ポトフ: pot-au-feu)は、フランス家庭料理の一つ。鍋に塊のままの牛肉、野菜類に香辛料を入れて長時間煮込んだもの。ポトフーと表記される場合もある。フランス語potは鍋や壺、feuは火を示すため、「火にかけた」といった意味になる[1][2]

ポトフ
Restaurant Volga (Lyon) - pot au feu arménien.jpg
フランスのポトフ
別名 ポトフー
種類 煮込み
発祥地 フランスの旗 フランス
主な材料
Cookbook ウィキメディア・コモンズ
テンプレートを表示
ポトフ

解説編集

 
ポトフの材料

牛肉ソーセージなどのと、大きく荒く切ったニンジンタマネギセロリなどの野菜類を、じっくり煮込んだ料理である。スープ食塩香辛料(黒コショウハーブクローブ等)などで風味を調え、肉や野菜は食べやすい大きさに切ってからマスタードを添え、それぞれ別皿に盛って供する。漉した煮汁はほかの料理のブイヨンとしても用いられる[2]

具材編集

牛肉は、主にすね肉、もも肉、かた肉が使われ、野菜類はニンジン、タマネギ、キャベツカブポロネギなどが使われる。ジャガイモなどデンプン質の多い野菜は煮汁が濁るため一般に避けられる[2]

牛肉の代わりに雌鶏肉を使ったものはプール・オ・ポ(poule au pot)と呼ばれる。

各国に類似した料理があり、ドイツ料理アイントプフは、ポトフのドイツ版。フランス語版のWikipediaでは、日本版ポトフとして「おでん」が挙げられている。中国には火鍋がある。

脚注編集

  1. ^ ポトフはどんな風に食べるもの? 食育大事典、2019年2月28日閲覧。
  2. ^ a b c コトバンク - ポトフ”. 2019年10月13日閲覧。

関連項目編集