メインメニューを開く

ホッキョクオオカミ(学名:Canis lupus arctos)とは、北極圏周辺に棲息するオオカミの亜種の一つである。

ホッキョクオオカミ
Canis lupus arctos PO.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
上目 : ローラシア獣上目 Laurasiatheria
: ネコ目(食肉目) Carnivora
亜目 : イヌ亜目 Caniformia
下目 : イヌ下目 Cynoidea
: イヌ科 Canidae
亜科 : イヌ亜科 Caninae
: イヌ属 Canis
: タイリクオオカミ C. lupus
亜種 : ホッキョクオオカミ C.l.arctos
学名
Canis lupus arctos Pocock1935
和名
ホッキョクオオカミ
英名
Arctic wolf
Arcticwolf distribution.gif
ホッキョクオオカミの生息域

分布編集

形態編集

ホッキョクオオカミは、ハイイロオオカミより一般的には小さい。[1]オスの大きさは、メスに比べて大きく肩まで約60~80cm、重さは45kgである。さらに成獣したオスは約80kgにも及ぶ。

生態編集

飼育下での寿命は最大18年。野生の中での平均寿命は、7年から10年程度である。オオカミは獰猛な動物と考えられがちだが、オオカミの中では比較的穏やかな性格である。[要出典]

食性編集

他のオオカミの同様で、トナカイジャコウウシホッキョクウサギを狩るほか、レミングヘラジカセイウチなどを食べる。 冬になるとトナカイを求め、広範囲(約2600平方キロメートル)を彷徨うことがある。

繁殖編集

ホッキョクオオカミが棲息する土壌永久凍土のために掘るのが困難。そのため、一般的なオオカミより約1か月遅れている。5月下旬から6月上旬の間にメスのオオカミは2頭から3頭の子供を産む。

脚注編集