メインメニューを開く

フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマ(フジテレビどようはちじわくのれんぞくドラマ)は、かつてフジテレビ系列全国ネットとして土曜 20:00 - 20:54 (日本標準時、それ以外の時も有り)に設けられていたドラマ枠である[独自研究?]

目次

概要編集

この枠はバラエティ番組が多いが、かつてはドラマも放送されていた。初期は開局直後に開始した『東芝土曜劇場』や、『のれん太平記』シリーズなどの下町人情作品、そして日本初の単発特別番組枠テレビグランドスペシャル(第1期)』を挟んで、円谷プロ制作の大型特撮ドラマ『マイティジャック』だったが、『マイティジャック』はその内容が受けず、1クールで土曜夜7時枠に移動して、30分番組の『戦え!マイティジャック』となり、その後はコント55号のバラエティ『コント55号の世界は笑う』→『コント55号のやるぞみてくれ!』となった。

『やるぞみてくれ!』打ち切り後、4ヶ月のつなぎ番組を挟んで、『柳生十兵衛』(山口崇主演版)を開始。以後は時代劇(一部現代劇も有り)となるが、『東海道姉ちゃん仁義』を最後に7時半枠と統合して90分枠となり、『欽ドン!』シリーズなどを放送する。

90分枠が終了した1980年10月からは1時間枠を5年半振りに復活し、月曜21時(第1期)から移動するかたちで学園ドラマ『ピーマン白書』を放送するも、6回で打ち切りとなり、後番組『小さな追跡者』を最後にドラマは又中断、半年後に『オレたちひょうきん族』を開始する。

『ひょうきん族』終了後は『あいつがトラブル』で復活。またその後の『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!!』の非常事態による打ち切りの後は、『ボクたちのドラマシリーズ(第2シーズン)』で復活する。終了後は現在の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』までバラエティ番組が続いている。

第3期が放送されていた時期では、19:00に『紅い稲妻』→ピープロ特撮番組(『スペクトルマン』など)、21:30に『土曜劇場』、22:30に時代劇(『木枯し紋次郎』など)が編成され、計4本・3時間半に渡ってドラマが放送されていた。その後『ピーマン白書』→『小さな追跡者』放送時期は、21:00に『土曜劇場』、22:00に『ゴールデンドラマシリーズ』が編成され、3連続で1時間ドラマが放送されていた事が有った。

放送作品一覧編集

第1期編集

  • 東芝土曜劇場(1959年3月7日 - 1964年4月11日)※開始当初は20:00 - 21:00。1963年10月より20:00 - 20:56に(4分縮小)
  • のれん太平記シリーズ
    • のれん太平記(第1シリーズ)(1964年4月18日 - 10月10日)
    • 続・のれん太平記(第2シリーズ)(1964年10月24日 - 12月26日)
    • 新・のれん太平記(第3シリーズ)(1965年1月2日 - 6月26日)
    • のれん太平記(第4シリーズ)(1965年7月3日 - 10月30日)
    • のれん太平記(第5シリーズ)(1965年11月6日 - 1966年4月30日)
  • おてんとさまどんと来い!(1966年5月7日 - 10月29日)
  • のれん繁昌記(1966年11月5日 - 1967年3月25日)
  • おーい!わが家(1967年4月1日 - 6月24日)
  • 青春(1967年7月1日 - 10月28日)

第2期編集

第3期編集

第4期編集

第5期編集

第6期編集

スポンサー編集

  • 『東芝土曜劇場』は東京芝浦電気(現:東芝)、『のれん太平記』から『のれん繁昌記』までは大正製薬のそれぞれ一社提供
  • 『おーい!わが家』からサントリーと花王石鹸(現:花王)に変更し、『柳生十兵衛』まで中断中の番組を含めてこの二社で提供。そして『清水次郎長』から長大が追加されて三社提供になったが、『二人の素浪人』を以てサントリーが降板、以後は花王を筆頭とする複数社提供へ変更、花王は2000年9月までこの枠の全ドラマや、中断中&後身番組の筆頭スポンサーを担当した。

関連項目編集

フジテレビ 土曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
-
【開局前】
フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマ(第1期)
(1959年3月7日 - 1967年10月28日)
テレビグランドスペシャル(第1期)
(1967年11月4日 - 1968年3月30日)
フジテレビ 土曜20:56枠
-
【開局前】
フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマ(第1期)
(1959年3月7日 - 1963年10月5日)
一刀両断(土曜)
フジテレビ系列 土曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
テレビグランドスペシャル(第1期)
(1967年11月4日 - 1968年3月30日)
フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマ(第2期)
(1968年4月6日 - 1968年6月29日)
コント55号の世界は笑う
(1968年7月13日 - 1970年3月28日)
フジテレビ系列 土曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
なつメロ・ヒット・フェスティバル
(1970年6月6日 - 8月29日)
※20:00 - 20:56
フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマ(第3期)
(1970年9月26日 - 1974年8月31日)
つなぎ番組

オールスター90分
(1974年10月5日 - 1975年3月29日)
※19:30 - 20:54
フジテレビ系列 土曜20:55枠
なつメロ・ヒット・フェスティバル
(1970年6月6日 - 8月29日)
※20:00 - 20:56
フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマ(第3期)
(1970年9月26日 - 1973年9月29日)
FNNニュース(土曜)
(1973年10月6日 - 1975年9月27日)
※20:55 - 21:00
フジテレビ系列 土曜20:00 - 20:54枠
前番組 番組名 次番組
土曜ナナハン学園危機一髪
(1980年4月12日 - 9月27日)
※19:30 - 20:54
フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマ(第4期)
(1980年10月4日 - 1981年3月14日)
単発特別番組

決定!土曜特集 オレたちひょうきん族
(1981年5月16日 - 8月29日)
オレたちひょうきん族
(1981年10月10日 - 1989年10月14日)
※19:30 - 20:54
フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマ(第5期)
(1989年12月2日 - 1990年3月24日)
ザ・ウォッチング!!
(1990年4月 - 1990年9月)
ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!
(1990年10月13日 - 1993年6月26日)

つなぎ番組
フジテレビ土曜8時枠の連続ドラマ(第6期)
(1993年10月16日 - 1994年3月19日)
ゴールデンタイム
(1994年4月16日 - 9月17日)