メインメニューを開く

ヘルクレス座14番星(14 Herculis)は、ヘルクレス座の方向約59光年の距離にあるK型主系列星である。等級が低いため、肉眼では見ることが出来ない。ヘルクレス座14番星は、2つの太陽系外惑星を持つと考えられている。

ヘルクレス座14番星
14 Herculis
星座 ヘルクレス座
視等級 (V) 6.67[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 16h 10m 24.31383s[1]
赤緯 (Dec, δ) +43° 49′ 03.5264″[1]
視線速度 (Rv) -13.731 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 131.83 ミリ秒/[1]
赤緯: -297.54 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 56.91 ± 0.34 ミリ秒[1]
距離 57.3 光年
(17.6 パーセク
絶対等級 (MV) 5.44
物理的性質
半径 0.93 R[2]
質量 0.98 M[2]
表面重力 31 G[2]
光度 0.64 L[2]
表面温度 5,349 K[2]
色指数 (B-V) 0.88
色指数 (U-B) 0.67
金属量[Fe/H] 0.43[3]
年齢 3.6 ×109[2]
別名称
別名称
Gl 614, HD 145675, HIP 79248
Template (ノート 解説) ■Project

特徴編集

大きさの比較
太陽 ヘルクレス座14番星
   

ヘルクレス座14番星はK0Vのスペクトル型を持つK型主系列星である。太陽と比べ、質量は約98%、半径は約93%、光度は約64%と推定されている。を豊富に含み、水素よりも原子量が大きい元素は、太陽の約2.7倍も多い。

惑星系編集

1998年に、ヘルクレス座14番星を公転する太陽系外惑星が見つかり、ヘルクレス座14番星bと命名された[4]公転周期4.8年で、離心率が0.37と細長い楕円軌道を取る[5]2005年には、2つめの惑星の存在の可能性が指摘され、ヘルクレス座14番星cと名付けられた[6]。この惑星cのパラメータ等はかなりの誤差があり、大きく見積もった場合は褐色矮星サイズにもなるが[7]、発見者グループによる最も精密な予想によれば、内側の惑星と5:1から6:1の共鳴軌道上にあり、ヘルクレス座14番星から約9天文単位のところを約27年かけて公転しているとみられる[8]

ヘルクレス座14番星の惑星[5][8]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b > 4.64 ± 0.19 MJ 2.77 ± 0.05 1773.4 ± 2.5 0.369 ± 0.005
c > 7.679 MJ 9.037 9886 0.184

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 14 Her -- High proper-motion Star”. SIMBAD. CDS. 2017年5月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Bonfanti, A.; et al. (2015-03), “Revising the ages of planet-hosting stars”, Astronomy and Astrophysics 575: A18, Bibcode2015A&A...575A..18B, doi:10.1051/0004-6361/201424951 
  3. ^ Santos, N. C.; et al. (2013-08), “SWEET-Cat: A catalogue of parameters for Stars With ExoplanETs. I. New atmospheric parameters and masses for 48 stars with planets”, Astronomy and Astrophysics 556: A150, Bibcode2013A&A...556A.150S, doi:10.1051/0004-6361/201321286 
  4. ^ Mayor, M.; et al. (1998-06). “Searching for giant planets at the Haute-Provence Observatory”. In Hearnshaw, J. B. and Scarfe, C. D.. Precise Stellar Radial Velocities. IAU Colloquium 170. San Francisco: Astronomical Society of the Pacific 
  5. ^ a b Wittenmyer, Robert A.; Endl, Michael; Cochran, William D. (2007-01). “Long-Period Objects in the Extrasolar Planetary Systems 47 Ursae Majoris and 14 Herculis”. Astrophysical Journal 654 (1): 625-632. Bibcode2007ApJ...654..625W. doi:10.1086/509110. 
  6. ^ Goździewski, Krzysztof; Konacki, Maciej; Maciejewski, Andrzej J. (2006-07). “Orbital Configurations and Dynamical Stability of Multiplanet Systems around Sun-like Stars HD 202206, 14 Herculis, HD 37124, and HD 108874”. Astrophysical Journal 645 (1): 688-703. Bibcode2006ApJ...645..688G. doi:10.1086/504030. 
  7. ^ Rodigas, Timothy J.; et al. (2011-05), “Direct Imaging Constraints on the Putative Exoplanet 14 Her C”, Astrophysical Journal 732 (1): 10, Bibcode2011ApJ...732...10R, doi:10.1088/0004-637X/732/1/10 
  8. ^ a b Goździewski, Krzysztof; Migaszewski, Cezary; Konacki, Maciej (2008-04), “A dynamical analysis of the 14 Herculis planetary system”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 385 (2): 957-966, Bibcode2008MNRAS.385..957G, doi:10.1086/504030 

関連項目編集

外部リンク編集

座標:   16h 10m 24.31383s, +43° 49′ 03.5264″