メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルティ第二姓(母方の)はソレールです。

ホセ・ルイス・マルティ・ソレール (José Luis Martí Soler , 1975年4月28日 - )は、スペインバレアレス諸島州パルマ・デ・マヨルカ出身の元サッカー選手。現指導者。現役時代のポジションはMF。2017年6月現在、セグンダ・ディビシオンCDテネリフェ監督。

ホセ・ルイス・マルティ Football pictogram.svg
名前
本名 ホセ・ルイス・マルティ・ソレール
José Luis Martí Soler
ラテン文字 José Luis Martí
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1975-04-28) 1975年4月28日(43歳)
出身地 パルマ・デ・マヨルカ
身長 180cm
体重 74kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
スペインの旗 RCDマヨルカ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1999 スペインの旗 RCDマヨルカ B 124 (6)
1999-2000 スペインの旗 RCDマヨルカ 1 (0)
2000-2003 スペインの旗 CDテネリフェ 116 (6)
2003-2008 スペインの旗 セビージャFC 144 (4)
2008 スペインの旗 レアル・ソシエダ (loan) 22 (2)
2008-2015 スペインの旗 RCDマヨルカ 191 (5)
監督歴
2015- スペインの旗 CDテネリフェ
1. 国内リーグ戦に限る。2017年6月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

1994年に地元のRCDマヨルカのBチームででプロデビュー。2000年にCDテネリフェに移籍。2001-2002シーズンは実質初のプリメーラ・ディビシオンでの闘いとなったものの、19位に終わり、1年でセグンダ・ディビシオンに降格となった。

2003年7月、セビージャFCに移籍。2006年と2007年にUEFAカップ (現:UEFAヨーロッパリーグ連覇を経験[1]コパ・デル・レイスーペルコパ・デ・エスパーニャ優勝も経験した。2008年1月、レアル・ソシエダにローン移籍。

2008年7月、古巣のRCDマヨルカと契約[2]。当時マヨルカは1997-1998シーズンからプリメーラ・ディビシオンで闘っていたが、2012-2013シーズン18位に終わりセグンダ・ディビシオンに降格。その後2シーズンプレーした後、2014-2015シーズンまでプレーし、40歳で引退した[3]

マヨルカでは、元日本代表家長昭博とチームメイトだった。

指導者経歴編集

2015年11月5日、ラウール・アグネの後任としてCDテネリフェの監督に就任した。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集