で得られたエンジンやメカニズムに関するノウハウやデータは事実上の後継車であるF40の開発に役立てられ、F40によりレースで優勝するという目的は達成されることになる。

出典編集

  1. ^ Ferrari.comより

外部リンク編集