メインメニューを開く

ドク・ハリウッド』(Doc Hollywood)は、1991年に製作・公開されたアメリカ映画。原作はニール・シュルマンの小説で、製作にはシュルマン本人も協力した。

ドク・ハリウッド
Doc Hollywood
監督 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
脚本 ジェフリー・プライス
ピーター・S・シーマン
ダニエル・パイン
原作 ニール・シュルマン
製作 スーザン・ソルト
デボラ・D・ジョンソン
製作総指揮 マーク・マーソン
出演者 マイケル・J・フォックス
ジュリア・ワーナー
バーナード・ヒューズ
音楽 カーター・バーウェル
主題歌 チェズニー・ホークス
「ワン・アンド・オンリー」
(The One & Only)
作詞・作曲ニック・カーショウ
撮影 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
マイケル・チャップマン
編集 プリシラ・ネッド・フレンドリー
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年8月2日
日本の旗 1991年10月5日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $54,830,779[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

外科医ベン・ストーン(マイケル・J・フォックス)は、ワシントンの病院でERに勤務していた。ベンはERを辞め、ビバリーヒルズで高収入の美容整形外科医になることにする。面接を受けるため、自動車で西海岸に向かう途中で道に迷い、田舎道で事故を起こしてしまう。事故の代償として、医者不足で悩んでいた町の病院で無料奉仕することになった。南部の小さな田舎町グレイディに来て、ルー(ジュリー・ワーナー)やナンシー(ブリジット・フォンダ)を始めとする町民たちに出会い、ベンは本当に大切なことがわかっていく。

キャスト編集

スタッフ編集

原作編集

原作はニール・シュルマンの小説『What? Dead again?』である。日本でも、映画公開に合わせて『ドク・ハリウッド』の題で翻訳が刊行された。

なお、原作では、主人公の名前はオーティス・ストーンで、インターンを修了したばかり。自動車で向かっていた先はハリウッドではなくて、ワシントンの実家である。

その他編集

出典編集

  1. ^ Doc Hollywood (1991)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年10月21日閲覧。

外部リンク編集