メインメニューを開く

第71回選抜高等学校野球大会

第71回選抜高等学校野球大会(だい71かい せんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1999年3月25日(木)から4月4日(日)までの12日間にわたって阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

日本の旗 第71回選抜高等学校野球大会
試合日程 1999年3月25日 - 4月4日
出場校 32校
優勝校 沖縄尚学沖縄、初優勝)
試合数 31試合
開会式司会 井上義敦(福岡香椎高校卒業)
桜田蘭(青森青森明の星高校3年)
入場行進曲長い間』(Kiroro
国歌独唱 市原愛(神奈川北鎌倉女子学園高校卒業)
選手宣誓 山口晃弘(海星)
始球式 有馬朗人文部大臣
閉会式司会 桜田蘭(青森・青森明の星高校3年)
総入場者数 約398,000人(1試合平均12,838人)
最高入場者数/1日 58,000人
大会本塁打 7本塁打
 < 19982000 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

目次

概要編集

今大会から1回戦の2回表と2回裏に両対戦校の校歌が場内放送で流された。また、大会期間中の第1試合前に近畿圏の小中学生による始球式が行われた。

前年夏の大会で採用された新審判服が春の大会にも登場。春は長袖の水色シャツにグレーのスラックスとなり、気候に応じてブレザー・Vジャン・セーターを着用する(セーターは72回大会から、Vジャンは73回大会からそれぞれ登場)。球審は今大会からインサイドプロテクターとなった(一部の球審はアウトサイドプロテクターを使用していた)。

沖縄尚学が沖縄県勢で春夏通じての初優勝を果たした。決勝戦では対戦相手の水戸商応援団を巻き込んでのウェーブが起こった。この関係で沖縄尚学・水戸商両チームにユネスコ・日本フェアプレー賞実行賞が贈られた。

日程編集

  • 3月25日 - 開会式は雨のため開始が予定より1時間遅れの午前10時開始。
  • 3月27日 - 第1試合の長崎日大駒大高は当初1時間半遅れの11時開始の予定だったが、雨が止まないためさらに3時間半遅れの14時開始となった。これに伴い同日第3試合に予定されていた福井商日大三は翌3月28日の第1試合に順延された。
  • 4月4日 - 決勝戦。閉会式。

出場校編集

北海道
東北
  • 東北(宮城、5年ぶり14回目)
  • 金足農(秋田、9年ぶり3回目)
関東
  • 水戸商(茨城、7年ぶり2回目)
  • 高崎商(群馬、初出場)
  • 柏陵(千葉、初出場)
  • 横浜(神奈川、2年連続9回目)
  • 市川(山梨、8年ぶり2回目)
東京
東海
  • 静岡(静岡、19年ぶり14回目)
  • 東邦(愛知、3年ぶり23回目)
  • 海星(三重、6年ぶり2回目)
北信越
近畿
  • 比叡山(滋賀、3年ぶり5回目)
  • 平安(京都、2年ぶり33回目)
  • 峰山(京都、初出場)
  • PL学園(大阪、2年連続18回目)
  • 滝川二(兵庫、3年ぶり3回目)
  • 神戸弘陵(兵庫、5年ぶり4回目)
  • 高田(奈良、44年ぶり2回目)
中国
  • 浜田(島根、17年ぶり4回目)
  • 玉野光南(岡山、9年ぶり2回目)
  • 岩国(山口、2年連続5回目)
四国
九州

組み合わせ・試合結果編集

1回戦-準決勝編集

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月25日(1)            
 東海大三 3
3月30日(2)
 浜田 5  
 浜田 3
3月25日(2)
   沖縄尚学 5  
 沖縄尚学 1
4月2日(1)
 比叡山 0  
 沖縄尚学 4
3月25日(3)
   市川 2  
 市川 2
3月30日(3)
 鳴門工 1  
 市川 8
3月26日(1)
   駒大岩見沢 3  
 駒大岩見沢 14
4月3日(1)・延長12回
 神戸弘陵 5  
 沖縄尚学 8
3月26日(2)
   PL学園 6
 東北 0
3月31日(1)
 玉野光南 2  
 玉野光南 3
3月26日(3)
   PL学園 15  
 横浜 5
4月2日(2)
 PL学園 6  
 PL学園 6
3月27日(1)
   平安 0  
 長崎日大 2
3月31日(2)・延長10回
 駒大高 3x  
 駒大高 7
3月27日(2)
   平安 9  
 東邦 1
 平安 5  
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月28日(1)            
 福井商 2
3月31日(3)
 日大三 5  
 日大三 0
3月28日(2)
   水戸商 3  
 岩国 2
4月2日(3)
 水戸商 4  
 水戸商 4
3月28日(3)・延長10回
   海星 3  
 明徳義塾 3x
4月1日(1)
 滝川二 2  
 明徳義塾 1
3月28日(4)
   海星 5  
 海星 5
4月3日(2)
 九産大九州 4  
 水戸商 11
3月29日(1)・延長12回
   今治西 3
 峰山 1
4月1日(2)
 日南学園 3  
 日南学園 3
3月29日(2)・延長13回
   静岡 0  
 柏陵 5
4月2日(4)
 静岡 7  
 日南学園 5
3月29日(3)・延長10回
   今治西 8  
 金足農 8
4月1日(3)
 今治西 12  
 今治西 7
3月30日(1)・延長14回
   高田 3  
 高崎商 6
 高田 7x  

決勝編集

4月4日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
水戸商 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 7 1
沖縄尚学 0 2 0 0 2 1 2 0 X 7 10 1
  1. (水) : 三橋、安達 - 外山
  2. (沖) : 照屋 - 有銘
  3. [審判](球)桂(塁)清水・杉中・木嶋

大会本塁打編集

  • 第1号:今村春樹(市川)
  • 第2号:小林安治(水戸商)
  • 第3号:加藤光弘(海星)
  • 第4号:上田譲二(今治西)
  • 第5号:高橋隼人(今治西)
  • 第6号:加藤光弘(海星)
  • 第7号:浜田政(沖縄尚学)

備考編集

  • 3月29日の第1試合から、3月30日の第1試合まで4試合連続延長戦となった。

関連項目編集