フュエルド・バイ・ラーメン

フュエルド・バイ・ラーメンFueled by Ramen)とは、アメリカ合衆国ニューヨークレコードレーベルエモポップパンク系のバンドが多く所属する。ワーナー・ミュージック・グループ傘下のレーベルで、日本ではワーナーミュージック・ジャパンと提携しており、所属アーティスト数組を集めたイベント「FBR Night」を何度か開催している[1]

フュエルド・バイ・ラーメン
Fueled by Ramen
Fueled by Ramen logotipo.png
設立1996年
設立者ジョン・ジャニック
ビニー・フィオレロ
販売元アトランティック・レコード・グループ
ワーナー・ミュージック・グループ
ジャンルエモ
ポップ・パンク
スカ・パンク
インディー・ロック
ヒップホップ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
本社所在地ニューヨーク
公式サイトwww.fueledbyramen.com

来歴編集

1996年レス・ザン・ジェイクドラマービニー・フィオレロ(Vinnie Fiorello)と、ジョン・ジャニック(John Janick)により、フロリダ州ゲインズビルにて設立される[2]。その後1998年に本拠地をタンパに移動、2007年以降はニューヨークを拠点にしている。会社名のFueled by Ramenは和訳すると「ラーメンが燃料源」となるが、これはビニーがお金がなく、毎日ラーメンばかり食べていた事に由来する。アメリカではインスタントラーメンが缶詰食品などと並んで非常に安く購入できて、貧乏学生や貧困家庭などで親しまれて食べられるという文化から、その事をコミカルに社名として取り入れた。また会社のキャッチフレーズとして「NO FOOD. NO SLEEP. JUST RECORDS.(食わず、眠らず、レコード一筋)」を掲げ、「とにかく音楽一筋!貧乏でも、食べ物がなくても、睡眠時間が無くても、音楽を作るという事に没頭してレコード一筋!」という音楽に対する制作意欲と情熱を表明した[2]

2005年5月、フォール・アウト・ボーイの2ndアルバム『フロム・アンダー・ザ・コーク・ツリー』が全米アルバムチャートで9位を獲得。収録曲「Sugar, We're Goin Down」が全米シングルチャートで8位、「Dance, Dance」が9位を記録し、グラミー賞最優秀新人賞にノミネートされた[3]。同年9月、パニック・アット・ザ・ディスコの1stアルバム『フィーバーは止まらない』が全米13位を獲得。収録曲「I Write Sins Not Tragedies」が全米で7位を記録する[4]。また、この年フォール・アウト・ボーイピート・ウェンツが主催するディケイダンス・レコードDecaydance Records)が傘下レーベルとしてスタート、後に独立している。

2006年ジム・クラス・ヒーローズの3rdアルバム『As Cruel as School Children』から「Cupid's Chokehold feat. Patrick Stump」がHot100で4位を記録する[5]。 同年6月、YouTube上に公式チャンネルを創設。(2019年現在同チャンネルの総再生回数は、115億回に達している。) 同年12月、創業者のビニーが会社を離れ、その後は新たにレーベルおよび出版社ペーパー+プラスティック(Paper + Plastick)を設立している。

2007年2月、フォール・アウト・ボーイの3rdアルバム『インフィニティ・オン・ハイ』が全米1位を獲得。収録曲「This Ain't a Scene, It's an Arms Race」が全米で2位を記録した[3]

2009年9月、パラモアの3rdアルバム『Brand New Eyes』が全米2位、全英1位を獲得する[6]

2012年2月、ファンの2ndアルバム『サム・ナイツ 〜蒼い夜〜』が全米3位を獲得。リードシングル「We Are Young feat. Janelle Monáe」が米英など世界各国で1位を獲得、さらにシングル「Some Nights」も全米で3位を記録するなどし、グラミーで最優秀楽曲賞と最優秀新人賞を獲得した[7]

主な所属アーティスト編集

過去に在籍していたアーティスト編集

主なディスコグラフィー編集

  • Fall Out Boy - From Under the Cork Tree (2005年) 全米9位を記録、グラミー最優秀新人賞にノミネートされる[3]
    • "Sugar, We're Goin Down" 全米8位を記録[3]
    • "Dance, Dance" 全米9位を記録[3]
  • Panic! at the Disco - A Fever You Can't Sweat Out (2005年) 全米13位を記録[4]
    • "I Write Sins Not Tragedies" 全米7位を記録[4]
  • Gym Class Heroes - "Cupid's Chokehold feat. Patrick Stump" (2006年) 全米4位を記録[5]
  • Fall Out Boy - Infinity on High (2007年) 全米1位を記録[3]
    • "This Ain't a Scene, It's an Arms Race" 全米2位を記録[3]
  • Paramore - Riot! (2007年) 米でプラチナディスクに認定される[6]
  • Panic at the Disco - Pretty. Odd. (2008年) 全米7位を記録[4]
  • Paramore - Brand New Eyes (2009年) 全米2位、全英1位を記録[6]
  • Panic! at the Disco - Vices & Virtues (2011年) 全米7位を記録[4]
  • Gym Class Heroes - The Papercut Chronicles II (2011年)
    • "Stereo Hearts feat. Adam Levine" 全米4位を記録[5]
    • "Ass Back Home feat. Neon Hitch" 全米12位を記録[5]
  • Fun. - Some Nights (2012年) 全米3位を記録、グラミー最優秀新人賞を獲得[7]
    • "We Are Young feat. Janelle Monáe" 世界各国で1位を記録、米で5×プラチナディスクに認定、グラミー最優秀楽曲賞を獲得[7]
    • "Some Nights" 全米3位を記録、米で4×プラチナディスクに認定される[7]
  • Twenty One Pilots - Vessel (2013年) Alternative Pressが年間ベストアルバム1位に選出[8]
  • Paramore - Paramore (2013年) 米英で1位を記録、Drowned in SoundやA.V. Clubなどが年間ベストアルバムの一つに選出[6][9]
    • "Still Into You" 米でプラチナディスクに認定される[6]
  • Fall Out Boy - Save Rock and Roll (2013年) 全米1位を記録[3]
  • Panic! at the Disco - Too Weird to Live, Too Rare to Die! (2013年) 全米2位を記録[4]

脚注編集

  1. ^ Fueled By Ramen Japan, MySpace.”. 2012年7月14日閲覧。
  2. ^ a b Fueled By Ramen - About.”. 2013年10月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Fall Out Boy - Chart history, Billboard.”. 2013年10月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Panic at the Disco - Chart history, Billboard.”. 2013年10月8日閲覧。
  5. ^ a b c d Gym Class Heroes - Chart history, Billboard.”. 2013年10月8日閲覧。
  6. ^ a b c d e Paramore, Awards, AllMusic.”. 2013年10月8日閲覧。
  7. ^ a b c d Fun., Awards, AllMusic.”. 2013年10月8日閲覧。
  8. ^ Alternative Press.”. 2013年12月19日閲覧。
  9. ^ Paramore - Paramore - Reviews & Ratings.”. 2013年12月19日閲覧。

外部リンク編集