メインメニューを開く

ブルックス・スティーブン・ブラウンBrooks Steven Brown, 1985年6月20日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州ブロック郡ステーツボロ出身のプロ野球選手投手)。右投左打。現在は、MLBロサンゼルス・ドジャースに所属している。

ブルックス・ブラウン
Brooks Brown
ロサンゼルス・ドジャース(マイナー)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州ブロック郡ステーツボロ
生年月日 (1985-06-20) 1985年6月20日(34歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 ドラフト1巡目(全体34位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名
初出場 2014年7月6日 ロサンゼルス・ドジャース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

2003年、MLBドラフト21巡目(全体637位)でアトランタ・ブレーブスから指名されたが、ジョージア大学へ進学した。

ダイヤモンドバックス傘下時代編集

2006年、MLBドラフト1巡目(全体34位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名され[1]、6月29日に契約。A-級ヤキマ・ベアーズで13試合に登板し、0勝2敗、防御率3.42だった。

2007年はA+級ビサリア・オークスで14試合に登板し、6勝3敗、防御率2.81だった。6月にAA級モービル・ベイベアーズへ昇格。12試合に登板し、4勝4敗、防御率3.66だった。

2008年はAA級モービルで26試合に登板し、6勝15敗、防御率4.18だった。

タイガース傘下時代編集

2009年4月2日にジェームズ・スケルトンとのトレードで、デトロイト・タイガースへ移籍した[2]。移籍後はAA級エリー・シーウルブズで6試合に登板。5勝0敗、防御率2.21と好投し、5月にAAA級トレド・マッドヘンズへ昇格。AAA級では20試合に登板し、3勝13敗、防御率4.71だった。

2010年はAA級エリーで28試合に登板し、12勝9敗2セーブ、防御率4.15だった。

2011年はAA級エリーで17試合に登板し、3勝9敗、防御率5.67だった。

2012年はAAA級トレドで29試合に登板し、4勝4敗、防御率4.90だった。オフの11月12日にFAとなった。

パイレーツ傘下時代編集

2012年11月12日にピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んだ。

2013年はAAA級インディアナポリス・インディアンスで37試合に登板し、6勝5敗、防御率4.75だった。オフの11月5日にFAとなった。

ロッキーズ時代編集

2013年11月15日にコロラド・ロッキーズとマイナー契約を結んだ。

2014年はAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスで開幕を迎え、31試合に登板。1勝0敗6セーブ、防御率4.35だった。7月6日にニック・マセットが故障で離脱したため、ロッキーズとメジャー契約を結んだ[3]。同日のロサンゼルス・ドジャース戦でメジャーデビュー。5点ビハインドの5回表1死から2番手として登板。1.2回を1安打無失点2三振に抑えた[4]。2度目の登板となった7月8日のサンディエゴ・パドレス戦では、1点リードの6回表2死から登板。ブルックス・コンラッドを三振に抑え、初ホールドを記録した[5]

2015年は、開幕時から25人枠に入ったが、右肩痛で5月4日から5月23日まで15日間の故障者リスト入りし、6月17日から15日間の故障者リスト入りした。7月23日にリハビリ登板のためAAA級アルバカーキ・アイソトープスに登録されたが登録期間内に復帰できず8月23日にそのままAAA級アルバカーキに降格した。9月2日に再昇格しレギュラーシーズンを終えた。

ドジャース時代編集

2015年10月14日にウェイバー公示を経てロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[6]。12月4日に40人枠から外れる形でAAA級オクラホマシティ・ドジャースに降格した[7]

選手としての特徴編集

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2014 COL 28 0 0 0 0 0 1 0 5 .000 104 26.0 20 3 5 1 1 21 1 0 9 8 2.77 0.96
2015 36 0 0 0 0 1 3 0 10 .250 147 33.0 32 2 16 0 1 20 2 0 18 18 4.91 1.45
MLB:2年 64 0 0 0 0 1 4 0 15 .200 251 59.0 52 5 21 1 2 41 3 0 27 26 3.97 1.24

背番号編集

  • 51 (2014年 - 2015年)

脚注編集

  1. ^ “Max Scherzer Tops Arizona's First 20 Draft Picks” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Arizona Dimamondbacks), (2006年6月6日), http://arizona.diamondbacks.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20060606&content_id=1491903&vkey=pr_ari&fext=.jsp&c_id=ari 2014年7月10日閲覧。 
  2. ^ “Tigers acquire Brooks Brown from Arizona Diamondbacks” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Detroit Tigers), (2009年4月2日), http://detroit.tigers.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20090402&content_id=4111042&vkey=pr_det&fext=.jsp&c_id=det 2014年7月10日閲覧。 
  3. ^ “Rockies select the contract of RHP Brooks Brown, RHP Nick Masset placed on the 15-day DL” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Colorado Rockies), (2014年7月6日), http://colorado.rockies.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140706&content_id=83334446&vkey=pr_col&c_id=col 2015年12月7日閲覧。 
  4. ^ Scores for Jul 6, 2014” (英語). ESPN (2014年7月6日). 2014年7月10日閲覧。
  5. ^ Scores for Jul 8, 2014” (英語). ESPN (2014年7月8日). 2014年7月10日閲覧。
  6. ^ Steve Dilbeck (2015年10月14日). “Dodgers designate Jim Johnson and claim Brooks Brown from Rockies” (英語). Los Angels Times. http://www.latimes.com/sports/dodgers/dodgersnow/la-sp-dn-dodgers-designate-jim-johnson-20151014-story.html 2015年10月15日閲覧。 
  7. ^ Ken Gurnick (2015年12月4日). “Rockies select the contract of RHP Brooks Brown, RHP Nick Masset placed on the 15-day DL” (英語). MLB.com. 2015年12月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集