ブッチホン

ブッチホンとは、「プッシュホン」のもじりで、当時内閣総理大臣であった小渕恵三の「渕」(ぶち)と電話(telephone/テレフォン)の「フォン」を掛け合わせた造語

総理大臣の小渕が[1]著名人にかけた電話のことを指し[2]、それがあまりにも唐突でフランクなために電話を受けた相手が当惑したという。小渕は国民の支持を獲得するために、国民と同じ目線で話し合えば自分の人間的な考え方への理解が深まるのではないかと考え、国民との接触機会を増やしていた。小渕内閣は発足当初、国民から期待されておらず、新聞や雑誌の論調もきわめて辛辣だったからである[3]。ブッチホンの多くはお礼や相談、情報収集、依頼のためであった。数多くの人にかけただけでなく、秘書を通さず小渕自身がかけたことは異例であった[4]小渕はこの言葉で1999年度の新語・流行語大賞(年間大賞)を受賞している[4]。小渕は、極力電話は自分でかけるようにしていた。なぜなら、「人に与えられた時間というものは決まっている。なのに電話をかけるとき、まず秘書にかけさせる。すると向こうも秘書が出る。それから相手が出て、最後にやっと自分が出る、なんてことをやっていたら一本の電話に四人が使われてしまう。こんなに無駄なことはない」というのが持論だったからである。ブッチホンにより小渕に対する親しみが増したと言われている。こうした努力が実り、発足当初は戦後最低の支持率を記録した小渕内閣は、1999年5月に支持率が不支持率を上回り、同年9月には51%まで上昇した[5]。しかし、ブッチホンを初めとする職務は体に負担をかけ、心臓に持病があった小渕の体は徐々に蝕まれていった。ついに、2000年4月1日、小渕は脳梗塞を発症し、昏睡状態のまま5月14日に生涯をとじた[1]。第20回イノブタダービーで、出走するイノブタのうち1頭に「ブッチホン」と命名したが、小渕の病状悪化にともない「シンキロウ」(由来は森喜朗)に変更した。[要出典]

目次

ブッチホンを受けた人物編集

備考編集

同じ「プッシュホン」からのもじりとしては、ブッシュ米大統領から海部俊樹総理大臣(当時)への電話を意味する「ブッシュホン」が1990年度の新語・流行語大賞で新語部門・銀賞を受賞している。

脚注編集

  1. ^ a b 『首相支配』 126-127頁。
  2. ^ 『首相支配』 121-123頁。
  3. ^ 『首相支配』 118-119・121頁。
  4. ^ a b c d 『首相支配』 122頁。
  5. ^ 『首相支配』 122-123頁。
  6. ^ アエラ 2000年7月3日号 p.29
  7. ^ 毎日新聞 2002年2月7日付 東京朝刊 24面
  8. ^ 毎日新聞 2000年5月15日付 地方版 鹿児島
  9. ^ 毎日新聞 2000年5月15日付 中部朝刊 25面
  10. ^ 毎日新聞 2000年4月6日付 東京朝刊 30面
  11. ^ 毎日新聞 2001年5月24日付 東京朝刊 3面
  12. ^ 毎日新聞 2000年5月24日付 大阪朝刊 16面
  13. ^ 毎日新聞 2000年5月15日付 大阪朝刊 29面
  14. ^ 朝日新聞 2000年4月13日付 朝刊 27面
  15. ^ 読売新聞 2000年5月15日付 大阪朝刊 32面
  16. ^ 朝日新聞 2004年4月22日付 夕刊 1面
  17. ^ 朝日新聞 2003年1月1日付 朝刊 1面
  18. ^ 読売新聞 2000年5月15日付 大阪朝刊 32面
  19. ^ 朝日新聞 2000年3月7日付 朝刊(京都)27面
  20. ^ ブッチホン「ズームイン朝」に乱入スポーツ報知、2000年1月5日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  21. ^ 別冊宝島『昭和・平成「政局」の真実』 宝島社、2016年、89頁。

参考文献編集