ポールステル級補給艦オランダ語: bevoorradingsschip van de Poolsterklasse)は、オランダ海軍が運用していた補給艦の艦級[1]。なお退役後、ネームシップパキスタン海軍に売却され、「モーウィン」(PNS Moawin)として再就役している。

ポールステル級補給艦
「ザウデルクライス」
「ザウデルクライス」
基本情報
種別 補給艦
命名基準 北極星みなみじゅうじ座
運用者  オランダ海軍
建造期間 1962年 - 1974年
就役期間 1964年 - 2012年
同型艦 2隻
次級 アムステルダム
要目
満載排水量 16,836トン
全長 168.41 m
20.33 m
吃水 8.24 m
ボイラー 2缶
主機 蒸気タービン×2基
推進器 スクリュープロペラ×1軸
出力 22,500 ps
電力 2,100 kW
最大速力 21ノット
乗員 200名
兵装40mm単装機銃×2基
ゴールキーパーCIWS×1基(2番艦のみ)
爆雷投下軌条×1条
搭載機 アグスタウェストランド リンクス×3機
レーダーDA-01 対空対水上捜索用(就役時)
・デッカ2459 対空対水上捜索用(換装後)
・デッカ1229 航海用
ソナー ・CWE-610 捜索用
テンプレートを表示

概要編集

ネームシップは貨油8,000トンを含む10,300トンの搭載能力を備えており、洋上移送装置としては艦橋構造物と船尾楼のあいだの主甲板に設けられた2基の補給用門型ポストと、艦首甲板のデリッククレーン2基を備えていた。短期間であれば、海兵隊員300名を乗艦させることができる[1]

また、対潜掃討群に随伴しその構成艦となる必要上、補給艦としては異例に強力な対潜戦能力を備えており、艦自身がソナーを備えるほか、3機のアグスタウェストランド リンクス哨戒ヘリコプターを搭載することができる[1]

なお、DA-01レーダーは1983年にデッカ2459に換装され[1]湾岸戦争の直前にはゴールキーパーCIWSが搭載された。

発展型編集

およそ10年遅れて建造された2番艦「ザウデルクライス」は、貨油の搭載能力を9,000トンに拡張したほか、航空燃料(TR-5)400トンや真水200トン、予備部品や弾薬を搭載できるようになっている。

洋上移送装置としては、ネームシップと同様に主甲板に2基の門型ポストを設置し、両舷に2ヶ所ずつの液体貨物用ステーションを設けているほか、艦首甲板には物品(ドライ・カーゴ)の輸送用として、スライディング・ステイに対応したポストを設置している。

主機関はヴェルクスプール社製のTM-410 16気筒ディーゼルエンジン2基とされている。

これらの改設計により、満載排水量は17,357トンに増加した[1]

同型艦編集

# 艦名 起工 就役 退役
A 835 ポールステル
HNLMS Poolster
1962年
9月19日
1964年
9月29日
1994年
7月29日
A 832 ザウデルクライス
HNLMS Zuiderkruis
1973年
7月16日
1975年
6月27日
2012年
2月10日

参考文献編集

  1. ^ a b c d e Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. pp. 383-384. ISBN 978-0870212505. 

関連項目編集