メインメニューを開く

梅光学院大学(ばいこうがくいんだいがく、英語: Baiko Gakuin University.)は、山口県下関市向洋町1-1-1に本部を置く日本私立大学である。1967年に設置された。大学の略称梅光(ばいこう)、梅大(ばいだい)。 大学最寄駅はJR幡生駅下関駅

梅光学院大学
梅光学院大学 (山口県) 山口県の地図を表示 梅光学院大学 (日本) 日本の地図を表示

梅光学院大学の位置(山口県内)
梅光学院大学
梅光学院大学 (山口県)
梅光学院大学の位置(日本内)
梅光学院大学
梅光学院大学 (日本)
大学設置 1967年
創立 1872年
学校種別 私立
設置者 学校法人梅光学院
本部所在地 山口県下関市向洋町1-1-1
北緯33度58分3.20秒 東経130度55分57.20秒 / 北緯33.9675556度 東経130.9325556度 / 33.9675556; 130.9325556座標: 北緯33度58分3.20秒 東経130度55分57.20秒 / 北緯33.9675556度 東経130.9325556度 / 33.9675556; 130.9325556
キャンパス 東駅キャンパス
学部 文学部
子ども学部
研究科 文学研究科
ウェブサイト 梅光学院大学公式サイト
テンプレートを表示

目次

沿革編集

(沿革節の主要な出典は公式サイト[1]

 
東山学院 旧スチイル記念学校 スタージェス・セミナリー 手彩色絵葉書
  • 1891年 - 光塩英学校と光陵女学校が合併し、山口英和女学校となる
  • 1892年 - 山口英和女学校が光城女学院と改名される
  • 1914年 - 梅香崎女学校と光城女学院が合併して下関梅光女学院が誕生
  • 1941年 - 財団法人下関梅光女学院設立
  • 1951年 - 学校法人梅光女学院設立
  • 1964年 - 東駅キャンパス(現在地)に梅光女学院短期大学開学(英米文学科)
  • 1965年 - 梅光女学院短期大学に日本文学科を設置
 
梅ヶ峠キャンパス
  • 1967年 - 梅光女学院大学開学。梅ヶ峠キャンパス(下関市吉見妙寺町・JR山陰本線梅ケ峠駅付近)に文学部日本文学科、英米文学科を開設
  • 1976年 - 大学院修士課程開設
  • 1978年 - 大学院博士後期課程(博士課程)開設
  • 1982年 - 文学部に英米語学科を増設
  • 1999年 - 文学部英米語学科を改組し、現代コミュニケーション学部現代コミュニケーション学科開設
  • 2001年 - 梅光学院大学と改称し、男女共学となる。同時に設置法人名称も学校法人梅光学院に、梅光女学院短期大学は梅光学院大学女子短期大学部と改称
  • 2003年 - 梅ヶ峠キャンパスから東駅キャンパスへ大学・大学院移転完了。
  • 2005年 - 子ども学部子ども未来学科を新設。現代コミュニケーション学部を国際言語文化学部(英米語学科、東アジア言語文化学科)に改称。梅光学院大学女子短期大学部の募集を停止
  • 2006年 - 梅光学院大学女子短期大学部閉学
  • 2007年 - 子ども学部に小学校教員課程を新設
  • 2009年 - 文学部英米文学科と国際言語文化学部の英米語学科を改組・再編し、国際言語文化学部に英語英文学科を開設
  • 2014年 - 下関開学100年記念式典を挙行
  • 2015年 - 文学部と国際言語文化学部を改組し、文学部人文学科を開設
  • 2017年 - 梅光学院大学開学50周年

特徴編集

  • 九州・中国地方の文化の研究を目的とした「地域文化研究所」がある。
  • 高校などの文芸部を対象とした「全国『高校文芸誌(及び文芸創作)』コンクール」を主催している。
  • キリスト教主義である。
  • 幼・小・中(国、英)・高(国、書、英)の教員免許、保育士免許が取得できる課程を設けている。
  • 図書館司書の資格が取得できる課程を設けている。

学部・学科編集

  • 文学部
    • 人文学科
      • 日本文学・文芸創作専攻
      • 地域文化専攻
      • 英語コミュニケーション専攻
      • 国際ビジネスコミュニケーション専攻
      • 東アジア言語文化専攻(中国語・韓国語)
  • 子ども学部
    • 子ども未来学科
      • 児童教育専攻
      • 幼児保育専攻

大学院編集

※各専攻の博士前期課程には、修士の学位が授与される「文学修士コース」、「教職修士コース」と、修士の学位を必要としない人のための「教職コース」が設置されている。

附置研究所・センター等編集

  • キリスト教教育センター
  • アルス梅光(生涯学習推進室)
  • 図書館
  • 博物館(山口県指定)
  • 地域文化研究所
  • 高等教育開発研究所
  • 国際交流室

※2016年4月現在(『梅光学院組織規程』より)

系列校編集

国際交流編集

学友会活動 編集

  • 総務部
  • 宗教委員会
  • 大学祭実行委員会
  • 代議員会
  • クラブ委員会
  • スポーツデー委員会

クラブ・サークル編集

文化系編集

体育会系編集

大学関係者編集

教員編集

過去に在籍した著名な教員編集

著名な卒業生編集

アクセス編集

  • 西日本旅客鉄道幡生駅から徒歩20分。下関駅から徒歩30分。新下関駅からはJR・バスで20分。
  • サンデン交通バスのJR下関駅より「山の口」或いは「東駅」バス停下車徒歩2分。
    • 市内循環線・山の田循環線・市民病院線(長府・小月方面より)乗車の場合、東駅バス停は正門前に停車する。
    • JR下関駅へは門司駅から7分、小倉駅から15分、折尾駅から40分、赤間駅・新山口駅から1時間である。
  • 西鉄天神高速バスターミナルより高速バスで1時間30分、「東駅」下車徒歩2分。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 建学の理念・沿革”. 梅光学院大学. 2019年3月11日閲覧。

関連項目編集

公式サイト編集