アルピーヌ(Alpine)は、フランス自動車会社。1973年ルノーに株式を買収され、ルノー社の100%子会社。2012年現在の正式名は「ソシエテ・デ・オートモビル・アルピーヌ・ルノー」。パリで設立されたアルピーヌ社だが、1969年にフランス北西部の大西洋に面した町「ディエップ」に移転、現在でも同じ場所で生産が続けられている。

アルピーヌ
業種 自動車産業 ウィキデータを編集
設立 1955年 ウィキデータを編集
本社
親会社 ルノー ウィキデータを編集
アルピーヌ・A110

概要編集

設立編集

1956年にフランスのレーシングドライバーで、ルノーのディーラーを経営するジャン・レデレが設立した。当初よりルノーのチューンナップおよびレースバージョンを数多く手がけ、ルノー4CVをベースにFRPボディをのせたA106を販売する。その後ドフィーヌをベースとしたA108,R8をベースとしたA110を販売、特にA110ラリーで活躍してアルピーヌの名前を不動のものとした。また、ル・マン24時間レースなどのモータースポーツで大活躍した。

アルピーヌ・ルノー編集

1973年にレデレ家からルノーに株式を譲渡、ルノー傘下の会社となった。正式名は「ソシエテ・デ・オートモビル・アルピーヌ・ルノー」である。1973年当時はディエップ工場でA110およびA310を製造しており、その後A310V6、V6GT、V6ターボ、A610を生産した。またルノーのスポーツモデルや競技車両の生産も行い、またそれらへの部品供給もアルピーヌ社が担当した。

1995年のA610生産終了を以てアルピーヌのブランドは一旦途絶えたがアルピーヌ社とディエップ工場は存続し、ルノースポールブランドの第一弾となったスピダーを皮切りに、クリオ2 RS、クリオV6、メガーヌ2 RS、クリオ3 RSの製造を担当した。但し全てのルノースポールモデルの製造を行ったわけではなく、トゥインゴ2 RSはスロベニア、メガーヌ3 RSはバレンシアで製造された。

2001年にルノーの会長にカルロス・ゴーンが就任して以降は、同氏が推し進める車種拡大にあわせてアルピーヌのブランド復活が期待された。2007年10月9日は2010年を目処にアルピーヌブランドを復活させることが公式に発表された。実際には2010年はパリ・モーターショーDeZirという名前の電気自動車コンセプトカーが発表されるに留まったが、そのコンセプトはルノーがスポーツカー専用モデルの復活を目論んでいることを予感させた。

そして様々な憶測が流れる中、2012年モナコGPでコンセプトカーのアルピーヌA110-50が登場する。同車はA110の50周年を記念するモデルと説明されたが、そのスタイリングはDeZirを踏襲するもので、またミドシップに日産・VQ35エンジンを積み、メガーヌRSのレース仕様のシャシを流用し、カーボンファイバーの車体を組み合わせるなど、小型軽量だったA110に対してスーパースポーツと呼ぶに相応しい内容だった。A110-50は同年の各種イベントに登場、またルノーと関わりの深いラリードライバーであるジャン・ラニョッティがA110-50をドライブし、A110と共演するイメージ映像も製作された。

アルピーヌ・ケータハム~独自開発へ編集

2012年11月5日、A110-50の話題覚めやらぬ中、ルノーはアルピーヌの開発に於いて英ケーターハムと提携することを発表した。従来ルノーが100%持っていたアルピーヌの株式のうち、ケータハムがその50%を取得、2013年1月より新会社「オートモビル・アルピーヌ・ケータハム」を設立し、4年以内に新型車を発売するとしていた。
しかし、2014年6月10日に合弁会社の全株式をルノーが取得し、ケータハムとの業務提携を解消してルノー独自でアルピーヌブランドのスポーツカー開発をすると発表[1]

ケーターハムとのアルピーヌブランドの合弁事業を解消したルノーは、2016年2月16日にアルピーヌブランド復活計画を発表し、同時に2017年に発売を予定しているスポーツカーのコンセプトモデル「アルピーヌ・ビジョン」を披露している[2][3]。このアルピーヌ・ビジョンは、かつてのA110 Berlinetteを再解釈したものとされている。そして2017年に開催されたジュネーブモーターショーにてA110が初公開された[4]

ルノー・スポールとの統合編集

2021年1月、アルピーヌはルノー・スポール(ルノー・スポール・カーズとルノー・スポール・レーシング)を吸収し、既存のアルピーヌ事業と統合して、新たなアルピーヌ事業部を設立すると発表した。また、ロータス・カーズと、A110の電動後継車を共同開発する覚書を締結したと発表した。そして同年5月1日、ルノー・スポールはアルピーヌに吸収され消滅した[5]

レース活動編集

 
ルノー・アルピーヌ A442
 
アルピーヌ・A470

1960年代初頭からさまざまなレースに参加。A1101973年初代WRCマニファクチャラー・チャンピオンの栄誉に輝いた。

またスポーツカーレースでは、ルノーアルピーヌとして、ルノー・アルピーヌ・A442英語版1978年のルマン24時間レースで総合優勝している。

近年はオレカの制作したシャシー、オレカ05OEM供給を受け、「アルピーヌA460」とリバッジしてFIA 世界耐久選手権(WEC)のLMP2クラスに参戦。オペレーションはフランス系チームのシグナテックで、2台目はジャッキー・チェンのレーシングチームとのジョイントという形を取った。2016年に1台目がル・マン24時間クラス優勝、WECのチャンピオンを獲得している[6]2018-19年シーズンアルピーヌ・A470で参戦し2年連続のル・マン24時間LMP2クラス優勝を果たし、同時に2年ぶりとなるドライバーズ、チームチャンピオンを獲得した。

2021年からは、従来のルノーF1チームが名称を変え「アルピーヌF1チーム」として活動する。

またWECにおいては、2021年に限りハイパーカークラスに従来のLMP1(ノンハイブリッド)車両がエントリーできることを活かし、従来レベリオン・レーシングが走らせていたマシン、R13を引き継ぎ、「アルピーヌ・A480」として最高峰クラスのハイパーカークラスに参戦する[7][8]

日本での概要編集

東京モーターショーでは1999年まで、ルノーブースは「ルノー」と「アルピーヌ・ルノー」の2つで申請されていた。これは、かつての日本の輸入元が、ルノーとアルピーヌで別会社であった名残りである (現在のメルセデス・ベンツブースがメルセデスとAMGと2つのブースで申請されているのと同じ)。

2017年6月、日本への進出を発表。同年10月、ルノー・ジャポン内にビジネスユニット「アルピーヌ・ジャポン」を設立。2018年6月22日、新型アルピーヌA110の発売を開始した。販売は、ルノー全国ディーラー網の中での特定店舗での取り扱いとなる。

主な車種編集

 
2台の5 アルピーヌ ターボ
 
アルピーヌ・V6ターボ(GTA)
 
アルピーヌ・ル・マン
 
アルピーヌ・A110 (2017年)

アルピーヌ編集

ロードカー編集

レーシングカー編集

  • M63
  • M64
  • A210
  • A220
  • A440 / A441

ルノー・アルピーヌ編集

ロードカー編集

レーシングカー編集

etc

ラリーカー編集

出典編集

  1. ^ ルノー 、ケータハムとの提携を解消…アルピーヌ復活は2016年に独自開発で
  2. ^ 仏ルノー、アルピーヌを復活。2017年に新型スポーツカーを発売へ
  3. ^ 復活したアルピーヌ、日本市場導入を発表! - オートブログ(2016年10月12日 20時30分版/2017年3月9日閲覧)
  4. ^ アルピーヌが復活 ブランド復活の背景とピュアスポーツカー「A110」とは? 詳細解説 | 情報が知識にかわる自動車サイト - Auto Prove(オートプルーブ) - Part 2” (日本語). Auto Prove - 自動車情報サイト「オートプルーブ」 (2018年6月27日). 2018年12月18日閲覧。
  5. ^ ルノースポール・カーズをアルピーヌ・カーズに再編” (日本語). レスポンス(Response.jp). 2021年10月9日閲覧。
  6. ^ WEC:ラピエールがシグナテック残留。アルピーヌとLMP2連覇に挑む
  7. ^ LMP1マシンでハイパーカークラスに参戦するアルピーヌ、ドライバーラインアップを発表 - オートスポーツ・2021年1月27日
  8. ^ アルピーヌ、WECハイパーカークラスに参戦するノンハイブリッドLMP1マシン『A480』を公開”. autosport web. 2021年3月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集