ブアケ(フランス語:Bouaké)は、コートジボワール北東部のバンダマ渓谷地方南部のグベケ州の州都。 2014年の人口は約53.6万人。 コートジボワール第2の都市であり、北部の中心都市である。 内戦中は北部の反政府勢力であるコートジボワール新勢力がここに本拠を置いており、事実上北部勢力の首都となっていた。

ブアケ
Bouaké
Cibkechu.JPG
位置
ブアケ(Bouaké)の位置の位置図
ブアケ(Bouaké)の位置
座標 : 北緯7度41分 西経5度1分 / 北緯7.683度 西経5.017度 / 7.683; -5.017
行政
コートジボワールの旗 コートジボワール
 地方 バンダマ渓谷地方
 州 グベケ州
 市 ブアケ
市長 Fanny Ibrahima
人口
人口 (2014年現在)
  市域 536,189人
    人口密度   auto人/km2
その他
等時帯 グリニッジ標準時 (UTC+0)

地理編集

森林地帯の北端、内陸部の標高312mの高原に位置する。 バウレ人の中心都市である。

経済編集

旧首都アビジャンと、ブルキナファソの首都ワガドゥグーを結ぶアビジャン・ニジェール鉄道の中間地点にあり、交通の要衝である。 産業としては、タバコ工業や綿やサイザル麻の工業が盛んである。 また、近郊では水銀マンガンが採掘される。

歴史編集

1899年フランスが軍事郵便局を設置した。

1914年、州都に昇格した。

1996年、ブアケ大学が開校した。

2002年9月19日、コートジボワール内戦の際、ブアケでも反乱軍が蜂起。 ブアケ大学が閉校した。 ギヨーム・ソロ率いるコートジボワール新勢力(FN)がローラン・バグボ大統領の排除を試みたが失敗した。 10月17日にブアケで停戦協定が調印されるも、この内戦の段階でFNが急速に勢力を伸ばし、ブアケを首都として北部の地域を占領し、支配下に置いた。 停戦後も南北の分断は解消されず、フランス国連平和維持軍が監視した。

2004年11月4日、政府軍は「領土解放作戦」の初戦として、スホーイ25でブアケを空爆した。

2005年4月、UNESCOの支援によってブアケ大学が再開した。

姉妹都市編集

出身者編集

関連項目編集