メインメニューを開く

ブレイディ・ロジャース

ブレイディ・ポール・ロジャースBrady Paul Rodgers, 1990年9月17日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州フォートベンド郡リッチモンド英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、フリーエージェント(FA)。

ブレイディ・ロジャース
Brady Rodgers
Brady Rodgers (26527752992) (cropped).jpg
AAA級フレズノ・グリズリーズ時代
(2016年4月23日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州フォートベンド郡リッチモンド英語版
生年月日 (1990-09-17) 1990年9月17日(29歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 MLBドラフト3巡目
初出場 2016年9月3日 テキサス・レンジャーズ
年俸 $507,500 (2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

2009年MLBドラフト39巡目(全体1186位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名されたが、アリゾナ州立大学へ進学。

2012年MLBドラフト3巡目(全体96位)でヒューストン・アストロズから指名され、6月6日に契約。契約後、傘下のA-級トリシティ・バレーキャッツ英語版でプロデビュー。12試合に先発登板して7勝2敗、防御率2.89、49奪三振を記録した。

2013年はA+級ランカスター・ジェットホークスで開幕を迎え、17試合の登板後、6月23日にAAA級オクラホマシティ・レッドホークスへ昇格。同日のオマハ・ストームチェイサーズとのダブルヘッダー第2戦に登板し、5回を5安打1失点に抑えたが、6月26日にA+級ランカスターへ降格した。7月26日にAA級コーパスクリスティ・フックスへ昇格し、ミッドランド・ロックハウンズとのダブルヘッダー第2戦に登板。5回を5安打無失点に抑え、8月1日にA+級ランカスターへ降格した。この年はシーズンの大半をA+級ランカスターで過ごし、A+級ランカスターでは27試合(先発18試合)に登板して10勝8敗1セーブ、防御率5.71、104奪三振を記録した。

2014年はAA級コーパスクリスティとAAA級オクラホマシティでプレー。AA級コーパスクリスティでは26試合(先発17試合)に登板して5勝12敗2セーブ、防御率4.77、87奪三振を記録した。

2015年はAAA級フレズノ・グリズリーズ[2]でプレーし、21試合に先発登板して9勝7敗、防御率4.51、89奪三振を記録した。

2016年も開幕からAAA級フレズノでプレーし、22試合に先発登板して12勝4敗、防御率2.86、116奪三振と好投した。8月31日にパシフィック・コーストリーグの最優秀投手に選ばれた[3]。9月2日にアストロズとメジャー契約を結び[4]、9月3日のテキサス・レンジャーズ戦でメジャーデビュー。3点ビハインドの8回裏から登板したが、2死を取ったものの5安打5失点の乱調で途中降板した[5]。5試合目の登板となった10月2日のロサンゼルス・エンゼルス戦では先発起用されたが、3.2回を5安打4失点3四球と結果を残せず、メジャー初黒星を喫した[6]。この年メジャーでは5試合(先発1試合)に登板して0勝1敗、防御率15.12、3奪三振を記録した。

2017年も開幕からAAA級フレズノでプレーしていたが5月2日、トミー・ジョン手術を受けるため今季の残りシーズンは全休の見込みと報道された[7]

2019年8月22日にDFAとなり、同日中に自由契約となった[8]

投球スタイル編集

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2016 HOU 5 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 48 8.1 15 0 7 0 1 3 0 0 14 14 15.12 2.64
MLB:1年 5 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 48 8.1 15 0 7 0 1 3 0 0 14 14 15.12 2.64
  • 2018年度シーズン終了時

表彰編集

MiLB編集

記録編集

MLB編集

MiLB編集

背番号編集

  • 62(2016年)
  • 52(2019年)

脚注編集

  1. ^ Brady Rodgers Contract Details, Salaries, & Earnings”. spotrac. 2016年10月5日閲覧。
  2. ^ 2015年から2018年までアストロズ傘下
  3. ^ a b Fresno Grizzlies' Brady Rodgers named PCL Pitcher of The Year”. MiLB.com (2016年8月31日). 2016年10月5日閲覧。
  4. ^ Ryan Posner (2016年9月2日). “Rodgers among 1st wave of Astros' callups”. MLB.com. 2016年10月5日閲覧。
  5. ^ a b Scores for Sep 3, 2016”. ESPN (2016年9月3日). 2016年10月5日閲覧。
  6. ^ a b Scores for Oct 2, 2016”. ESPN (2016年10月2日). 2016年10月5日閲覧。
  7. ^ Astros minor leaguer Brady Rodgers has Tommy John surgery; miss remainder of 2017 season”. The Crawfish Boxes (2017年5月2日). 2017年5月19日閲覧。
  8. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年8月23日閲覧。
  9. ^ Brady Rodgers Stats, Fantasy & News”. MLB.com. 2016年10月5日閲覧。
  10. ^ Brady Rodgers Baseball Statistics 2010-2016”. Baseball Cube. 2016年10月5日閲覧。
  11. ^ PCL announces end-of-season All-Stars”. MiLB.com (2016年8月29日). 2016年10月5日閲覧。
  12. ^ Scores for Sep 8, 2016”. ESPN (2016年9月8日). 2016年10月5日閲覧。
  13. ^ Blash, Lamb highlight Cal All-Stars”. MiLB.com (2013年6月7日). 2016年10月5日閲覧。
  14. ^ Pitch Men: Grizzlies net multiple All-Star Selections”. MiLB.com (2016年6月30日). 2016年10月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集