メインメニューを開く

フランセス・デ・スーザ

イギリスの政治家

デ・スーザ女男爵フランセス・ガートルード・クレア・デ・スーザ英語: Frances Gertrude Claire D'Souza, Baroness D'Souza, CMG, PC1944年4月18日 - )は、イギリス政治家一代貴族

デ・スーザ女男爵
フランセス・デ・スーザ
Frances D'Souza
Baroness D'Souza
Baroness D’Souza of Wychwood (cropped).jpg
2013年6月25日のデ・スーザ女男爵
生年月日 (1944-04-18) 1944年4月18日(75歳)
出身校 オックスフォード大学レディ・マーガレット・ホール英語版
所属政党 中立派無所属英語版
称号 デ・スーザ女男爵(一代貴族)、聖マイケル・聖ジョージ勲章コンパニオン(CMG)、枢密顧問官(PC)

在任期間 2011年9月1日 - 2016年8月31日

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 2004年7月1日 - 現職
テンプレートを表示

人権擁護運動に活躍した後、2004年一代貴族に叙されて貴族院議員となり、2011年から貴族院議長を務めている。

経歴編集

ロンドン大学人類学を学んだあと、オックスフォード大学レディ・マーガレット・ホール英語版哲学博士号を受ける[1]

1973年から1977年にかけてナフィールド比較医学研究所に勤務、ついで1977年から1980年までオックスフォード・ブルックス大学に勤務する。1985年から1988年にかけては国連で独立調査顧問を務める[1]

1989年から1998年にかけて人権擁護組織「アーティクル19英語版」の執行役員を務める[1]。2003年から2004年にかけては人権擁護組織「レッドレス英語版」の代表を務める。様々な人権擁護運動に携わる中で、アフリカアジアで生活した時期もある[1]

2004年7月1日一代貴族「カウンティ・オブ・オックスフォードシャーにおけるウィッチウッドのデ・スーザ女男爵(Baroness D'Souza, of Wychwood in the County of Oxfordshire)」に叙されて、貴族院議員に列する[2][3]。貴族院議長になる前の2007年から2011年にかけて中立派(クロスベンチャー)の議長(convenor)を務めた[1][4]

2011年7月13日に行われた貴族院議長選挙英語版の決選投票において、保守党の第3代コルウィン男爵アンソニー・ハミルトン=スミス英語版を11票差で破って当選した[4]。9月5日から着任し、以降は無所属英語版となった[3]

2013年6月にはベルギーブリュッセルを訪問、ベルギー元老院(上院)議長サビーヌ・ド・ベテューヌオランダ語版フランス語版ドイツ語版らと会見した[5]

同年9月にはマケドニアを訪問し、国会議長トライコ・ヴェリャノスキーマケドニア語版らと会談した[6]

2014年平成26年)10月に来日した。10月1日参議院を訪問し、山崎正昭参議院議長輿石東参議院副議長らと会談した[7]10月3日には中山泰秀外務副大臣と会談し、日英の長い友好関係の歴史をさらに深化させることで合意した[8]。ついで10月5日から6日にかけて中華民国台湾)を訪問した。台湾を訪問したイギリス貴族院議長は彼女が初めてである。馬英九総統王金平立法院長(国会議長)と会談し、また国立台湾大学政治学部で講演を行った[9]

2015年2月にはインドコルカタを訪問し、西ベンガル州議会ベンガル語版議長、西ベンガル州の州知事や州首相らと会談した。ついでグワーハーティーに訪問し、アッサム州議会アッサム語版議長やアッサム州首相らと会談した[10]

2016年8月31日に任期を終えて貴族院議長を退任した[11]

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e About the Lord Speaker” (英語). イギリス議会公式サイト. イギリス議会. 2014年11月11日閲覧。
  2. ^ a b Lundy, Darryl. “Dr. Frances Gertrude Clair D'Souza, Baroness D'Souza” (英語). thepeerage.com. 2014年11月11日閲覧。
  3. ^ a b c d Baroness D'Souza” (英語). イギリス議会公式サイト. イギリス議会. 2014年11月11日閲覧。
  4. ^ a b “Baroness D'Souza elected new Lords Speaker” (英語). BBC News. (2011年7月18日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-14190737 2014年11月11日閲覧。 
  5. ^ House of Lords Speaker D'Souza visits Brussels” (英語). イギリス政府公式サイト. イギリス政府 (2013年6月6日). 2014年11月11日閲覧。
  6. ^ Baroness D'Souza visits Macedonia” (英語). イギリス政府公式サイト. イギリス政府 (2013年9月25日). 2014年11月11日閲覧。
  7. ^ フランセス・デ=スーザ英国上院議長一行の参議院訪問” (日本語). 参議院公式ホームページ. 参議院 (2014年10月1日). 2014年11月11日閲覧。
  8. ^ 中山外務副大臣とデ=スーザ英国上院議長との会談” (日本語). 外務省公式ホームページ. 外務省 (2014年10月3日). 2014年11月11日閲覧。
  9. ^ 英国議会のデ=スーザ上院議長が中華民国を訪問” (日本語). Taiwan Today. 中華民国(台湾)外交部 (2014年10月6日). 2014年11月11日閲覧。
  10. ^ Lord Speaker, UK CPA delegation to visit Kolkata and Guwahati” (英語). イギリス政府公式サイト. イギリス政府 (2013年6月6日). 2015年7月20日閲覧。
  11. ^ Lord Fowler elected as new Lord Speaker - News from Parliament”. UK Parliament. 2016年12月9日閲覧。
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
ホートンのウィリアムトン男爵英語版
貴族院中立派議長
2007年2011年
次代:
レミング男爵英語版
先代:
ヘイマン女男爵
貴族院議長
2011年2016年
次代:
ファウラー男爵英語版