ホットドッグ』(原題:Hot Dog... The Movie!)は、1984年に公開されたティーン向けセックスコメディスキー映画英語版

ホットドッグ
Hot Dog... The Movie!
監督 Peter Markle
脚本 Mike Marvin
製作 エドワード・S・フェルドマン英語版
Mike Marvin
出演者
音楽 Peter Bernstein
Mark Goldenberg
John Stewart
撮影 Paul Ryan
編集 John Stewart
製作会社 The Hotdog Partnership
ユナイテッド・アーティスツ
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 MGM/UA Entertainment Co.
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年1月13日
日本の旗 1984年9月8日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2 million[1]
興行収入 $17.7 million[2] or $22 million[1]
テンプレートを表示

本作は、1700万ドル以上の興行収入を記録した。1982年度のプレイボーイのプレイメイトであるシャノン・トゥイードのメジャー映画出演2作目となる。

あらすじ 編集

アイダホ州出身の若くて野心的なフリースタイルスキーヤーであるハーキン・バンクス(Patrick Houser)は、スコーバレーでのフリースタイルスキー大会で自分の力を証明しようと決心する。

彼は自らを「ラット・パック」と呼ぶ愉快な仲間たち(リーダーはDan O'Callahan)と組み、ルディ(ジョン・パトリック・レガー)というオーストリア人の宿敵と出会い、サニー(トレイシー・N・スミス)という若い女性とシルヴィア・フォンダ(シャノン・トゥイード)というブロンドの年上女性との間で三角関係となる。

最終的に全員が「チャイニーズ・ダウンヒル」という競技に参加し、真のチャンピオンを決定するレースシーンが続いていく。「チャイニーズ・ダウンヒル」を前に、ケンドー・ヤマモト(ジェームズ・サイトウ)が「Whaha dafuka isa Chinese downhill?」と問いかける。

出演者 編集

評価 編集

ニューヨーク・タイムズ紙に寄稿したジャネット・マスリンは、この映画を「軽快で、ありがちなバカバカしさがない」と評し、おおむね好意的に受け止めた[3]

脚注 編集

  1. ^ a b WE'RE TALKING GROSS, TACKY AND DUMB Brown, Peter H. Los Angeles Times 20 Jan 1985: 6.
  2. ^ ホットドッグ - Box Office Mojo(英語)
  3. ^ "Hot Dog... The Movie -- Skiers Competing and Playing," Janet Maslin, New York Times January 14, 1986.

外部リンク 編集