メインメニューを開く

マチカネタンホイザ1989年5月7日 - 2013年12月7日)は日本競走馬中央競馬で2歳時から強烈な個性で独特の人気を得た名脇役として長きにわたり活躍し、高松宮杯など重賞4勝をあげた。GIこそ勝てなかったもののノーザンテースト産駒の中では最高賞金を獲得した競走馬である。

マチカネタンホイザ
マチカネタンホイザ.jpg
小須田牧場にて
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1989年5月7日
死没 2013年12月7日
ノーザンテースト
クリプシー
母の父 アローエクスプレス
生国 日本の旗 日本北海道平取町
生産 稲原牧場
馬主 細川益男
調教師 伊藤雄二栗東
競走成績
生涯成績 32戦8勝
獲得賞金 5億1752万7400円
テンプレートを表示

馬名の由来は、冠名+ワーグナー歌劇タンホイザー」。本来なら「マチカネタンホイザー」とするところだが、馬名はカタカナで9字までという制約があるため、「ー」が省略されて「マチカネタンホイザ」になった。

※以降の馬齢は当時の表記(数え年)とする。

目次

戦績編集

3歳編集

マチカネタンホイザは「2度成長する」と言われたノーザンテースト産駒であることに加え、日本を代表する名牝系スターロツチ系に属し、近親にハードバージがいる良血馬としてデビュー前から人々の期待を集めていた。

タンホイザは1991年の9月、中京の3歳新馬戦でデビューした。鞍上に武豊を迎えたこともあり2番人気に支持され、2着のトキオレジェンドに6馬身の差をつけて圧勝した。その後、府中3歳ステークス[1]に勝ったタンホイザは岡部幸雄とのコンビで朝日杯3歳ステークスに出走したが、ミホノブルボンの4着に敗れた。

4歳編集

1992年、4歳になったタンホイザは共同通信杯4歳ステークスから始動したが4着に終わった。その後、タンホイザは皐月賞トライアル・スプリングステークス5着を経て皐月賞に出走したが7着、ダービートライアル・NHK杯2着を挟んで日本ダービーにも出走したが4着に敗れた。

夏場を休養に当てたタンホイザは秋はオープン特別のカシオペアステークスから始動。2着に敗れたものの菊花賞に向けて上々の滑り出しとなった。

そして、中1週で挑んだ菊花賞でタンホイザは3番人気と上位に支持されたものの、これまで無敗で二冠を達成しシンボリルドルフ以来の無敗での三冠達成の期待がかかっていたミホノブルボン一色のムードであった。レースはダービー2着で2番人気に支持されたライスシャワーがミホノブルボンの三冠を阻止し、タンホイザ自身は2着のミホノブルボンをアタマ差まで追い詰める3着と見せ場を作った。

なお、4歳時は全レースで岡部幸雄がタンホイザに騎乗している。

5歳編集

1993年、古馬になったタンホイザは柴田政人とのコンビで金杯(東)で始動するも8着と大敗した。が、鞍上を岡部に戻したダイヤモンドステークスでは当時の芝3200mのJRAレコードで重賞初勝利を挙げた。次走の目黒記念では1kgの斤量差があったとはいえ、菊花賞馬ライスシャワーを退け勝利した。

重賞2連勝で本格化したタンホイザは春の天皇賞に出走し、3番人気に支持された。だが、レースでは先行して粘りこみ4着に入ったものの、3着のメジロパーマーにも6馬身の差をつけられるという着順以上の大敗であった。その後、タンホイザはメイステークス、富士ステークス[2]とオープン特別では2勝をあげるも、GIではジャパンカップは15着、有馬記念は4着という成績でこの年を終えている。なお、この年の有馬記念から柴田善臣が騎乗している。

6歳編集

1994年、タンホイザは初戦のアメリカジョッキークラブカップで重賞3勝目を挙げたが、日経賞3着を経て出走した天皇賞(春)では5着、京阪杯5着を経て出走した宝塚記念では9着、毎日王冠5着を経て出走した天皇賞(秋)では4着とGIでは今一つのレースが続いた。

天皇賞後、タンホイザはジャパンカップと有馬記念に出走する予定だったが、ジャパンカップでは鼻出血を発症して競走除外、有馬記念では蕁麻疹(蕁麻疹は飼い葉に紛れ込んだ蜘蛛を誤って食べてしまったのが原因という話もある[要出典]。) を発症して出走取消と2レース連続でGI出走を取り消すという珍記録を作り、不運が重なった1年であった。

7歳編集

1995年、タンホイザは前年同様、アメリカジョッキークラブカップに向けて調整が進められていたが、フレグモーネ(外傷から化膿する症状)を発症したため出走を回避し、夏まで休養することになった。

春を全休したタンホイザはその後、高松宮杯に出走。前年の有馬記念2着馬のヒシアマゾンを破って優勝したが、これがタンホイザにとって最後の重賞勝ちとなった。 高松宮杯後、函館記念で1番人気に推されながら8着に敗れたタンホイザは天皇賞(秋)6着、ジャパンカップ12着と敗れ、ステイヤーズステークス7着を最後に引退、種牡馬になった。

主な重賞勝ち鞍編集

  • 1993年 - ダイヤモンドステークス (GIII) 、目黒記念 (GII)
  • 1994年 - アメリカジョッキークラブカップ (GII)
  • 1995年 - 高松宮杯 (GII)

タンホイザは8勝しているが、そのうちの7勝が左回りというサウスポーだった。

引退後編集

引退後、タンホイザはブリーダーズ・スタリオン・ステーションで種牡馬となった。が、交流重賞での入着馬を出すのが精一杯であったため、種付け頭数には恵まれず、2004年以降は種付けを行っていなかった。

2006年にタンホイザはオーナーが所有する待兼牧場に移動。2010年の種付けシーズン途中で種牡馬を引退した。同年、山梨県北杜市清里高原の小須田牧場にて、マチカネフクキタルとともに功労馬として繋養されていた[3]

2013年12月7日、疝痛により死亡した[4][5]

代表産駒編集

エピソード編集

  • 現役時代、厩舎でのあだ名は「ハナモゲラ」だった。
  • 非常に乗りこなすのが難しい馬で、伊藤厩舎の調教助手達を悩ませた。伊藤雄二自身「ハナモゲラを乗りこなせたら、いっぱしの調教助手じゃないかな」と漏らしていたそうである(「優駿たちの蹄跡」マチカネタンホイザのエピソードより)。
  • お笑いコンビ・ペナルティワッキーの持ちネタにマチカネタンホイザの顔真似がある。

血統表編集

マチカネタンホイザ血統ノーザンテースト系 / Lady Angela4×3=18.75%(父内)、PharosFairway)5×5=6.25% (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンテースト系
[§ 2]

*ノーザンテースト
Northern Taste 1971
栗毛 カナダ
父の父
Northern Dancer 1961
鹿毛 カナダ
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Lady Victoria 1962
黒鹿毛 カナダ
Victoria Park Chop Chop
Victoriana
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah

クリプシー
1975
栗毛 日本
アローエクスプレス 1967
鹿毛 日本
*スパニッシュイクスプレス
Spanish Express
Sovereign Path
Sage Femme
*ソーダストリーム
Soda Stream
Airborne
Pangani
母の母
モンタロッチ 1963
栗毛 日本
*モンタヴァル
Montaval
Norseman
Ballynash
スターロッチ *ハロウェー
コロナ F-No.11-c
母系(F-No.) 11号族(FN:11-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Lady Angela3×4 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ マチカネタンホイザ 5代血統表2016年7月27日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com マチカネタンホイザ 5代血統表2016年7月27日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ マチカネタンホイザ 5代血統表2016年7月27日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ マチカネタンホイザ 5代血統表2016年7月27日閲覧。


脚注編集

  1. ^ 1991年当時はオープン特別。
  2. ^ 1993年当時はオープン特別。
  3. ^ マチカネフクキタルを訪ねて~小須田牧場”. JBBA. 2016年3月9日閲覧。
  4. ^ マチカネタンホイザの死亡について”. 名馬.jp. 2016年3月9日閲覧。
  5. ^ マチカネタンホイザが死亡”. netkeiba.com (2013年12月10日). 2013年12月11日閲覧。

外部リンク編集