メインメニューを開く

ボヤナ・ヨバノフスキBojana Jovanovski, セルビア語: Бојана Јовановски, 1991年12月31日 - )は、セルビアベオグラード出身の女子プロテニス選手。WTAツアーでシングルス2勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス32位。身長175cm、体重65kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。2016年の結婚後は夫の姓を併用してボヤナ・ヨバノフスキ・ペトロビッチBojana Jovanovski Petrović)と名乗っていた。

ボヤナ・ヨバノフスキ
Bojana Jovanovski
Tennis pictogram.svg
Bojana Jovanovski (19142896441).jpg
ボヤナ・ヨバノフスキ
基本情報
フルネーム Bojana Jovanovski Petrović
国籍 セルビアの旗 セルビア
出身地 同・ベオグラード
生年月日 (1991-12-31) 1991年12月31日(27歳)
身長 175cm
体重 65kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2007年
引退年 2018年
ツアー通算 2勝
シングルス 2勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 286勝264敗
シングルス 268勝211敗
ダブルス 18勝53敗
生涯獲得賞金 $2,195,549
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2013)
全仏 3回戦(2013)
全英 3回戦(2014)
全米 2回戦(2012・13・15)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2013)
全仏 1回戦(2011・13・14・15)
全英 2回戦(2014)
全米 1回戦(2010-15)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 32位(2014年8月4日)
ダブルス 203位(2014年11月3日)

来歴編集

ヨバノフスキはコーチである父の手ほどきで7歳でテニスを始め、2007年にプロに転向。4大大会では2010年ウィンブルドン選手権で初出場し1回戦でケーシー・デラクアを 6–1, 6–0 で破り初戦を突破した。2回戦で第14シードのビクトリア・アザレンカに 1–6, 4–6 で敗れた。9月の中国オープンでは2回戦で当時7位のエレナ・ヤンコビッチを 4-6, 6-2, 6-2 で破り初めてトップ10プレイヤーから勝利を挙げた。

2011年のシドニー国際で予選から勝ち上がりベスト4に進出した。全豪オープンでは1回戦で張凱貞を 7–5, 6–1 で破ったが他の4大大会は全て1回戦で敗退している。

2012年7月のバクー・カップで初めてツアー大会の決勝に進出し、ジュリア・コーエンを 6–3, 6–1 で破りツアー初優勝を果たした[1]

2013年全豪オープンの2回戦でルーシー・サファロバを 7-5, 7-5 、3回戦ではクルム伊達公子を 6-2, 7-6 (3) で破り初めて4大大会で4回戦に進出した。4回戦ではスローン・スティーブンスに 1-6, 6-3, 5-7 で敗れた。9月のタシケント大会で2度目の決勝に進出しオリガ・ゴボルツォワを 4–6, 7–5, 7–6(3) で破りツアー2勝目を挙げた。

ヨバノフスキは2016年全仏オープンを最後に公式戦出場から2年間遠ざかっていた。2016年に結婚し、結婚後は夫の姓を併用しボヤナ・ヨバノフスキ・ペトロビッチと名乗っていた。

2018年10月の天津オープンの予選でザビーネ・リシキに敗れた試合が最後の出場になり、26歳で現役を引退した[2]

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 4回 (2勝2敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
プレミア・マンダトリー (0–0)
プレミア5 (0-0)
WTAエリート・トロフィー (0-0)
プレミア (0–0)
インターナショナル (2-2)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2012年7月28日   バクー ハード   ジュリア・コーエン 6–3, 6–1
優勝 2. 2013年9月14日   タシケント ハード   オリガ・ゴボツォワ 4–6, 7–5, 7–6(3)
準優勝 1. 2014年7月27日   バクー ハード   エリナ・スビトリナ 1–6, 6–7(2)
準優勝 2. 2014年9月13日   タシケント ハード   カリン・クナップ 2–6, 6–7(4)

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 通算成績
全豪オープン A LQ 2R 1R 4R 2R 1R 1R A A 4–6
全仏オープン A LQ 1R 1R 3R 1R 2R 1R A A 3–6
ウィンブルドン A 2R 1R 2R 2R 3R 1R A A LQ 5–6
全米オープン LQ 1R 1R 2R 2R 1R 2R A A LQ 3–6

脚注編集

外部リンク編集