ホルヘ・ブスタマンテ

メキシコの社会学者
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はブスタマンテ第二姓(母方の)はフェルナンデスです。(Template:スペイン語圏の姓名

ホルヘ・アグスティン・ブスタマンテ・フェルナンデススペイン語: Jorge Agustín Bustamante Fernández)は、メキシコ社会学者である。

ホルヘ・アグスティン・ブスタマンテ・フェルナンデス
Jorge Agustín Bustamante Fernández
人物情報
生誕 1938年[1]
メキシコの旗 メキシコ チワワ (チワワ州)[1]
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身校 ノートルダム大学[1]
学問
研究分野 国際移住英語版[1]
研究機関 メキシコ国立自治大学
テンプレートを表示

2005年から2011年まで、移民人権に関する国連特別報告者を務めた[1]2010年3月23日-31日、日本政府の承認を得て同国の状況について関係者に聞き取り調査を行い[2]、最終日の31日に東京都内で記者会見、以下のように述べた[3]

2011年5月-6月の国際連合人権理事会第17会期で、14分野にわたる課題と21項目に及ぶ勧告とを含む公式訪日調査報告書が公表された[4]

脚注編集

注釈編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e Jorge Bustamante Fernández” (スペイン語). メキシコ大統領科学諮問委員会スペイン語版. 2018年11月18日閲覧。
  2. ^ 移住者の人権に関する国連専門家、訪日調査を終了”. 国際連合広報センター (2010年3月31日). 2018年11月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e 「日本には外国人差別が根強い」、国連特別報告者が法整備要請”. フランス通信社 (2010年4月1日). 2018年11月18日閲覧。
  4. ^ 12/17(土)開催 国際移住者デー記念シンポジウムのご案内”. 国際連合広報センター (2011年11月16日). 2018年11月19日閲覧。