メインメニューを開く

ヘイトブリーダー

チルドレン・オブ・ボドムのアルバム

ヘイトブリーダー』(Hatebreeder)は、フィンランドメロディックデスメタルバンドチルドレン・オブ・ボドム1999年に発表した2作目のスタジオ・アルバム

ヘイトブリーダー
チルドレン・オブ・ボドムスタジオ・アルバム
リリース
録音 1998年12月 - 1999年1月[1] Astia-Studio
ジャンル メロディックデスメタル
パワーメタル
レーベル スパインファーム・レコード
プロデュース Anssi Kippo
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 6位(フィンランド[2]
  • 76位(ドイツ[3]
  • 83位(日本[4]
  • チルドレン・オブ・ボドム アルバム 年表
    サムシング・ワイルド
    (1997年)
    ヘイトブリーダー
    (1999年)
    東京戦心〜トーキョー・ウォーハート
    (1999年)
    ミュージックビデオ
    「Downfall」 - YouTube
    テンプレートを表示

    背景編集

    収録曲「チルドレン・オブ・ボドム」は、1998年にCryhavoc及びWizzardとのスプリット・シングルとしてリリースされた曲で[5]、バンドは同作により、フィンランドのシングル・チャートで自身初の1位を獲得する[6]。ただし、本作には別ヴァージョンが収録された[7]

    アレキシ・ライホは1998年よりシナジーのメンバーとしても活動しており[8]、本作のレコーディングに先行して、1998年10月から11月にはシナジーのアルバム『ビウェア・ザ・ヘヴンズ』のレコーディングに参加している[9]。また、本作収録曲「サイレント・ナイト、ボドム・ナイト」はシナジーのキンバリー・ゴスが作詞した。

    アルバム・タイトルは当初『Towards Dead End』となる予定だったが、最終的には『Hatebreeder』に変更された[10]

    ボーナス・トラックの「ノー・コマンズ」は、後にチルドレン・オブ・ボドムのメンバーとなるローペ・ラトヴァラが在籍していたバンド、ストーンのアルバム『Stone』(1988年)に収録されていた曲のカヴァー[11]。また、再発CDで追加されたアイアン・メイデンのカヴァー「エイセズ・ハイ」は、スパインファーム・レコードからリリースされたコンピレーション・アルバム『Metal Rocks』(2001年)に収録されていた[12]

    反響編集

    本作に先行してリリースされたシングル「ダウンフォール」はフィンランドのシングル・チャートで初登場2位となり、翌週より2週連続で1位を獲得[13]。そして本作はフィンランドのアルバム・チャートで初登場12位となり、翌週には6位に達して、8週連続でトップ40入りした[2]

    ドイツのアルバム・チャートでは76位を記録し、初のトップ100入りを果たす[3]。また、日本のオリコンチャートでは83位となり、やはり初のトップ100入りを果たした[4]

    収録曲編集

    特記なき楽曲はアレキシ・ライホ作。

    1. ウォーハート - Warheart - 4:06
      イントロはアレキシ・ライホお気に入りの映画アマデウスをサンプリングしたもの。
    2. サイレント・ナイト、ボドム・ナイト - Silent Night, Bodom Night - 3:12
      • 作詞:キンバリー・ゴス/作曲:アレキシ・ライホ
    3. ヘイトブリーダー - Hatebreeder - 4:20
    4. ベッド・オブ・レイザース - Bed of Razors - 3:55
    5. トワーズ・デッド・エンド - Towards Dead End - 5:07
    6. ブラック・ウィドウ - Black Widow - 3:45
    7. ラス・ウィズイン - Wrath Within - 3:52
    8. チルドレン・オブ・ボドム - Children of Bodom - 5:13
    9. ダウンフォール - Downfall - 4:40

    ボーナス・トラック編集

    日本初回盤(TFCK-87180)には10.のみ収録。2008年のヨーロッパ盤再発CDや2012年の日本盤SHM-CDには12.も追加された。

    1. ノー・コマンズ - No Commands - 4:49
    2. エイセズ・ハイ - Aces High - 4:27

    参加ミュージシャン編集

    脚注・出典編集