メインメニューを開く

松野 こうき(まつの こうき 1954年6月10日 - )は、シンガー・ソングライターラジオ・パーソナリティ男性青森市出身。

松野 こうき
出生名 松野 将宏
生誕 (1954-06-10) 1954年6月10日(65歳)
出身地 日本の旗 日本青森県青森市
ジャンル ニュー・ミュージック
職業 シンガー・ソングライター
ラジオ・パーソナリティ
担当楽器 アコースティック・ギター
ハーモニカ
活動期間 1980年 -
レーベル ワーナー・パイオニア
ポリドール
WEAジャパン
AOZORA
事務所 元:ザ・バード・コーポレーション

1980年ポーラ化粧品CMソングに起用された「クィーンはまぶしい」がヒットした。

以前ザ・バード・コーポレーションに所属していた。

現在もライブ活動を継続しつつ、むさしのFMの番組パーソナリティとして出演中。


来歴編集

1954年6月10日青森県青森市に生まれる。本名は、松野将宏

これは両親が名前を付ける際、母親の推す「こうき」という名前に、父親の推す「まさひろ」が押し切られる形で「こうき」に決定。しかし出生届けを届けに行った父親が諦めきれずに、独断で「まさひろ」で提出。だが父親は言いだし切れずに、幼少時には「こうき」と呼ばれ続け、小学校に上がる際に戸籍では「まさひろ」と名付けられていることが発覚し、本名「まさひろ」通称「こうき」となっている。

高校生の頃にはギターを弾き自作曲も作っていた。しかし学生の頃は画家になることを強く志望しており、本人曰く「真面目に絵ばっかり描いていた」「絵も音楽も自分を表現する手段の一つ」と語っている。後にアルバム『アナザー・サイド』のジャケット裏面、アルバム『セルフ・トーキング』のジャケットに自画像を載せている。

1980年5月、シングル「クィーンはまぶしい」でデビュー。ポーラ化粧品CMソングに起用され、5月26日付、6月2日付のオリコン・チャートで最高28位を記録するヒットとなった。同年シングル「それはキッスで始まった」、アルバム『アナザー・サイド』、シングル「ルージュ&ムスターシュ」リリース。レコードでは、佐藤準鈴木茂の編曲による和製シティ・ポップスAORとも言える音楽だが、ライブでは自身が演奏するアコースティック・ギターハーモニカ弾き語りスタイル。

1981年8月、シングル「あやまち」リリース。

1981年10月、静岡放送(SBSラジオ)で新たに始まった2時間の生放送ラジオ番組フリーステーション1.2.0の金曜パーソナリティとして出演。この番組のコーナーの一つに、自曲の「あやまち」にちなんだ「あやまちコーナー」があった。リスナーのあやまちエピソードを募集し紹介する内容だが、次第にきわどい話が多く寄せられるようになり、下ネタ話に「アソコがにょっきりする」と形容したことから、やがて「にょっきりのコーナー」と呼ばれるようになる。これらが人気となり、当時の静岡県内では「松野こうき=にょっきり」と認識され、ライブを開くと「丸坊主の男子中高校生ばかりが前列を占める」といった光景が見られた。当初番組への出演は半年間の予定で1982年4月に一旦降板したが、ファンの要望に応える形で同年10月には担当曜日を月曜に変更し復帰(番組自体は1984年4月終了)。同局では、松野こうきのライブ録音を放送する番組も組まれ、その魅力について「男のロマンを感じさせる」とも紹介した。

1982年4月、シングル「飛び魚キラキラ。」リリース。「クィーンはまぶしい」の歌詞を変更したリメイク作品で、TDA東亜国内航空(後:日本エアシステム)夏季のコーラルアイランドキャンペーン(奄美群島)のCMソングに起用された。

その後、結婚。妻は「石原愛子」の芸名でかつてタレント活動をしており、雑誌グラビアテレビ東京番宣番組などに出演していた経歴がある。

1989年4月、シングル「君に乾杯/あやまち」リリース。1992年1月、ベスト・アルバム『セルフ・トーキング〜松野こうきベスト〜』リリース。1993年10月、シングル「心 恋に染めて」リリース。東海テレビ制作フジテレビ系列の昼ドラ『花の咲く家』主題歌に起用された。

1995年以降、むさしのFMの番組にパーソナリティとして出演。現在活動している日本のシンガー・ソングライターも番組内で積極的に紹介し、時おり公開放送などで姿を見せることもある。2009年現在『朝のエリアゾーン』(火・水曜)に出演中。ライブ活動も継続して行なわれている。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

発売日 レーベル 品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
1980年5月 ワーナー・パイオニア L-341W A クィーンはまぶしい 佐々木克彦 松野こうき 佐藤準
B パーティーはもう終わり 門谷憲二
1980年9月 L-364W A それはキッスで始まった 門谷憲二 松野こうき 佐藤準
B あいつ
1980年12月 L-376W A ルージュ&ムスターシュ 結城翔 松野こうき
B この愛に Good-by 松野こうき
1981年8月 L-1537W A あやまち 門谷憲二 松野こうき
B ダンス・ユー・ダンス・ミー 糸井重里
1982年4月10日 L-1579 A 飛び魚キラキラ。 佐々木克彦 松野こうき
B 西海岸で待つお前に 門谷憲二 佐藤準
1986年 ポリドール A 時代おくれ 阿久悠 森田公一 矢野立美
B 俺が捨ててきたものは みなみらんぼう
1989年4月25日 WEAジャパン 09L3-4080

09L5-4080

A 君に乾杯 松野こうき 渡辺俊幸
B あやまち 門谷憲二 松野こうき 佐藤準
1993年10月25日 WPDL4374 1 心 恋に染めて

アルバム編集

アナザー・サイド
松野こうきスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ニュー・ミュージック
レーベル ワーナー・パイオニア
プロデュース 佐藤準
松野こうき アルバム 年表
アナザー・サイド
(1980年)
セルフ・トーキング
1992年
テンプレートを表示
  • アナザー・サイド(1980年、ワーナー・パイオニア LP:L-12008W CT:LKF-7014)
全曲松野こうき作曲
Side 1
  1. Tiny Bubbles (作詞: 大川茂、編曲: 佐藤準
  2. クィーンはまぶしい (作詞: 佐々木克彦、編曲: 佐藤準)
  3. あいつ (作詞: 門谷憲二、編曲: 佐藤準)
  4. たった一杯のジンフィズで (作詞: 康珍化、編曲: 佐藤準)
  5. 西海岸で待つお前に (作詞: 門谷憲二、編曲: 佐藤準)
Side 2
  1. グッド・モーニング (作詞: 門谷憲二、編曲: 鈴木茂
  2. それはキッスで始まった (作詞: 門谷憲二、編曲: 佐藤準)
  3. みなとまつり (作詞: うづきさくら子、編曲: 佐藤準)
  4. パーティーはもう終り (作詞: 門谷憲二、編曲: 佐藤準)
  5. バーボン・ストリート (作詞: 松野こうき、編曲:鈴木茂)
参加ミュージシャン
キーボード:佐藤準
ドラムス:菊地丈夫
エレキ・ベース:岡沢茂
エレキ・ギター:鈴木茂
アコースティック・ギター:笛吹利明
パーカッション:斉藤ノブ、ペッカー
アルト・サックス:ジェイク・コンセプション
ハーモニカ:八木のぶお(「あいつ」、「みなとまつり」)
セルフ・トーキング
松野こうきベスト
松野こうきベスト・アルバム
リリース
ジャンル ニュー・ミュージック
レーベル WEAジャパン
AOZORA
松野こうき アルバム 年表
アナザー・サイド
(1980年)
セルフ・トーキング
(1992年)
テンプレートを表示
  • セルフ・トーキング〜松野こうきベスト〜(1992年1月25日、WEAジャパン WPCL-609)
  • セルフ・トーキング 松野こうきベスト/SELF TALKING〜Best of KOHKI MATSUNO〜(AOZORA RECORD AOZO-101)
収録曲
  1. クィーンはまぶしい
  2. それはキッスで始まった
  3. パーティはもう終り
  4. ダンス・ユー・ダンス・ミー
  5. あやまち
  6. 西海岸で待つお前に
  7. あいつ
  8. ルージュ&ムスターシュ
  9. たった一杯のジンフィズで
  10. この愛にグッバイ
  11. バーボン・ストリート
  12. 君に乾杯

未発表曲編集

ライブで演奏されたりラジオ放送で紹介されているが、レコード・CDとしては発売していない曲に「レフト・アローン」、「ムーン・フライト」等がある。

出演編集

ライブ編集

年月・場所が判明しているもの

ラジオ編集

  • 静岡放送(SBS)『フリーステーション1.2.0』(1981年10月〜1982年4月2日、金曜日担当。1982年10月〜1984年3月、月曜日担当)
    「あやまちコーナー」他
  • JFNうたのプロムナード』(1988年)
  • JFN『FM歌謡リクエスト
  • むさしのFM『松野こうきのサンデープロムナード』
  • むさしのFM『サンデーむさしの寄席』
  • むさしのFM『松野こうきの日曜冒険王』(2000年〜2004年)
  • むさしのFM『わたしの好きなこの街で』(2008年8月〜)
  • むさしのFM『朝のエリアゾーン』火・水曜日担当(〜2009年)
    「'70sトラベラー」他

外部リンク編集