メインメニューを開く

アレクザンダー・クオファラ (アレクサンデル・クオッパラとも、Alexander Kuoppala1974年4月11日 - )は、フィンランドヘヴィメタルミュージシャン (ギタリスト)。フィンランドのメロディックデスメタルバンドチルドレン・オブ・ボドムリズムギタリストとして1997年から2003年まで活動していた[1]。チルドレン・オブ・ボドムでは、1stアルバム『Something Wild』から4thアルバム『Hate Crew Deathroll』まで参加した[2][3][4][5]。また、チルドレン・オブ・ボドム脱退後には、ティモ・ラウティアイネン英語版のソロプロジェクトにも参加した[6]

アレクザンダー・クオファラ
Alexander Kuoppala
AlexanderKuoppala.jpg
基本情報
出生名 Alexander Kuoppala
生誕 (1974-04-11) 1974年4月11日(45歳)
出身地  フィンランド ウーシマー州
ウーシマー県 エスポー
ジャンル メロディックデスメタル
パワーメタル
ヘヴィメタル
職業 ギタリスト
作曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1995年 -
共同作業者 チルドレン・オブ・ボドム
ティモ・ラウティアイネン英語版
ヴァロンカンタヤト

略歴編集

フィンランド南部の街、エスポー出身。1995年Inearthedリズムギタリストとして加入。加入後、1枚のデモテープに参加する。1997年にInearthedがチルドレン・オブ・ボドムに改名した後も同バンドのリズムギタリストとして在籍。その後、2003年まで同バンドのリズムギタリストを務め、4枚のアルバムに参加した。4枚目のアルバム『Hate Crew Deathroll』のリリース後、チルドレン・オブ・ボドムは初の長期ツアーに出ることになる。このツアーは、2003年に始まり2004年末頃まで続く、非常に長期なものであった。このツアーでは、多くのライヴのチケットが完売しており、北米でのより強い地固めと目されていた。しかし、このツアーでは、予想外のアナウンスも行われた。それは、クオファラがツアー中盤に個人的な理由でチルドレン・オブ・ボドムから脱退するというもので、予告もなく行われた。あるインタビューで、バンドリーダーのアレキシ・ライホは、クオファラの脱退について次のように述べている。

そうだな、俺は彼の事について話すときに気を付けているんだ。何故なら、俺たちの間に憎悪とかはないんだ。彼はツアー生活、つまり、ホテルやツアーバスで生活するようなバンド/ロックンロールライフスタイルが嫌になったと俺に話したんだ。彼はその生活にとてものめり込んでいたから、俺には、それがとても奇妙だったよ。彼は、頑固なロックンローラーだったんだが、突然そのライフスタイルを180度転換したんだ。この全ての状況は、新しいガールフレンドを伴っていたんだ。[7]

クオファラの脱退後、ライホとシナジーで活動を共にしていたローペ・ラトヴァラがセッションとして参加し、2004年に後任として正式に加入した。

2005年には、ティモ・ラウティアイネン英語版のソロプロジェクトに参加。1stアルバム『Sarvivuori』に参加している。

その後、同ソロプロジェクトを脱退。長らく目立った活動は行っていなかったが、2017年にウーシマー県出身のヘヴィメタルバンド、ヴァロンカンタヤト (Valonkantajat)に加入し、約10年ぶりに音楽業界に復帰した[8]

ディスコグラフィ編集

チルドレン・オブ・ボドム編集

アルバム
ライブ・アルバム
ベスト・アルバム
  • 2003年 ベストブリーダー'97〜'00 - Bestbreeder From 1997 To 2000
Inearthed名義
  • 1996年 Shining (Demo)

ティモ・ラウティアイネン編集

アルバム
  • 2006年 Sarvivuori

ゲスト参加編集

  • 2002年 Norther - Released (Single)
  • 2009年 Deals Death - Internal Demons

脚注編集

  1. ^ Ankeny, Jason. “Biography-Children of Bodon”. Allmusic. 2010年1月24日閲覧。
  2. ^ Credits Something Wild”. Allmusic. 2010年1月24日閲覧。
  3. ^ Jeffries, Vincent. “Overview Hatebreeder”. Allmusic. 2010年1月24日閲覧。
  4. ^ Credits Follow the Reaper”. Allmusic. 2010年1月24日閲覧。
  5. ^ "Credits Hate Crew Deathroll". Allmusic.
  6. ^ Lindroos, JT. “Biography-Timo Rautiainen”. Allmusic. 2010年1月24日閲覧。
  7. ^ Interview with Children of Bodom's ALEXI LAIHO”. Metal-Rules.com. 2011年11月6日閲覧。
  8. ^ https://www.facebook.com/Valonkantajat/photos/a.215163201874351/1322163067841020/?type=3&theater 2018年9月30日閲覧。