ブルー 初めての空へ

ブルー/初めての空へから転送)

ブルー 初めての空へ』(原題: Rio )は、2011年アメリカ3DCGによる3Dアニメ映画絶滅危惧種アオコンゴウインコを主人公としたアドベンチャーファンタジー。原題は、物語の舞台であるブラジルリオ・デ・ジャネイロを意味する。3D作品ではあるが、日本では2D上映のみとなった。

ブルー 初めての空へ
Rio
監督 カルロス・サルダーニャ
脚本 ドン・リマー
ジョシュア・スターニン
ジェフリー・ヴェンティミリア
サム・ハーパー
原案 カルロス・サルダーニャ
アール・リッチー・ジョンズ
トッド・ジョーンズ
製作 ブルースアンダーソン
ジョン・C・ドンキン
製作総指揮 クリス・ウェッジ
出演者 ジェシー・アイゼンバーグ
アン・ハサウェイ
音楽 ジョン・パウエル
主題歌 タイオ・クルーズ
撮影 レナート・ファルカン
編集 ハリー・ヒットナー
ランディ・トレイガー
製作会社 20世紀フォックス・アニメーション
ブルースカイ・スタジオ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年4月15日
日本の旗 2011年9月18日 (ラテンビート映画祭)
日本の旗 2013年10月5日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ポルトガル語
製作費 $90,000,000[1]
興行収入 $484,635,760[1]
次作 ブルー2 トロピカル・アドベンチャー
テンプレートを表示

目次

公開編集

2011年3月22日にブラジルファヴェーラにて世界初上映された[2]

アメリカでは2011年4月15日に3826館で公開され、週末興行成績において初登場から2週連続で1位になり、トップ10内には7週間留まった。

日本では当初2011年秋の劇場公開が予定されていたが中止され[3]、第8回 ラテンビート映画祭で2D上映された。同映画祭では『リオ! ブルー 初めての空へ』のタイトルで2011年9月18日(新宿バルト9)、9月23日(T・ジョイ京都)、10月8日(横浜ブルク13)に上映された。2011年12月14日に劇場未公開のままDVDBlu-ray Discが発売されたが、2013年10月5日になって2D日本語吹き替え版のみだが全国のイオンシネマで劇場公開された。

ストーリー編集

アメリカで、本屋を経営している優しい飼い主の下で悠々自適に暮らしていた青いインコ・ブルー。ある日彼は、客として来店した鳥類学者によって絶滅危惧種のインコであることを告げられる。絶滅を防ぐために、飼い主と共に学者の研究所があるブラジルのリオ・デ・ジャネイロに向かうことになる。そこで彼はお嫁さん候補のジュエルと出会うが、彼女はブルーと性格が正反対で強気なインコだったのである。そんな2羽を付け狙う密猟者が出現し…。

キャスト編集

ブルー2 トロピカル・アドベンチャー編集

ブルー2 トロピカル・アドベンチャー』(原題: Rio 2 )は、 2014年アメリカ3DCGによる3Dアニメ映画。『ブルー 初めての空へ』の続編。 アメリカ合衆国では、2014年4月11日に公開された。日本では、2015年3月22日東京アニメアワードフェスティバルで上映された。また、2015年7月3日に日本劇場未公開だが、Blu-ray Disc&DVDで発売された。

ストーリー (ブルー2)編集

キャスト (ブルー2)編集

役名 俳優 日本語吹替 動物
ブルー ジェシー・アイゼンバーグ 山口勝平 アオコンゴウインコ
ジュエル アン・ハサウェイ 恒松あゆみ アオコンゴウインコ
ナイジェル ジェマイン・クレメント 内田直哉 キバタン
ギャビー クリスティン・チェノウェス 小川里永子 ヤドクガエル
ペドロ ウィル・アイ・アム 泉拓真 コウカンチョウ
ロベルト ブルーノ・マーズ 勝杏里 アオコンゴウインコ
エドゥアルド アンディ・ガルシア 土師孝也 アオコンゴウインコ
ミミ リタ・モレノ 滝沢ロコ アオコンゴウインコ
ニコ ジェイミー・フォックス 山路和弘 キイロカナリア
リンダ レスリー・マン 石津彩 ヒト
チュリオ ロドリゴ・サントロ 真殿光昭 ヒト
ラファエル ジョージ・ロペス 宝亀克寿 オオハシ
ルイズ トレイシー・モーガン 伊丸岡篤 イヌ
フェルナンド ジェイク・T・オースティン 本城雄太郎 ヒト

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集