アグスタウェストランド リンクス

アグスタウェストランド リンクス

イギリス海軍のスーパーリンクス HMA.8

イギリス海軍のスーパーリンクス HMA.8

アグスタウェストランド リンクス(AgustaWestland Lynx)は、イギリス航空機メーカー、ウェストランド社が開発したヘリコプター。軍用・民間用汎用ヘリコプターとして開発された。現在はアグスタウェストランド社が販売と製造を請け負っている。

ほとんどの機体は開発元のウェストランド社で製造されているが、フランス軍向けの機体はアエロスパシアル社(フランス)でライセンス生産された。1990年代より登場した改良型はスーパーリンクス(Super Lynx)と呼ばれ、海軍機として広く輸出された。

イギリスでの使用状況編集

かつてイギリス軍において、リンクスは陸軍航空軍団(Army Air Corps / AAC)および艦隊航空隊(Fleet Air Arm / FAA)に配備されていた。

陸軍航空軍団からは2018年に、艦隊航空隊からは2017年に退役し、後継機であるアグスタウェストランド AW159に更新された。

イギリス陸軍編集

イギリス陸軍は100機のリンクス AH(Attack Helicopterの略)を発注した。この型は攻撃型と呼ばれているが、戦術輸送、護衛、対戦車戦、偵察、傷病者後送を含む多様な任務に従事する。また、BGM-71 TOW対戦車ミサイルの運用のためマルコーニ・エリオット社製のAFCS 三軸安定化火器管制システムを搭載する。攻撃型のうちAH.7とAH.9は陸軍で攻撃ヘリコプターとして、AH.7は海兵隊の攻撃・汎用ヘリコプターとして運用されている。

イギリス軍でのリンクスの最初の実戦運用は、1982年フォークランド紛争においてのことである。フォークランド紛争では数機のリンクスが失われたが、それらは戦闘によるものではない。輸送船「アトランティック・コンベアー」、42型駆逐艦コヴェントリー」および21型フリゲートアーデント」に搭載されていた機体が、それぞれの艦船が沈没したことにより失われたものである。

2000年9月10日シエラレオネ人質救出作戦では、シエラレオネから11人のイギリス兵の救出にリンクスが出動している。最も直近の実戦はイラク戦争2003年)である。

イギリス海軍編集

イギリス海軍型のリンクス HASおよびHMAは、中距離魚雷投射ヘリコプター(MATCH)として、シースクア対艦ミサイルまたは魚雷爆雷を装備して対潜戦に従事する。リンクスの最も顕著な戦績は、シースクアの運用によるものである。湾岸戦争1991年)において、リンクスはイラク海軍哨戒艇をシースクアで撃沈している。

演習から実戦、平和維持活動まで、様々な場面にイギリス海軍の艦艇が展開するとき、リンクスは必ず伴われるべき標準装備となっていた。

記録編集

1972年、ロイ・モクサム(Roy Moxam)の操縦によりリンクスは、時速321.74kmのヘリコプターの速度世界記録を樹立した。この直後には、100km周回コースでの速度記録、318.504kmを記録した。1986年には、特別な改修を施されたリンクスが、ジョン・エッギントン(John Egginton)の操縦により、時速400.87kmを記録した。

派生型編集

リンクスは長期にわたり生産が続けられ、多数の運用者を得た。それに伴い、多くの派生型が生産された。

ウェストランド WG.13
1971年3月21日に初飛行した試作機
リンクス HT.3
イギリス空軍に提案された練習機。生産されず。
リンクス ACH
実験機

イギリス陸軍編集

 
リンクス AH.7
リンクス AH.1
最初の量産型。イギリス陸軍のために100機以上が生産された。戦術輸送、護衛、対戦車戦、偵察、傷病者後送など多様な任務に従事する。
リンクス AH.1GT
イギリス陸軍用のAH.1の一時改修型。エンジンとテールローターに改修を加えた。
リンクス AH.7
イギリス陸軍用の攻撃型。BGM-71 TOW対戦車ミサイルの運用能力が付与された。また、キャビンドアガンとしてL7汎用機関銃を取り付けるためのマウントも装備している。
リンクス AH.9(バトルフィールド・リンクス)
降着装置をスキッドから車輪へ変更。それに伴い、ギアボックスを強化している。
リンクス AH.9A
エンジンを換装したAH.9の改良型。パワーに与力が出たことでより強力なM3M重機関銃を搭載することが可能になった。

イギリス海軍およびフランス海軍編集

 
揚陸艦ウラガン」から発艦するフランス海軍のリンクス
リンクス HAS.2
イギリス海軍およびフランス海軍用の最初の量産型。イギリス海軍ではウェストランド ワスプ HAS.1の後継となる中距離魚雷投射ヘリコプター(MATCH)として運用されているが、魚雷爆雷による攻撃だけでなく、吊下式ソナーを搭載して索敵に当たることもできる。また、シースクア(イギリス海軍)またはAS.12空対艦ミサイル(フランス海軍)を搭載して対水上艦戦に従事することもある。
リンクス HAS.2(FN)
HAS.2のフランス海軍向け仕様機。
リンクス HAS.3
HAS.2のエンジンとギアボックスを改修した型。
リンクス HAS.3S
イギリス海軍用HAS.3の改良版。保全通信装置(secure radio systems)を追加。
リンクス HAS.3S(GM)
ペルシア湾での作戦用に改修された海軍型。GMとはペルシア湾用改修(Gulf Modification)の略。19機が改修。
リンクス HAS.3S(ICE)
極地活動用に改修された海軍型。2機が改修。
リンクス HAS.4(FN)
フランス海軍用性能向上型。
リンクス HMA.8(スーパーリンクス)
イギリス海軍用性能向上型。HMAとは海洋攻撃型(Helicopter Maritime Attack)の略。機首上部にFLIRを装備し、レーダーを機首下のレドームに移動した。

輸出型編集

 
ブラジル海軍のスーパーリンクス Mk.21A
 
セティス級哨戒艦に着艦中のリンクス Mk.90B
 
マレーシア海軍のスーパーリンクス Mk.100
リンクス Mk.21
HAS.2のブラジル海軍用輸出型。ブラジル海軍呼称はSAH-11
スーパーリンクス Mk.21A
スーパーリンクスのブラジル海軍用輸出型。
スーパーリンクス Mk.21B
Mk.21Aのアップグレード型。エンジンアビオニクスを換装している。ブラジル海軍呼称はAH-11B
リンクス Mk.23
HAS.2のアルゼンチン海軍用輸出型。後日、ブラジルおよびデンマークに輸出。
リンクス Mk.25
HAS.2のオランダ海軍用輸出型。オランダ海軍呼称はUH-14A
リンクス Mk.27
HAS.2のオランダ海軍用輸出型。オランダ海軍呼称はSH-14B
リンクス Mk.28
AH.1のカタール国家警察用輸出型。
リンクス Mk.64
HAS.8の南アフリカ空軍用輸出型。
リンクス Mk.80
HAS.3のデンマーク海軍用輸出型。
リンクス Mk.81
HAS.2のオランダ海軍用輸出型。オランダ海軍呼称はSH-14C
SH-14D
オランダ海軍向け性能向上型。FLIR吊下式ソナーを追加装備。
リンクス Mk.86
HAS.2のノルウェー空軍用輸出型。
リンクス Mk.88
ドイツ海軍用輸出型。
スーパーリンクス Mk.88A
HAS.8のドイツ海軍用輸出型。
リンクス Mk.89
HAS.3のナイジェリア海軍用輸出型。
リンクス Mk.90
デンマーク海軍用輸出型。改良型はMk.90Aと呼称される。また、Mk.90とMk.90AをHAS.8仕様に改良したものはMk.90Bと呼称される。
スーパーリンクス Mk.95
HAS.8のポルトガル海軍用輸出型。
スーパーリンクス Mk.99
HAS.8の韓国海軍用輸出型。メインローターを改良したものはスーパーリンクス Mk.99Aと呼称される。
スーパーリンクス Mk.100
マレーシア海軍用輸出型。
スーパーリンクス Mk.110
タイ海軍用輸出型。
スーパーリンクス Mk.120
オマーン空軍用輸出型。
スーパーリンクス Mk.130
アルジェリア海軍用輸出型。
スーパーリンクス 300
スーパーリンクスのエンジンをCTS-800-4Nに変更したもの。

試作・計画のみ編集

AH.5
イギリス陸軍用の実験機。4機のみ製造。
AH.6
イギリス海兵隊用に提案された機種。生産されず。
Mk.22
エジプト海軍用輸出型。生産されず。
Mk.24
イラク軍用輸出型。生産されず。
Mk.26
イラク軍用輸出型。生産されず。
Mk.82
エジプト軍用輸出型。生産されず。
Mk.83
サウジアラビア軍用輸出型。生産されず。
Mk.84
カタール軍用輸出型。生産されず。
Mk.85
アラブ首長国連邦軍用輸出型。生産されず。
Mk.87
アルゼンチン海軍用輸出型。輸出禁止に。
バトルフィールド・リンクス800
輸出向けに提案。1992年に計画中止。

採用国編集

 
着艦中のポルトガル海軍のスーパーリンクス Mk.95
  アルジェリア
スーパーリンクス Mk.130を運用。
  アルゼンチン
納入が開始された直後にフォークランド紛争が勃発。2機のみ引き渡されて、以降は輸出禁止措置がとられた。
  ブラジル
リンクス Mk.21(SAH-11)、スーパーリンクス Mk.21A、スーパーリンクス Mk.21B(AH-11B)を運用。
  デンマーク
リンクス Mk.80、リンクス Mk.90、Mk.90A、Mk.90Bを運用。
  ドイツ
リンクス Mk.88、スーパーリンクス Mk.88Aを運用。
  フランス
リンクス HAS.2(FN)、リンクス HAS.4(FN)を運用。
  韓国
スーパーリンクス Mk.99を運用。
  マレーシア
スーパーリンクス Mk.100を運用。
  オランダ
リンクス Mk.25(UH-14A)、リンクス Mk.27(SH-14B)、リンクス Mk.81(SH-14C)、SH-14Dを運用。
  ナイジェリア
リンクス Mk.89を運用。
  ノルウェー
6機のリンクス Mk.86を沿岸警備隊の警備艦で運用。ただし、運用は空軍の要員による。
  オマーン
スーパーリンクス Mk.120を運用。
  パキスタン
対水上/対潜/輸送に使用。
  ポルトガル
スーパーリンクス Mk.95を運用。
  カタール
  • カタール国家警察
陸軍型を海外で唯一採用。SA 341 ガゼルとともに航空支援に使用したが、比較的短い運用に終わり、BAeに買い戻された。
  タイ
スーパーリンクス Mk.110を運用。
  イギリス
  南アフリカ共和国
4機のリンクス Mk.64を海軍のヴァラー級フリゲートから運用。

性能・主要諸元編集

登場作品編集

ゲーム編集

Wargame Red Dragon
NATO陣営で使用可能なヘリコプターとしてHAS.2が登場する。
War Thunder
イギリスの「ヘリコプターツリー」に課金機体として登場する。
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3
スペシャルオプス「Smack Town」にて、撃墜されたリンクスの残骸が置いてある。
Modern Warships
プレイヤーが操作できる艦載機としてスーパーリンクスが登場する。

関連項目編集

外部リンク編集