メインメニューを開く

ホームレス・ワールドカップ(Homeless World Cup)は、ホームレスによるサッカーの世界大会。2003年から毎年開催されている。

ホームレス・ワールドカップ
Homeless World Cup logo.jpg
開始年 2001年
地域 全世界
参加チーム数 70以上
前回優勝  メキシコ (3回目)
最多優勝  ブラジル (3回目)  メキシコ (3回目)
サイト http://www.homelessworldcup.org/
テンプレートを表示
2008年メルボルン大会

目次

ルール編集

選手資格編集

参加選手は以下の基準を満たしている必要がある。

  • 男性または女性であり、大会開催時に16歳以上である。
  • 過去に行われたホームレス・ワールドカップへの出場経験がない。
  • 大会開催前年にどこかでホームレス生活をしている(ホームレスの定義は自国内の基準による)
  • 主な収入の手段が路上での雑誌販売である。
  • 現在、政治的亡命要求者であるが、要求者としての明確な身分がない。または、過去に政治的亡命要求者であったが、過去1年間に居住身分を得た。
  • 現在、ドラッグ依存症またはアルコール依存症からの更生途中にあり、また、過去2年間にどこかでホームレス生活をしていた。

試合形式編集

一度にピッチに立てるのは最大4人であり、フィールドプレーヤーが3人、ゴールキーパーが1人である。控え選手は4人までであり、自由な選手交代が許されている。

勝利チームには勝ち点3が、敗北チームには勝ち点0が与えられる。試合が引き分けに終わった場合はサドンデスのPK戦を行い、PK戦の勝利チームには勝ち点3が、PK戦の敗北チームには勝ち点1が与えられる。試合は前後半7分ハーフタイム1分の計15分で行われる。フィールドは縦22m×横16mである。

ドキュメンタリー編集

『Hors-Jeu Carton rouge contre l’exclusion』
2011年のパリ大会を主構成要素とし、ホームレス・ワールドカップに向けた1年間の取り組みと5ヶ国のナショナル・パートナー(日本・アルゼンチン・パレスチナ・フランス・ケニア)に焦点を当てた、フランスのテレビ局Canal+による90分のテレビドキュメンタリーである。Jérôme MignardとThomas Rischが監督を務め、2011年10月9日にフランスで放映された。
『キッキング・イット』(Kicking It)
スーザン・コッホとジェフ・ワーナーが監督を務めた『キッキング・イット』(原題 : Kicking It、邦題 : ホームレス・ワールドカップ)というドキュメンタリー映画は2006年大会を対象とし、試合に出場する7人のホームレスの経験に着目している[1][2]。俳優のコリン・ファレルがナレーションを務めた。2008年1月にサンダンス映画祭でプレミア上映され、リベレーション・エンタテインメント、ネットフリックス、ESPNによって配給された。
『NO GOAL』
野武士ジャパンの活動を題材にした舞台。「劇団・青春事情」が演じる。2013年7月、下北沢駅前劇場で開演された[3]

歴代大会結果編集

男子編集

開催地 決勝 3位決定戦
優勝 スコア 準優勝 3位 スコア 4位
2003   グラーツ   オーストリア 2-1   イングランド   オランダ 11-5   ブラジル
2004   ヨーテボリ   イタリア 4-0   オーストリア   ポーランド 7-4   スコットランド
2005   エディンバラ   イタリア 9-3   ポーランド   ウクライナ 11-5   スコットランド
2006   ケープタウン   ロシア 1-0   カザフスタン   ポーランド 3-1   メキシコ
2007   コペンハーゲン   スコットランド 9-3   ポーランド   リベリア 11-5   デンマーク
2008   メルボルン   アフガニスタン 5-4   ロシア   ガーナ 6-4   スコットランド
2009   ミラノ   ウクライナ 5-4   ポルトガル   ブラジル 3-2   ナイジェリア
2010   リオデジャネイロ   ブラジル 6-0   チリ   メキシコ 4-4
(PK 1-0)
  ポルトガル
2011   パリ   スコットランド 4-3   メキシコ   ブラジル 7-1   ケニア
2012   メキシコシティ   チリ 8-5   メキシコ   ブラジル 6-2   インドネシア
2013   ポズナン   ブラジル 3-3
(PK)
  メキシコ   ロシア 6-6
(PK)
  チリ
2014   サンティアゴ   チリ 5-2   ボスニア・ヘルツェゴビナ   ポーランド 6-6
(PK)
  ブラジル
2015   アムステルダム   メキシコ 5-2   ウクライナ   ポルトガル 5-5
(PK)
  ブラジル
2016   グラスゴー   メキシコ 6-1   ブラジル   ロシア 3-1
  チリ
2017   オスロ  
ブラジル
4-3  
メキシコ
 
ロシア
5-3  
チリ
2018   メキシコシティ  
メキシコ
6-3  
チリ
 
ハンガリー
6-5  
ポルトガル
40

女子編集

開催地 優勝 準優勝 3位
2010   リオデジャネイロ   ブラジル   メキシコ   ハイチ
2011   パリ   ケニア   メキシコ   ブラジル
2012   メキシコシティ   メキシコ   ブラジル   チリ
2013   ポズナン   メキシコ   チリ   ハンガリー
2014   サンティアゴ   チリ   メキシコ   ブラジル
2015   アムステルダム   メキシコ   チリ   ノルウェー
2016   グラスゴー   メキシコ   キルギス   チリ
2017   オスロ   メキシコ   チリ   ケニア
2018   メキシコシティ   メキシコ   コロンビア   チリ

脚注編集

外部リンク編集