メインメニューを開く

ヤヤ・トゥーレ

コートジボワールのサッカー選手

ニェニェリ・ヤヤ・トゥーレGnégnéri Yaya Touré1983年5月13日 - )は、コートジボワール出身のサッカー選手オリンピアコスFC所属。コートジボワール代表である。ポジションはミッドフィールダー

ヤヤ・トゥーレ Football pictogram.svg
Yaya Touré 2013-06-06 001.jpg
2013年のヤヤ・トゥーレ
名前
本名 ニェニェリ・ヤヤ・トゥーレ
Gnégnéri Yaya Touré
愛称 タイガー
ラテン文字 TOURE Yaya
基本情報
国籍 コートジボワールの旗 コートジボワール
生年月日 (1983-05-13) 1983年5月13日(36歳)
出身地 ブアケ
身長 191cm
体重 90kg
選手情報
ポジション MF (CMF)
背番号 42
利き足 右足
ユース
1996-2001 コートジボワールの旗 ASECミモザ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2003 ベルギーの旗 ベフェレン 70 (3)
2003-2005 ウクライナの旗 メタルルグ・ドネツク 33 (3)
2005-2006 ギリシャの旗 オリンピアコス 26 (3)
2006-2007 モナコの旗 モナコ 27 (5)
2007-2010 スペインの旗 バルセロナ 74 (4)
2010-2018 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 230 (62)
2018 ギリシャの旗 オリンピアコス 5 (0)
代表歴
2004- コートジボワールの旗 コートジボワール 102 (19)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

セルティックFCに在籍していたコロ・トゥーレは兄。元サッカー選手のイブラヒム・トゥーレ(2014年にガンのため死去。28歳没)は弟であった。

コートジボワールの一民族であるマンデ系の出身であり、この民族は氏名を欧州式の名→姓の順ではなく、日本人などと同じように姓→名の順に呼称する。このため2007年から、登録名を民族の表記順に則った「トゥーレ・ヤヤTouré Yaya)」に変更しており、こちらの表記で呼ばれることも多い。なお兄のコロは欧州式の「コロ・トゥーレ」名義のままプレーし続けており、ヤヤのみが姓→名の表記順を採用している。

目次

経歴編集

初期の経歴編集

1996年、長年の師であるパトリック・ファン・ライエンダムの推薦でASECミモザのユースアカデミーに入団した。2000年にトップチームデビューし、2001年にベルギー・ジュピラーリーグKSKベフェレンに移籍して2シーズン半を過ごした。その後はウクライナのメタルルグ・ドネツクで1シーズン半プレーし、2005年ギリシャ・スーパーリーグオリンピアコスFCに移籍した。オリンピアコスFCと契約する前には兄のコロが在籍するイングランドアーセナルFCのトライアルを受けていたが[1]、労働許可証の問題からアーセナルFC加入は実現しなかった[2]2006 FIFAワールドカップ・アフリカ予選には兄コロとともに出場し、カメルーンを抑えて本大会出場権を獲得した。本大会出場メンバーにも選出されて十分な存在感を見せつけたが、「死の組」と言われたC組に入った事もあってグループリーグ突破はならなかった。

ASモナコ編集

2006 FIFAワールドカップ後の2006年8月14日、推定移籍金450万ユーロでフランスASモナコと4年契約を交わした[3]。2006-07シーズン序盤はラズロ・ボロニ監督との不仲も囁かれて不調に陥ったものの、ローラン・バニド監督の就任後は安定したパフォーマンスを発揮した。

FCバルセロナ編集

 
FCバルセロナでプレーするヤヤ・トゥーレ

2007年7月1日スペインリーガ・エスパニョーラプリメーラ・ディビシオンFCバルセロナに移籍金900万ユーロで移籍し、登録名をヤヤ・トゥーレ (Yaya Touré) からトゥーレ・ヤヤ (Touré Yaya) に変更した。FCバルセロナに所属する初のコートジボワール人選手であった。同年夏のジョアン・ガンペール杯インテルと争い、先制点を挙げて5-0でのトロフィー獲得に貢献した。8月26日のリーグ開幕戦・ラシン・サンタンデール戦でデビューした[4]。公式戦での初得点は9月2日のアスレティック・ビルバオ戦であり、UEFAチャンピオンズリーグでの初得点は2007-2008シーズン準々決勝のシャルケ04戦である。2007-2008シーズンは主にMFシャビとMFアンドレス・イニエスタの後ろで中盤のバランスをとるポジションで起用された。

 
FCバルセロナでプレーするヤヤ・トゥーレ(右から4番目)

2008年に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督はヤヤに代えてMFセルヒオ・ブスケツを中盤の底に置くことを好んだため、2008-2009シーズン以降は出場機会が減少したが、2008-2009シーズンの3冠獲得に貢献した。同シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝・マンチェスター・ユナイテッドFC戦ではエリック・アビダルダニエウ・アウヴェスが出場停止処分を受けてディフェンス陣が手薄になっていたことから本職ではないセンターバックとしてプレーしたが、無失点に抑えて優勝に貢献した。クラブでの功績が評価されて2009年にはコートジボワール最優秀選手に選ばれた[5]

マンチェスター・シティFC編集

2010年7月2日、移籍金約2,400万ポンドでイングランドプレミアリーグマンチェスター・シティFCと5年契約を結んだ。週給は22万ポンドに設定され、アフリカ出身の選手としてはプレミアリーグ最高年俸となった[6][7]。なお、マンチェスター・シティには2009年より兄のコロも在籍している。バルセロナで着けていた背番号24はパトリック・ヴィエラが既に着けていたため、24を反対にした背番号42を割り当てられた[8]7月28日、メキシコのクラブ・アメリカとのプレシーズンマッチでデビューし、1-1(PK4-1)で勝利した[9]。8月7日のバレンシアCF戦でホームの観客に顔を見せ、その試合でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた[10]8月14日ホワイト・ハート・レーンで行われたトッテナム・ホットスパーFC戦(0-0)でリーグ戦デビューし[11]、1週間後のリヴァプールFC戦(3-0)ではギャレス・バリーナイジェル・デ・ヨングとともに中盤を形成し、好印象を与えた[12]9月19日ウィガン・アスレティックFC戦で70分にFWカルロス・テベスのアシストから初得点を挙げた[13][14]12月11日ウェストハム・ユナイテッドFC戦では前半に左足のミドルシュートで先制点を決め、後半にはドリブル突破からシュートを放ち、ゴールポストとロバート・グリーンに当たってゴールネットを揺らした[15]2011年1月15日ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦ではFWエディン・ジェコのアシストから得点し、4-3で競り勝った[16]4月16日のマンチェスター・ユナイテッドFCとのFAカップ準決勝では両チーム唯一の得点となる決勝点を挙げ、マン・オブ・ザ・マッチに選出された[7][17]ストーク・シティFCとの決勝でも同じく1-0での決勝ゴールを挙げ、マンチェスター・シティの35年ぶりのタイトル獲得に貢献した[7]。このシーズンはロベルト・マンチーニの下でトップ下として起用され、バルサ時代より攻撃的なプレーが多くなった。チームではカルロス・テベスに次ぐ合計10得点を記録[7]。リーグ戦では35試合に先発出場し8得点を決め、シティの初のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した[7]

2011年12月22日にはシティでの活躍が評価され、アフリカ年間最優秀選手賞を受賞した[18][19]2012年12月21日にはシティを44年ぶりのリーグ優勝に導いたことや、アフリカネイションズカップでコートジボワール代表を準優勝に導いたことが評価され、2年連続のアフリカ年間最優秀選手賞を受賞した。2014年6月、アメリカの経済誌フォーブス世界のアスリートの年収を公表した。ヤヤ・トゥーレの年収は2170万ドル(約22億円)であり、世界のアスリートの中で59位。アフリカ出身のアスリートとしては1位であり、サッカー選手の中では9位である[20]

2013-14シーズンはキャリアハイを大きく上回るパフォーマンスを披露し、プレミアリーグとカップ戦2冠に大きく貢献した。得点数はチーム最多でリーグ全体でも3位となる20ゴールを記録[21]。これはMFとしては稀に見る記録である。2014年夏には自分の誕生日を祝ってもらえなかったとして移籍を志願[22]。しかし、これは年俸つり上げのためだったという見方も多く、結局残留した[23]

2015年1月9日、アフリカ年間最優秀選手を4年連続で受賞した。これは、サミュエル・エトオカメルーン)と並んで歴代トップタイとなっている[24]

2016年9月20日、代表引退を表明したが[25]、これは2017年12月26日に撤回された[26][27][28]

2016-17シーズンよりグアルディオラが監督に就任、当初チャンピオンズリーグのメンバーリストから除外された[29]。またヤヤの代理人が、グアルディオラを批判した為、代理人がグアルディオラに謝罪をしない限りヤヤを起用しないと、グアルディオラは明言。しばらくは全く起用せれない時期が次いた[30]。数週間後ヤヤが直接謝罪をすると、11月16日のクリスタル・パレス戦でスタメンにサプライズ起用され、いきなり2ゴールを決める活躍を見せた[31]。その後はレギュラーとしてプレー、2017年6月1日チームとの契約を1年延長した[32]

2017年9月20日リーグカップウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦で通算300試合に出場した[33]

2018年5月4日、グアルディオラ監督のリーグ戦ハダーズフィールド・タウンFC戦前の記者会見において、クラブ在籍中の実績への賞賛の言葉と共にマンチェスター・シティ退団が発表された[34][35]。ホーム最終戦となるブライトン&ホーヴ・アルビオンFC戦前のグアルディオラ監督の記者会見でも、クラブでの実績とロッカールームでの振る舞いについて賞賛された[36]

オリンピアコス編集

2018年9月2日、オリンピアコスFCに加入することが発表された[37]

青島黄海

2019年7月3日、中国2部リーグの青島黄海に加入した。

人物・エピソード編集

  • 2016年11月29日、飲酒しているにも関わらずアウディを運転したとして、ロンドン東部にて検挙された。当時、基準値の2倍以上となるアルコール量が計測されたという。トゥーレはその後、保釈金を支払って保釈されたものの、この日に裁判所に出廷した。裁判においては「私はイスラム教徒で飲酒していないことはよく知られており、いつもアルコールを拒否している」と主張し、飲酒運転の事実を否定した。また、トゥーレは酒だと知らずにダイエットコーラを飲んだだけだと語ったという。結局、トゥーレには罰金54000ポンド(約780万円)及び18ヶ月間の運転禁止処分が通達された[38]
  • 2017年5月24日、同月22日に発生したマンチェスター・アリーナに於ける爆発物事件の犠牲者に対し、代理人と共に10万ポンド(当時約1450万円)を寄付[39]

個人成績編集

クラブ シーズン リーグ 国内カップ リーグカップ ヨーロッパ その他 合計
ディビジョン 試合 ゴール 試合 ゴール 試合 ゴール 試合 ゴール 試合 ゴール 試合 ゴール
KSKベフェレン 2001–02 ジュピラー 28 0 28 0
2002–03 30 3 30 3
2003–04 12 0 12 0
合計 70 3 70 3
メタルルグ・ドネツク 2003–04 ヴィーシャ・リーハ 11 1 0 0 11 1
2004–05 22 2 4 1 26 3
合計 33 3 4 1 37 4
オリンピアコスFC 2005–06 アルファ・エスニキ 20 3 6 0 26 3
ASモナコ 2006–07 リーグ・アン 27 5 0 0 1 0 28 5
FCバルセロナ 2007–08 プリメーラ 26 1 3 0 9 1 38 2
2008–09 25 2 6 1 12 0 43 3
2009–10 23 1 1 0 8 0 5 0 37 1
合計 74 4 10 1 29 1 5 0 118 6
マンチェスター・シティ 2010–11 プレミアリーグ 35 6 7 3 0 0 8 1 51 10
2011–12 32 6 0 0 0 0 9 3 1 0 42 9
2012–13 32 6 4 1 0 0 5 1 1 1 42 9
2013–14 35 20 4 0 3 3 7 1 49 24
2014–15 29 10 1 0 2 1 5 1 1 0 37 12
2015–16 32 6 0 0 5 1 10 1 47 8
2016–17 25 5 4 2 0 0 2 0 31 7
2017–18 10 0 0 0 4 0 3 0 17 0
合計 230 59 20 6 14 5 49 8 3 1 316 79
キャリア通算 454 77 30 7 15 5 88 10 8 1 595 100

出場大会編集

代表編集


コートジボワール代表国際Aマッチ
出場得点
2004 3 0
2005 2 0
2006 15 1
2007 4 1
2008 10 1
2009 9 2
2010 11 2
2011 5 2
2012 10 1
2013 10 6
2014 10 2
2015 10 1
2016 2 0
通算 102 19

代表での得点編集

 
コートジボワール代表でプレーするヤヤ・トゥーレ

タイトル編集

クラブ編集

ASECミモザ
  • コートジボワール・プレミア・ディビジョン: 2001
オリンピアコスCFP
FCバルセロナ
マンチェスター・シティFC

代表編集

コートジボワール代表

個人編集

脚注編集

  1. ^ Ivorian gamble failed to pay off for Beveren When Saturday Comes、2010年8月10日
  2. ^ Wenger: Passport stopped Yaya Toure signing for Arsenal Sport.co.uk、2010年10月22日
  3. ^ “Yaya Toure agrees Monaco move”. BBC Sport. (2006年8月15日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/africa/4795645.stm 
  4. ^ Racing Santander 0-0 Barcelona ESPN Soccernet、2007年8月26日
  5. ^ トゥーレ・ヤヤがコートジボワール年間MVP Goal.com、2009年6月29日
  6. ^ Yaya: Barcelona to Man City is no step down ESPN Soccernet、2010年8月9日
  7. ^ a b c d e Goal.com50:ヤヤ・トゥーレ(41位) Goal.com 2011年7月31日
  8. ^ Yaya Touré マンチェスター・シティFC公式サイト
  9. ^ Club America 1 Man City 1 (City win 4-3 on pens) : Joe can't take Hart as Shay Given is spot on Daily Mail、2010年7月29日
  10. ^ New-look Manchester City see off Valencia FourFourTwo、2010年8月7日
  11. ^ Tottenham Hotspur 0 - 0 Manchester City”. ESPN Soccernet (2010年8月14日). 2010年8月17日閲覧。
  12. ^ Manchester City v Liverpool – as it happened The Guardian、2010年8月23日
  13. ^ Wigan 0 Manchester City 2: Carlos Tevez shows City how to beat Wigan Mail Online、2010年9月19日
  14. ^ Wigan 0 - 2 Man City BBC Sport、2010年9月19日
  15. ^ West Ham 1-3 City マンチェスター・シティFC公式サイト、2010年12月11日
  16. ^ City 4-3 Wolves マンチェスター・シティFC公式サイト、2011年1月15日
  17. ^ Man City 1 - 0 Man Utd BBC Sport 2011年4月16日
  18. ^ 2011年アフリカ最優秀選手にY・トゥーレ Goal/com 2011年12月23日
  19. ^ マンCのY・トゥーレがアフリカ年間最優秀選手に初選出 SOCCER KING 2011年12月23日
  20. ^ The World's Highest-Paid Athletes Forbes.com 2014年6月発表。
  21. ^ コートジボワール ヤヤ・トゥーレは“日本の脅威” ― スポニチ Sponichi Annex サッカー” (2014年5月14日). 2018年5月24日閲覧。
  22. ^ “英紙報道、Y・トゥーレがマンCに不満…代理人は移籍の可能性示唆 | サッカーキング” (日本語). サッカーキング. (2014年5月20日). https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140520/191506.html 2018年5月24日閲覧。 
  23. ^ 「シティに残りたい」 ヤヤ・トゥーレが残留を明言」『』、2014年7月19日。2018年5月24日閲覧。
  24. ^ [1] Goal/com 2015年1月9日
  25. ^ “Y・トゥーレ、コートジボワール代表引退を表明 W杯では日本と対戦も | サッカーキング” (日本語). サッカーキング. (2016年9月21日). https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20160921/495636.html 2018年5月24日閲覧。 
  26. ^ Yaya Touré on Twitter」『Twitter』。2018年5月24日閲覧。
  27. ^ ヤヤ・トゥーレがコートジボワール代表引退を撤回「次の世代を手助けしたい」 | Goal.com」『』。2018年5月24日閲覧。
  28. ^ “34歳ヤヤ・トゥーレ、コートジボワール代表引退を撤回「この国を愛している」 | サッカーキング” (日本語). サッカーキング. (2017年12月27日). https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20171227/690740.html 2018年5月24日閲覧。 
  29. ^ Man City: Yaya Toure left out of Champions League squad”. BBC Sports (2016年9月2日). 2017年4月23日閲覧。
  30. ^ Pep Guardiola has "humiliated" Yaya Toure with Champions League snub, says Man City outcast's agent” (2016年9月3日). 2017年4月23日閲覧。
  31. ^ Crystal Palace 1-2 Manchester City”. BBC Sports (2016年11月19日). 2017年4月23日閲覧。
  32. ^ “Yaya delighted to extend City stay”. Manchester City. https://www.mancity.com/citytv/interviews/2017/06/01/yaya-toure-signs-one-year-extension-with-man-city/1496315920474 2017年3月1日閲覧。 
  33. ^ ヤヤ・トゥーレ、クラブ通算300試合に出場...クラブ加入後8シーズンで達成 | Goal.com」『』。2018年5月24日閲覧。
  34. ^ トゥーレ、今季終了時に退団へ” (日本語). jp.mancity.com. 2018年5月24日閲覧。
  35. ^ マンC、「レジェンド」ヤヤ・トゥーレの退団を発表。ペップが功績を称える」『フットボールチャンネル』。2018年5月24日閲覧。
  36. ^ グアルディオラ監督、トゥーレのキャリアを称賛” (日本語). jp.mancity.com. 2018年5月24日閲覧。
  37. ^ “Olympiacos FC on Twitter”. Twitter. (2018年9月2日). https://twitter.com/olympiacos_org/status/1036348764787761152 2018年9月4日閲覧。 
  38. ^ Y・トゥーレが飲酒運転で罰金…本人はコーラを飲んだだけと勘違いか サッカーキング 2016年12月14日
  39. ^ ヤヤ・トゥーレが爆発事件の被害者に1450万円を寄付、代理人が発表”. フランス通信社 (2017年5月25日). 2017年6月18日閲覧。

外部リンク編集