ヘクター・アルモンテ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルモンテ第二姓(母方の)はモレータです。

ヘクター・ラダメス・アルモンテ・モレータHéctor Radhames Almonte Moreta[1]1975年10月17日 - )は、ドミニカ共和国出身の元プロ野球選手投手)。エリック・アルモンテの実兄にあたる。台湾球界での登録名は、海克特

ヘクター・アルモンテ
Héctor Almonte
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 (1975-10-17) 1975年10月17日(44歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1993年
初出場 MLB / 1999年7月26日
NPB / 2001年7月1日
CPBL / 2008年8月1日
最終出場 MLB / 2003年9月28日
NPB / 2002年10月4日
CPBL / 2008年9月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

1993年フロリダ・マーリンズと契約し、1999年7月26日メジャーデビュー。

マーリンズの3Aに所属していた2001年、シーズン当初から投壊にあった読売ジャイアンツが6月21日に獲得を発表した。

来日直後の6月28日2軍・湘南シーレックス戦で、ストレートは157キロを記録した。1年目は一軍でも152キロを記録するなど、守護神として期待を集めた。しかし、球にキレがないのかその割には奪三振率は高くなく、さらにコントロールが悪い、球種が少ない(スライダーチェンジアップのみ)、決め球がないなどと欠点を露呈し試合を壊した。内野二塁打という珍しいヒットも打たれてしまった事がある。

当然、2年契約にも関わらず1年での解雇が決定的だったが、鹿取義隆ヘッドコーチの期待もあり残留が決まる。だが2年目も変化はなく、(決め球がないため)とにかくストレートで押すだけという投球内容だったが、コントロールに若干の改善が見られたためか強引ながら何とか抑え込んだ。終わってみれば1セーブ防御率1.50だったが、主にビハインドの場面の登板が多く、首脳陣の信頼を得ることはできず、2年契約の満了に伴い2002年シーズン終了後の11月12日に退団が発表された。

メジャー復帰後はボストン・レッドソックスモントリオール・エクスポズなどでプレー。

その後は、主に独立リーグなどでプレー。2008年アトランティックリーグでプレーした後、7月21日に台湾中華職業棒球大聯盟米迪亜ティー・レックスに移籍した。

現在は、ゴールデンベースボールリーグのチームでコーチを務めている。

エピソード編集

投球だけではなくその変わった言動で注目を集めた。特に1年目、調子が悪いと「オレはまだ眠っている」と根拠のない言い訳、さらには「160キロを出す」と宣言をした。

1年目は不振ですぐに二軍落ちとなったが、オーナーから「ヤクルトはペタジーニで、どうしてうちはアルモンテなんだ」と名指しで他球団の優良助っ人と比較され批判を受けた。

登板の際には「リラックスするためのおまじない」と、「ドカベン」の岩鬼正美を彷彿させるような、口に葉っぱをくわえてマウンドに挙がった。ちなみに、アルモンテのくわえていた葉っぱはジャイアンツ球場のブルペン脇で採った「スズメノカタビラ」である[2]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1999 FLA 15 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 67 15 20 1 6 2 0 8 2 0 7 7 4.20 1.73
2001 巨人 4 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 19 3.2 5 0 3 0 0 5 1 0 4 3 7.36 2.18
2002 27 0 0 0 0 0 0 1 -- .000 96 24 18 2 7 1 2 18 1 0 4 4 1.50 1.04
2003 BOS 7 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 39 7.2 9 1 7 1 0 6 1 0 7 7 8.22 2.09
MON 28 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 137 29 34 4 17 2 2 26 5 0 22 22 6.83 1.76
'03計 35 0 0 0 0 1 2 0 -- .333 176 36.2 43 5 24 3 2 32 6 0 29 29 7.12 1.83
2008 米迪亜 10 0 0 0 0 0 0 3 0 ---- 50 10.1 9 2 7 0 1 13 0 0 4 3 2.61 1.55
MLB:2年 50 0 0 0 0 1 4 0 -- .200 243 51.2 63 6 30 5 2 40 8 0 36 36 6.27 1.80
NPB:2年 31 0 0 0 0 0 1 1 -- .000 115 27.2 23 2 10 1 2 23 2 0 8 7 2.28 1.19
CPBL:1年 10 0 0 0 0 0 0 3 0 ---- 50 10.1 9 2 7 0 1 13 0 0 4 3 2.61 1.55

年度別守備成績編集



投手(P)












1999 FLA 15 1 3 0 1 1.000
2003 BOS 7 1 0 0 0 1.000
MON 28 1 3 0 0 1.000
'03計 35 2 3 0 0 1.000
MLB 50 3 6 0 1 1.000

記録編集

NPB

背番号編集

  • 59 (1999年)
  • 61 (2001年途中 - 2002年)
  • 58 (2003年)
  • 59 (2003年)
  • 34 (2008年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ウェイン・グラシック『2002 JAPAN PRO BASEBALL - 英語版 日本プロ野球メディアガイド』日本洋書販売、2002年、ISBN 9784901178778
  2. ^ 巨人中毒より

関連項目編集

外部リンク編集