メインメニューを開く
ブルックランズ

ブルックランズ (Brooklands ) は、イギリスサリー州ウェイブリッジにかつて存在したサーキット飛行場。サーキットはモータースポーツ専用に建設された世界初の常設コースである[1]

目次

モータースポーツ編集

 
1907年のブルックランズ
 
ブリッツェン・ベンツ
 
ネイピア・レイルトン
 
「メンバーズ・バンキング」の傾斜路

20世紀初頭、グレートブリテン島の公道では20mph(時速32km)という制限速度があり、レースを行うときにはアイルランド島マン島の公道を使用していた。サリー州の男爵家の子息ヒュー・ロック・キングは英国自動車産業の遅れを憂い、私財15万ポンドを投じて、ロンドン南西の領地にコンクリート舗装路面のクローズド・サーキットを建設した。施設は1907年6月17日にオープンし、その土地に小川 (brook) が流れていたことから「ブルックランズ」と命名された[2]

サーキットは1周2.75マイル (4.43km) の楕円形(オーバルトラック)で、反時計回りに周回する。コース幅は100フィート(約30m)と広く、大小のループセクションには「バイフリート・バンキング」と「メンバーズ・バンキング」と呼ばれる高さ30フィート(約9m)のバンクが付けられた。中央にはパドック/メインスタンドを備える「フィニッシング・ストレート」が走り、これを含めると全長3.25マイル (5.23km) になった。完成間近の頃アメリカから視察団が訪れ、彼らはインディアナポリス・モーター・スピードウェイを建設することになる(1909年オープン)[2]

超高速コースという性格上、当地では自動車の限界性能を試すレコードランがよく行われた。開業時には、コース設計の助言者でもあるセルウィン・エッジ (Selwyn Edge) が単身で24時間高速耐久走行に挑み、走行距離1,581マイル (2,544km) 、平均速度66mph (106km/h) で完走した(夜間はコースに数百のランタンを並べて照明にした)[3]1909年11月にはヴィクトール・エメリ (Victor Hémery) が21.5L 直列4気筒エンジンを搭載するブリッツェン・ベンツ (Blitzen Benz) をドライブして、史上初めて200km/hを超える125.946mph (202.691km/h) をマークした(当時は飛行機よりも車のほうが速かった)[4]1935年にはレーサーのジョン・コッブ (John Cobb) が航空機用のネイピア ライオンエンジン(24L W型12気筒)を搭載するネイピア・レイルトン (Napier-Railton) をドライブして、平均速度230.8km/h(最高速度265.5km/h)というブルックランズの永久レコードを樹立した[5]。また、コース脇の丘(テストヒル)の斜面では登坂性能テストが行われた。

競走会としては24時間レースや500マイルレースなどの各種イベントのほか、モーターサイクルのレースも行われた。1926年1927年には、フィニッシング・ストレートに2つの臨時シケインを設けた2.616マイル (4.21km) のレイアウト[6]で、第1回・第2回のイギリスグランプリが開催された。第1回はドラージュを乗り継いだロベール・セネシェルとルイ・ワグナー (Louis Wagner) が優勝した[7]

1937年にはレーサーのマルコム・キャンベルの提唱により、メンバーズ・バンキングのインフィールドに2.25マイル (3.62km) のテクニカルコースが付け加えられ、通称「キャンベル・サーキット」と呼ばれた[8][9]

1939年第二次世界大戦が勃発すると政府に徴用され、軍用機の生産拠点となった(後述)。滑走路造成のためバンクが削られたほか、ドイツ空軍の空襲による被害や、それを避けるためのカモフラージュによってコースの原型が失われていき、終戦後もサーキットとして復活することはなかった。

航空編集

 
第一次世界大戦前のブルックランズ飛行場
 
ブルックランズ博物館所蔵のコンコルド (G-BBDG, "Delta Golf")

ブルックランズはかつてイギリス航空産業の中心地のひとつだった。1908年6月8日には当地でイギリス人が初めて自国で飛行を行ったとされる(詳細はアリオット・ヴァードン・ローを参照)。1910年にはコース内側の平坦な草地にイギリスで最も古い飛行場のひとつが整備され、飛行訓練や試験飛行、展示飛行、エアレースなどが行われた。1911年には世界初の航空旅券販売所が設けられた[10]

第一次世界大戦頃より航空機の生産・開発拠点となり、第二次世界大戦中はハリケーン戦闘機やウェリントン爆撃機などを製造した(ハリケーンの試作機は1935年11月にブルックランズで初飛行を行った[8])。ソッピースヴィッカースホーカーブリティッシュ・エアクラフト・コーポレーション (BAC) 、ブリティッシュ・エアロスペース (BAe) どの現地工場において、のべ250機種18,600機が翼を授けられた[10]。1980年代末に工場は取り壊され、その後はビジネスパークや住宅地に姿を変えている。

現在、敷地内にはブルックランズ博物館 (Brooklands Museum) があり、クラブハウスなどの往年の佇まいを再現し、所蔵する自動車や航空機を公開している。2009年には世界に2基しかないコンコルドフライトシミュレータのうち1基がブリティッシュ・エアウェイズから寄贈され[11]、訪問者は元機長のレクチャー付きで操縦体験をすることができる。2006年にはメルセデス・ベンツの英国拠点「Mercedes-Benz World」もオープンし、かつての飛行場跡地に大型試乗コースが完成した。

備考編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 1903年にはアメリカウィスコンシン州ミルウォーキー・マイルが開業しているが、こちらは競馬場を利用したダートオーバルであり、「舗装された常設サーキット」としてはブルックランズが世界初となる。
  2. ^ a b 高齋、15頁。
  3. ^ "Motoring History 1907-1914". Brooklands Museum. 2013年7月31日閲覧。
  4. ^ 伊東、200頁。
  5. ^ 岡部、187頁。
  6. ^ "サーキット". ESPN F1. 2013年8月1日閲覧。
  7. ^ Martin Williamson / Me "特集:ドライバーが灼熱地獄にさらされた日". ESPN F1.(2010年4月15日)2013年8月1日閲覧。
  8. ^ a b c 岡部、189頁。
  9. ^ 伊東、199頁。
  10. ^ a b "Aviation History - Pioneers". Brooklands Museum. 2013年7月25日閲覧。
  11. ^ "英ブルックランズ博物館にコンコルドのフライトシミュレーターが登場". AFPBB News.(2009年9月4日)2013年8月1日閲覧。
  12. ^ "連載/クルマの楽しさ、素晴らしさとは [第20回]“リキさん”が語る「レースがモータースポーツへと進化した道筋」". 日本自動車工業会.(2009年11月)2013年7月24日閲覧。
  13. ^ "Longest Slot Car Track". Guinness World Records. 2013年7月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集