メインメニューを開く

マグナム小林(まぐなむ こばやし、1971年8月6日 - 、本名:小林誠)は、ヴァイオリン漫談家である[1][2]落語芸術協会[2]、東京演芸協会[3]所属。

マグナム 小林こばやし
本名 小林こばやし まこと
生年月日 (1971-08-06) 1971年8月6日(48歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県千葉市
師匠 立川談志(1994年 - 2000年)
名跡 1. 立川小談林(1994年 - 2000年)
2. マグナム小林(2000年 - )
活動期間 1994年 -
活動内容 ヴァイオリン漫談
所属 落語立川流(1994年 - 2000年)
落語芸術協会
東京演芸協会

来歴編集

1971年8月、千葉県千葉市稲毛区出身[1]1990年3月、千葉市立千葉高校を卒業する[1][4]。高校時代は野球部で捕手、主将を務めた。1994年3月、早稲田大学社会科学部卒業。大学時代は寄席演芸研究会に所属した[1][4]

1994年8月、落語家立川談志に入門する。落語立川流に所属し、立川小談林(たてかわ こだんりん)を名乗る。2000年8月、上納金滞納のため落語立川流を破門となる[1][4]。以後、ヴァイオリン漫談家として活躍する。

落語芸術協会入りは、かつての師匠立川談志から、桂歌丸への働きかけにより実現した[5]

メディア編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e マグナム小林プロフィール(公式ブログ)”. 2018年3月10日閲覧。
  2. ^ a b マグナム小林(落語芸術協会公式)”. 2018年3月10日閲覧。
  3. ^ 会員紹介(マグナム小林)”. 東京演芸協会. 2018年8月12日閲覧。
  4. ^ a b c マグナム小林プロフィール(関越ゴルフ倶楽部)”. 2018年3月10日閲覧。
  5. ^ マグナム小林 ツイッター” (2018年7月8日). 2018年8月12日閲覧。 “笑点が出来て40年後、破門にした弟子マグナム小林を芸協に色物として入れてやってくれないかという談志師匠からの電話に、歌丸師匠は二つ返事でOKして下さった。”

外部リンク編集