フランシー・ボラン

フランシー・ボラン[1]Francy Boland、本名:François Boland、1929年11月6日2005年8月12日)は、ベルギージャズピアニスト作曲家

フランシー・ボラン
Francy Boland
出生名 François Boland
生誕 (1929-11-06) 1929年11月6日
出身地 ベルギーの旗 ベルギーナミュール州
死没 (2005-08-12) 2005年8月12日(75歳没)
担当楽器 ピアノ

略歴編集

ベルギー・ナミュール州生まれ。

1949年、最初にベルギーのジャズの巨匠ボビー・ジャスパーの協力を得、1955年、チェット・ベイカー・クインテットに入団(参加)した。アメリカへ移り、カウント・ベイシーベニー・グッドマンウディ・ハーマンディジー・ガレスピーの楽団の楽曲編曲を手掛け始め、ヨーロッパに戻りクルト・エーデルハーゲン(Kurt Edelhagen)楽団の主席編曲を手掛ける前にドラマーのケニー・クラークと共にオクテット(8重奏団)を結成した。

1961年、ケニー・クラークジミー・ウッド、フランシー・ボランのリズム・セクションを中心にケニー・クラーク=フランシー・ボラン・ビッグ・バンドを結成するが、アメリカ国外で結成された最も注目するビッグ・バンドの1つに急速になった。1972年に解散後、フランシー・ボランは作曲に集中した。フランシー・ボランは1976年以降、ヨーロッパ、主にスイスに住み、特にサラ・ヴォーンのために編曲を行った。

2005年、スイスジュネーヴで亡くなる。

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • 『アウト・オブ・ザ・バックグラウンド』 - Out of the Background (1967年、SABA)
  • Flirt and Dream (1967年、SABA)

ケニー・クラーク/フランシー・ボラン・ビッグ・バンド編集

ケニー・クラーク/フランシー・ボラン・セクステット編集

  • Marcel Marceau Präsentiert Swing Im Bahnhof (1965年、CBS)
  • 『ミュージック・フォー・ザ・スモール・アワーズ』 - Music For The Small Hours (1967年、Columbia)

参加アルバム編集

ジョニー・グリフィン

  • 『ナイト・レディ』 - Night Lady (1964年、Philips)
  • 『タフ・テナー』 - Tough Tenors Again 'n' Again (1970年、MPS) ※with Eddie "Lockjaw" Davis

サヒブ・シハブ

  • Summer Dawn (1964年、Argo)
  • 『シーズ』 - Seeds (1968年、Vogue Schallplatten)
  • 『コンパニオンシップ』 - Companionship (1971年、Vogue Schallplatten) ※1964年-1970年録音

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 過去には「フランシー・ボーラン」の表記もある。

外部リンク編集