メインメニューを開く

ペン・ソバンクメール語: ប៉ែន សុវណ្ណ / Pen Sovan, 1936年4月15日[1] - 2016年10月29日[2])は、カンボジアの軍人、政治家。親ベトナム派のカンボジア人民共和国初代首相、カンプチア人民革命党書記長を務めた。

ប៉ែន សុវណ្ណ
Pen Sovan
生年月日 1936年4月15日
出生地 タケオ州
没年月日 2016年10月29日
死没地 タケオ州
所属政党 クメール・イサラク
カンプチア人民革命党

内閣 ペン・ソバン
在任期間 1981年6月27日 - 1981年12月7日
国家評議会
議長
ヘン・サムリン
テンプレートを表示

目次

経歴編集

ペン・ソバンは1936年、タケオ州 Tram Kakk 県 Chan Teap 村の小規模自給農の家庭に生まれ[1]。始めクメール・イサラクに参加し、対戦争を戦ったが、1954年のジュネーヴ協定締結後、北ベトナムに亡命。北ベトナム軍において少佐まで昇進した。

その後、カンボジア国内の党組織では、ポル・ポトソン・サンらの若手のパリ留学組が台頭し、古参の親ベトナム派は排除される。1975年にはクメール・ルージュによる「民主カンプチア」が成立したが、それまでにベトナムからの帰国者は、ほぼ粛清された。

1978年8月、ヘン・サムリンチア・シムらのクメール・ルージュからの離反者と初めて接触[3]12月2日、ペン・ソバンを中心とする「外部」派(1954年から70年までベトナムに亡命していたグループ[4])と、ヘン・サムリンを中心とする「内部」派(かつての民主カンプチアの官吏たちによって構成されたグループ[5])が合同し、反ポル・ポト組織「カンプチア救国民族統一戦線」を結成した。1979年1月5日から7日まで、かつてのインドシナ共産党の流れを汲むカンプチア人民革命党の「再建大会」(第3回党大会)が開催され、第一書記および常任委員会委員に選出。7日、首都プノンペンが陥落し、翌8日には政府組織「人民革命評議会」の設立が発表され、国防担当副議長に就任した。1980年5月、カンプチア人民革命軍 (KPRAF) 総司令官に就任[6]

1981年5月の第4回党大会において党政治局員および中央委員会書記長に選出され、党内序列第1位となる[7][8]。同年6月、第1回国会において新憲法が採択され、閣僚評議会議長(首相)に就任した。

しかし、ベトナムのレ・ドク・トと対立し、同年12月4日の第4期党中央委員会第2回総会において書記長を解任され、ヘン・サムリンにその地位を譲った。また、12月7日には首相職も解任され、チャン・シ副首相が首相代行となった[9]。当時は「病気のため」と発表されたが[10]、実際はハノイよりもモスクワに接近したため[11]に失脚したとされる。その後、ベトナムに連れ去られ、ハノイで投獄された。

1992年、カンボジアへの帰国が許された。

その後、野党・人権党副党首に就任し、サム・ランシー党との合流によりカンボジア救国党に所属。2013年7月の第5期国民議会選挙に立候補して当選し、政界に復帰した[12]

脚注編集

  1. ^ a b Young (2013)
  2. ^ “Cambodian former PM and current opposition lawmaker dies at age of 80”. Xinhua. (2016年10月29日). http://news.xinhuanet.com/english/2016-10/29/c_135790283.htm 2016年10月30日閲覧。 
  3. ^ ポーター(1988年)、127ページ。
  4. ^ ポーター(1988年)、127ページ。
  5. ^ ポーター(1988年)、127-128ページ。
  6. ^ JPRS Report - EAST ASIA / SOUTHEAST ASIA, 30 MARCH 1989, p.60
  7. ^ アジア経済研究所(1982年)、237-238ページ。
  8. ^ http://countrystudies.us/cambodia/79.htm
  9. ^ アジア経済研究所(1982年)、237ページ。
  10. ^ 1981年12月8日、ハノイ駐在のカンプチア人民共和国代理大使による。アジア経済研究所(1982年)、229ページ。
  11. ^ ポーター(1988年)、128ページ。
  12. ^ 山田(2013年)、8ページ。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集