ヤスカ・ラーチカイネン

ヤスカ・W・ラーチカイネン (Jaska W. Raatikainen、本名:ヤスカ・イルマリ・ラーティカイネン (Jaska Ilmari Raatikainen)、1979年7月18日 - )は、フィンランドヘヴィメタルミュージシャン (ドラマー)。メロディックデスメタルバンドチルドレン・オブ・ボドムのドラマーとして著名。

ヤスカ・W・ラーチカイネン
Jaska W. Raatikainen
Jaska Raatikainen - Ilosaarirock 2009.jpg
チルドレン・オブ・ボドム - フィンランド公演 (2009年7月)
基本情報
出生名 ヤスカ・イルマリ・ラーティカイネン
(Jaska Ilmari Raatikainen)
生誕 (1979-07-18) 1979年7月18日(38歳)
 フィンランド
キュミ州 ラッペーンランタ
出身地  フィンランド
ウーシマー州 エスポー
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
メロディックデスメタル
パワーメタル
スラッシュメタル
プログレッシブ・メタル
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムス
キーボード
活動期間 1993年 - 現在
共同作業者 チルドレン・オブ・ボドム
Gashouse Garden
Virtuocity
Evemaster
Inearthed
スコット・トラヴィス
ミッキー・ディー

目次

略歴編集

フィンランド南東の都市、ラッペーンランタで生まれる。その後、エスポーに移っている。最初に始めた楽器はピアノで、9歳の頃からフレンチホルンを演奏するようになった[1]。この頃、後にチルドレン・オブ・ボドムでともに活動するアレクザンダー・クオファラに出会っている。12歳でドラムスを演奏するようになった。

そして、12歳か13歳の頃に学校でアレキシ・ライホと出会う[1]。アレキシとはその後、コピーバンドを結成し活動を始める。当時は、ガンズ・アンド・ローゼズなどのメタル系バンドの曲を主に演奏していた[1]。それから2年ほど後に、オリジナル曲を書き始める。1993年に、アレキシらとInearthedを結成。1994年には、1stデモ『Ubiquitous Absence of Remission』をリリースしているが、同デモではキーボードも担当していた。Inearthedは、後にチルドレン・オブ・ボドムChildren Of Bodom)へバンド名を改名し、デビューする。同バンドでは、ドラマーを務め、現在に至っている。 チルドレン・オブ・ボドムでの活動は、同バンドの項を参照。

チルドレン・オブ・ボドムの2ndアルバム、『Hatebreeder』のレコーディング後、シンバルセイビアンドラムソナーとエンドーズ契約した。その後、ソナーとのエンドーズ契約は失効し、別のドラムを使っていた。2003年に、パールと新たにエンドーズ契約を行っている。また、ドラムスティックプロマークのcustom Millennium IIで、ヤスカの名前が刻印されている。

チルドレン・オブ・ボドム以外のバンドでも活動しており、ドラマーを必要とするバンドのヘルプを行うこともある。2000年に、アレキシの参加するシナジーのドラマー、トミー・リルマンが足の怪我でツアーに参加できなくなった際、その代役を務めた。トミーの怪我は、ツアー開始の3日前に起こったことで、ヤスカは3日の間にシナジーの楽曲10曲をマスターする必要があったが、ヤスカはそれをやり遂げ、ツアーも成功を収めた。

また、VirtuocityEvemasterというスタジオバンドでは、セッションドラマーとしてアルバムに参加している。Virtuocityでは、1stアルバム『Secret Visions』に参加した。Evemasterは、バトルローで活動するトミ・ミッカネンが中心のバンドで、2ndアルバム『Wither』と1stアルバムのリレコーディング盤『MMIV Lacrimae Mundi』でヤスカはドラムを演奏している。チルドレン・オブ・ボドムのライブDVD『Chaos Ridden Years - Stockholm Knockout Live』のメンバー写真でヤスカはEvemasterのバンドロゴが入ったTシャツを着ている。

 
若き日のヤスカ (2002年)
 
チルドレン・オブ・ボドム - ドイツ公演 (2016年)

2002年には、デスメタルを代表するバンド (プロジェクト)の一つ、デスチャック・シュルディナートリビュートで、ノーサーと2曲のカバーを演奏した。ヤスカはデスのファンでもある。2003年に前述のノーサーのギタリストクリスティアン・ランタとサイドプロジェクトとしてパワーメタルバンド、Gashouse Gardenを結成。同バンドには、ヤスカ、クリスティアンに加えて現ストラトヴァリウスベーシストラウリ・ポラーも参加していた。しかし、同プロジェクトは2003年にデモを1枚リリースしたのみで、2006年には活動を停止している。

更に、音楽活動以外に俳優活動を行ったこともある。2000年にはフィンランドのソープ・オペラ (Siamin Tyttö)のディレクターに依頼されて、ドラマのスペシャル・パートに出演した。ヤスカが演じたのは、ラウリ (Rauli)というキャラクターで、そのキャラクターが死ぬまでの3つのエピソード出演した。ヤスカによると、俳優業に夢はあるが、現在は俳優として活動する予定はないという。

家族には、ヤスカの他にもミュージシャンがいる。実兄のユッシ・ラーチカイネンは、メロディックデス/パワーメタルバンド、エクセクレイタスのドラマーとして活動している。同バンドの、1stアルバム『Tainted Dreams』は日本盤もリリースされている。また、実弟のユリウス・ラーチカイネンは、メロディックデスメタルバンド、Kaunaでドラマーとして活動している。つまり、兄弟3人がメロディックデスメタルバンドでドラマーとして活動している。

ディスコグラフィー編集

チルドレン・オブ・ボドム編集

アルバム
EP
  • 2004年 Trashed, Lost & Strungout
ライブ・アルバム
  • 1999年 Tokyo Warhearts - Live In Japan 1999
  • 2006年 Chaos Ridden Years
ベスト・アルバム
コンピレーション
  • 2009年 Skeletons In The Closet
映像作品
  • 2006年 Chaos Ridden Years - Stockholm Knockout Live

その他編集

  • 2002年 Virtuocity - Secret Visions
  • 2003年 Evemaster - Wither
  • 2005年 Evemaster - MMIV Lacrimae Mundi

脚注編集

  1. ^ a b c チルドレン・オブ・ボドム『Chaos Ridden Years - Stockholm Knockout Live』ドキュメンタリーのインタビューより

外部リンク編集