メインメニューを開く

プリヴェ企業再生グループ株式会社(プリヴェきぎょうさいせいグループ)は、日本プライベート・エクイティ・ファンドを営む日本の企業である。

プリヴェ企業再生グループ株式会社
Privée Turnaround Group Company, Limited
種類 株式会社
本社所在地 106-6137
東京都港区六本木六丁目10番1号六本木ヒルズ森タワー37階
設立 1997年8月
業種 その他金融業
法人番号 7010401084031
事業内容 持株会社(投資機関)
代表者 代表取締役CEO 松村謙三
資本金 307億8300万円 (資本余剰金含む)
売上高 連結870億円
総資産 連結1550億円
従業員数 連結1440人
決算期 毎年3月末日
主要株主 松村謙三、資産管理会社 合計で100%保有
主要子会社 神田通信工業株式会社、プリヴェ運輸株式会社(東武運輸プリヴェ株式会社)、Hazuki Company株式会社、プリペット株式会社
外部リンク http://www.privee-g.com/
テンプレートを表示

社名のプリヴェは「私的な」を意味するフランス語で、富裕層向けのプライベートバンクをイメージして付けられた。以前は「プリヴェチューリッヒ」とスイスの都市・チューリッヒの名も冠していた。

目次

沿革編集

1997年8月 - 松村謙三がプリヴェチューリッヒ証券株式会社を設立。

2002年12月 - プリヴェチューリッヒ企業再生株式会社を設立。

2003年5月 - 富士通から神田通信工業株式会社を買収[1]

2003年8月 - プリヴェチューリッヒ企業再生グループ株式会社を設立。

2004年4月 - 日産自動車から静岡日産自動車株式会社、三河日産自動車株式会社を買収[2]

2004年9月 - 東武鉄道から株式会社東武運輸栃木及び株式会社東武運輸新潟を買収。東武鉄道は5%継続保有[3]

2005年5月 - 株式会社東武運輸栃木と株式会社東武運輸新潟は合併し、翌年社名を東武運輸プリヴェ株式会社へ変更。

2006年7月 - 自動車販売関連事業(静岡日産自動車株式会社、三河日産自動車株式会社)を売却[2]

2007年11月 - タカラトミーから株式会社エー・ジーを買収[4]

2009年10月 - 商号をプリヴェ企業再生グループ株式会社へ変更。

2012年7月 - 本社を東京都港区六本木ヒルズ森タワーに移転。

2014年10月 - 東武運輸プリヴェ株式会社はプリヴェ運輸株式会社へ商号変更。

2017年9月 - プリヴェAG株式会社はHazuki Company株式会社へ商号変更[5]

子会社化した企業編集

  • 神田通信工業
東証2部に上場していた携帯電話(富士通にらくらくホンOEM供給)、無線通信機器、医療機器メーカー。2003年5月に富士通から買収[1]
プリヴェチューリッヒ企業再生グループへの株式移転により2003年8月25日上場廃止[6]
  • 東武運輸プリヴェ
2004年9月22日東武鉄道から東武運輸栃木と東武運輸新潟を買収(東武鉄道は5%ずつ継続保有)[3]
2005年5月1日に両社を合併させて、東武運輸プリヴェチューリッヒとする。2006年5月24日に東武運輸プリヴェに商号変更。2014年10月に現商号に社名変更。
2004年日産自動車から買収した自動車販売店。2006年7月3日VTホールディングスの子会社・VTキャピタルに株式を売却[2]
2007年タカラトミーから買収。社名をエー・ジーからプリヴェAGに変更[7]2017年に現商号に社名変更。
  • イー・レヴォリューション
2007年9月28日10月26日タカラトミー持分法適用関連会社であるイー・レヴォリューションへのTOBを実施したうえで、11月1日に同社の第三者割当増資を引き受けて買収を完了[4]

出典編集

外部リンク編集