メインメニューを開く

ホルヘ・バジェ・イバニェス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はバジェ第二姓(母方の)はイバニェスです。

ホルヘ・ルイス・バジェ・イバニェスJorge Luis Batlle Ibáñez, 1927年10月25日 - 2016年10月24日[1])は、ウルグアイ政治家2000年から2005年まで5年間、第38代ウルグアイ大統領を務めた。

ホルヘ・ルイス・バジェ・イバニェス
Jorge Luis Batlle Ibáñez
Jorge Batlle.jpg

ウルグアイの旗 ウルグアイ
第38代大統領
任期 2000年3月1日2005年3月1日
副大統領 ルイス・イエロ・ロペス

出生 1927年10月25日
モンテビデオ
死去 (2016-10-24) 2016年10月24日(88歳没)
政党 コロラド党

経歴編集

19世紀からウルグアイの大統領や政治家を数多く輩出した一族の出身で、父親のルイス・バジェ・ベレスも大統領を務め、おじのホセ・バッジェ・イ・オルドーニェスも2期に渡って大統領を務めた。1956年共和国大学にて法学社会科学学位を授与される。その後ラジオ番組「Ariel」や新聞「Acción」といった報道関係で活動していた。また当時既にコロラド党理事会のメンバーでもあった。

政界デビューは1958年コロラド党より上院議員として当選した。

政策編集

就任後初期は密輸資金洗浄を防ぐ手段として麻薬の合法化を提案したが、国際報道機関やアメリカ合衆国政府に批判され承認には至らなかった。

就任演説の際に歳出を抑える事を約束し、マクロ経済のバランスを調整するなど経済が安定するよう尽力した。またメルコスールを強く支持し、地域統合は世界経済と渡り合う為に重要であると位置付けた。米州自由貿易地域の創設にも積極的であった。

在任中に口蹄疫が発生。農牧業が主産業であるウルグアイにとっては非常に深刻な事態であり、ウルグアイ産牛肉などの安全性が問題となり対処に追われた。この問題は任期の終わり頃にようやく終息した。

保護貿易やいかなる種類の補助金・助成金に対して反対であることを表明している。

注釈編集