メインメニューを開く

フランス車

フランス車(フランスしゃ)とは、フランスで生産される自動車(フランス製自動車)、もしくはフランスを本拠とするメーカーやブランドが販売する自動車(フランスブランド車)のことである。

目次

概要編集

フランス車の特徴は、往々にして奇抜にすら思えるデザインと、凝ったメカニズムにある。かつてはブガッティ(現在フォルクスワーゲングループが商標を所有)やファセルのような高級車メーカーも存在したが、第二次世界大戦後にその多くが衰退・消滅し、現在はルノープジョーシトロエンといった小型車が中心である。フランス本国を含む西ヨーロッパにおけるフランス車の市場シェアは減少傾向にあり、2005年には23.4%であった[1]

またフランスは農業大国であり、凸凹な農道や石畳を通る必要があったことから、足回りの技術に関して他国メーカーより優れているとされる。特にプジョーシトロエンは独自開発の足回りで「猫足」と呼ばれており評価が高い。

イギリス車ドイツ車に比べると大衆車・小型車・前輪駆動車の傾向が強く、その意味ではイタリア車日本車に近い。

ただし現在、世界最大の自動車市場であるアメリカではフランス車の正規販売が行われていない。これは1985年のシトロエンに続き、翌々年(1987年)ルノーが子会社アメリカン・モーターズクライスラーに売却(その後数年間は両社合弁会社経由で輸入)、さらに1991年にはプジョーが、相次いで北米市場から撤退したためである。しかし、フランス車の北米市場での総販売台数は日本車ドイツ車の比較にはならなかったものの、テレビドラマ『刑事コロンボ』の劇中に登場したプジョー403カブリオレなど、アメリカでも個性派の愛好する車としてのイメージを残していることが見受けられる。

主なフランス車編集

かつて存在したメーカー編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集