ホテル・アルテミス -犯罪者専門闇病院-

ホテル・アルテミス 〜犯罪者専門闇病院〜』(ホテルアルテミスはんざいしゃせんもんやみびょういん、Hotel Artemis)は2018年アメリカ合衆国犯罪映画。監督はドリュー・ピアース、主演はジョディ・フォスターが務めた。本作はピアースの映画監督デビュー作であると共に、フォスターの5年ぶりの銀幕復帰作でもある。

ホテル・アルテミス 〜犯罪者専門闇病院〜
Hotel Artemis
監督 ドリュー・ピアース
脚本 ドリュー・ピアース
製作 アダム・シーゲル
マーク・E・プラット
サイモン・コーンウェル
スティーヴン・コーンウェル
製作総指揮 ジェフリー・ストット
出演者 ジョディ・フォスター
スターリング・K・ブラウン
ソフィア・ブテラ
ジェフ・ゴールドブラム
音楽 クリフ・マルティネス
撮影 チョン・ジョンフン
編集 ポール・ザッカー
ガードナー・グールド
製作会社 ジ・インク・ファクトリー
127ウォール
マーク・プラット・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 グローバル・ロード・エンターテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年6月8日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $13,313,581[2]
テンプレートを表示

なお、本作は日本国内で劇場公開されなかったが、2019年11月22日にDVDが発売された[3]WOWOW放映時のタイトルは『ホテル・アルテミス[4]

ストーリー編集

近未来。暴動が日常的になると共に、警察権力の強化が進んでいた。その一方で犯罪組織が行うビジネスも隆盛を極めており、病院兼ホテルとして有名なホテル・アルテミスは22年にもわたって繁盛し続けていた。2028年6月21日、ある兄弟(ワイキキとホノルル)がブークやP-22と共に銀行強盗を行った。銀行の金庫をこじ開けることに失敗したため、現場に居合わせた行員と顧客が持っていた金目のものを奪い取ることにした。回収中、ホノルルはある行員が持っていたファンシーなペンに興味を持った。行員はペンを盗まない方が良いと言ったが、ホノルルは耳を貸さずに強奪した。その後、4人は銀行から退散したが、道中で警官に遭遇してしまった。4人は勇んで警官を殺そうとしたが、返り討ちに遭い、P-22が死亡・ホノルルとブークが重傷を負うという事態となった。ワイキキはホテル・アルテミスを管理する看護師に連絡を取った。会員権を持っていたホノルルとワイキキはホテル内に入ることができたが、会員権を持たないブークは護衛(エヴェレスト)によって蹴り出されてしまった。

ホテル・アルテミスでは2人の患者が治療を受けていた。顔の傷の治療を受けていたアカプルコは外国人と女性を嫌う武器商人であった。もう1人の患者、ニースは凄腕の暗殺者で、標的に近付くために故意に傷を負った部分の治療を受けていた。ニースはワイキキの元恋人でもあった。治療の傍ら、看護師はクロスビー・フランクリンを通してホテルの経営者(ウルフ・キング)からの伝言を受け取っていた。ウルフ・キングはロサンゼルスの事実上の支配者であり、フランクリンの父親でもあった。その頃、ワイキキはニースと再会を果たしていた。ワイキキがロサンゼルスに留まって稼業を続ける一方、ニースは世界中を飛び回っていた。ワイキキがホノルルの奪ったペンをニースに見せると、ニースは突然顔色を変えた。そのペンの細工にはダイヤモンドがふんだんに使用されており、元の持ち主のウルフ・キングが血眼になって探しているのだという。盗みが発覚した場合、ホノルルがウルフ・キングに殺されるのは明白であった。そんな折、モーガンと名乗る人物がホテルにやって来た。モーガンは「トーマスさんの力を是非お借りしたい」と言ってきたが、それを耳にした瞬間、看護師は驚愕した。トーマスは看護師の本名だったからである。エヴェレストから「余計な詮索をしない方が良い」と忠告を受けたが、看護師はモーガンの正体を調べ始めた。それが原因でモーガンと暴徒化する市民の間で衝突が発生したが、エヴェレストの尽力で事態は収束した。モーガンは警察官だったのである。

トーマスには息子(ボー)が一人いた。幼い頃、ボーとモーガンは遊び友達であった。ボーがドラッグのオーバードーズで亡くなってからというもの、トーマスはすっかりアルコールに依存する生活を送っていた。公的な看護師資格を喪失したため、トーマスはアルテミスでの勤務を余儀なくされることになった。長年にわたる地下勤務が原因で、トーマスは深刻な広場恐怖症を患っていた。その頃、アルテミスでの滞在に飽きたアカプルコはヘリコプターを呼んで帰ることにした。アカプルコが屋上でヘリを待っていると、そこにニースが現れ突然殴打された。ニースが狙っているのはウルフ・キングの命なのだという。その後、ニースはホテルの発電機に爆弾を仕掛けた。ほどなくして、ウルフ・キングが部下たちを引き連れてホテルにやって来た。モーガンはエヴェレストの手引きですでにホテルを脱出しており、ワイキキは最悪の事態に備えて3Dプリンタで拳銃を作っていた。規則に従い、トーマスはウルフ・キングだけをホテル内部に招き入れた。

しばらくして、ニースが仕掛けた爆弾が炸裂したため、ホテル内は大混乱に陥った。

キャスト編集

製作編集

2016年11月29日、ドリュー・ピアースの映画監督デビュー作にジョディ・フォスターが起用されたと報じられた[6]2017年4月28日、ソフィア・ブテラが本作の出演交渉に臨んでいるとの報道があった[7]。5月30日、ザカリー・クイントがキャスト入りした[8]。同月中に本作の主要撮影がロサンゼルスで始まった[9]

公開編集

2017年2月2日、ライオンズゲートが本作の全世界配給権を獲得したと発表した[10]。2018年2月22日、グローバル・ロード・エンターテインメントが本作の全米配給権を購入したと報じられた[11]。4月16日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[12]。5月19日、本作はリージェンシー・ヴィレッジ・シアター英語版でプレミアを迎えた[13]。23日、本作のレッドバンド・トレイラーとポスター数枚が公開された。そのポスターの中にはレイモンド・チャンドラーの小説『長いお別れ』のブックカバーや映画『アメリカン・ジゴロ』のポスターを模したものがある[14]

興行収入編集

本作は『オーシャンズ8』及び『ヘレディタリー/継承』と同じ週に封切られ、公開初週末に500万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[15]、実際の数字はそれを下回るものとなった。2018年6月8日、本作は全米2407館で公開され、公開初週末に323万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場8位となった[16]

評価編集

映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには83件のレビューがあり、批評家支持率は58%、平均点は10点満点で5.9点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ホテル・アルテミス 〜犯罪者専門闇病院〜』にはウィットが垣間見え、キャスト陣にも演技巧者が揃っている。しかし、その大部分は近未来の暴力の都合の良い寄せ集めに過ぎない。尤も、この作品を見る人たちはそれを求めているのかもしれないが。」となっている[17]。また、Metacriticには32件のレビューがあり、加重平均値は57/100となっている[18]。なお、本作のシネマスコア英語版はC-となっている[19]

出典編集

  1. ^ Beatrice Verhoeven (2018年6月8日). “Dave Bautista, Drew Pearce Dipped Into Own Pockets Out of ‘Love’ for ‘Hotel Artemis’” (英語). The Wrap. https://www.thewrap.com/hotel-artemis-director-drew-pearce-dave-bautista-love/ 2018年6月11日閲覧。 
  2. ^ Hotel Artemis” (英語). Box Office Mojo. 2020年4月28日閲覧。
  3. ^ ホテル・アルテミス ~犯罪者専門闇病院~ DVD”. Amazon.co.jp. 2019年8月23日閲覧。
  4. ^ ホテル・アルテミス”. WOWOW. 2020年6月28日閲覧。
  5. ^ Lindsey Bahr (2018年6月5日). “Q&A: Jodie Foster on ‘Hotel Artemis,’ turning down big jobs” (英語). Associated Press News. https://www.apnews.com/9545be812ddc498a9134f855a95e60e0 2018年6月11日閲覧。 
  6. ^ Dave McNary (2016年11月29日). “Jodie Foster to Star in Crime Thriller ‘Hotel Artemis’” (英語). Variety. https://variety.com/2016/film/news/jodie-foster-thriller-hotel-artemis-1201928960/ 2018年6月11日閲覧。 
  7. ^ Justin Kroll (2017年4月28日). “‘The Mummy’ Star Sofia Boutella in Talks to Join Jodie Foster for ‘Hotel Artemis’ (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/the-mummy-sofia-boutella-joins-jodie-foster-hotel-artemis-1202403574/ 2018年6月11日閲覧。 
  8. ^ Mia Galuppo , Rebecca Ford (2017年5月20日). “Zachary Quinto Joining Jodie Foster in 'Hotel Artemis' (Exclusive)” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/zachary-quinto-joining-jodie-foster-hotel-artemis-1008588 2018年6月11日閲覧。 
  9. ^ Justin Kroll (2017年5月11日). “Sterling K. Brown, Charlie Day, Jenny Slate Join Jodie Foster’s ‘Hotel Artemis’ (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/sterling-k-brown-charlie-day-jenny-slate-hotel-artemis-1202424378/ 2018年6月11日閲覧。 
  10. ^ Nancy Tartaglione (2017年2月2日). “Lionsgate Checks Into Jodie Foster-Starrer ‘Hotel Artemis’ For Offshore Sales – Berlin” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2017/02/lionsgate-hotel-artemis-jodie-foster-drew-pearce-international-sales-berlin-1201901198/ 2018年6月11日閲覧。 
  11. ^ Anita Busch, Mike Fleming Jr (2018年2月22日). “Global Road Entertainment Acquires Action Thriller ‘Hotel Artemis,’ Ensemble Led By Jodie Foster” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2018/02/jodie-foster-action-thriller-hotel-artemis-drew-pearce-global-road-1202300131/ 2018年6月11日閲覧。 
  12. ^ Hotel Artemis Official Trailer” (英語). YouTube. Open Road Films (2018年4月16日). 2018年6月11日閲覧。
  13. ^ René Carson (2018年5月20日). “Photos from the L.A. premiere of crime thriller Hotel Artemis” (英語). FilmFetish.com. https://www.filmfetish.com/2018/05/20/photos-from-the-l-a-premiere-of-crime-thriller-hotel-artemis/ 2018年6月11日閲覧。 
  14. ^ René Carson (2018年5月23日). “Red band trailer and literary reference posters for Hotel Artemis” (英語). FilmFetish.com. https://www.filmfetish.com/2018/05/23/red-band-trailer-and-literary-reference-posters-for-hotel-artemis/ 2018年6月11日閲覧。 
  15. ^ Brad Brevet (2018年6月7日). “'Ocean's 8' Will Run Off With Weekend #1 & 'Hereditary' Readies Record Debut for A24” (英語). Box Office News. https://www.boxofficemojo.com/article/ed3529573380/ 2020年4月28日閲覧。 
  16. ^ Domestic 2018 Weekend 23 / June 8-10, 2018” (英語). Box Office Mojo. 2020年4月28日閲覧。
  17. ^ Hotel Artemis (2018)” (英語). Rotten Tomatoes. 2018年6月11日閲覧。
  18. ^ Hotel Artemis Reviews” (英語). Metacritic. 2018年6月11日閲覧。
  19. ^ Anthony D'Alessandro (2018年6月10日). “‘Ocean’s 8’ Steals Franchise Record With $41.5M Opening – Final Sunday Update” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2018/06/oceans-8-sandra-bullock-box-office-hereditary-hotel-artemis-1202406200/ 2018年6月11日閲覧。 

外部リンク編集