メインメニューを開く

ブリーダーズ・スタリオン・ステーション

ブリーダーズ・スタリオン・ステーションは、北海道沙流郡日高町富川東で種牡馬を繋養している牧場である。運営は株式会社サラブレッド・ブリーダーズ・クラブが行っている。

目次

主な繋養種牡馬編集

2019年度編集

馬名 移動元 供用期間 移動先
ヴィクトワールピサ 社台スタリオンステーション 2018年 -
グランデッツァ 2016年 -
グレーターロンドン 2019年 -
コパノリッキー 2018年 -
サイレントディール 2009年 -
シビルウォー[1] 2015年 -
シンボリクリスエス 社台スタリオンステーション 2016年 -
ジャングルポケット 社台スタリオンステーション 2013年 -
ストロングリターン 2014年 -
スピルバーグ 社台スタリオンステーション 2019年 -
セイントアレックス 2014年 -
ゼンノロブロイ 社台スタリオンステーション 2016年 -
ダノンシャーク 2017年 -
ディープブリランテ 社台スタリオンステーション 2019年 -
トーセンジョーダン 2015年 -
ブラックタイド 2009年 -
ベルシャザール 社台スタリオンステーション 2017年 -
ラブリーデイ 2017年 -
リオンディーズ 2017年 -

過去に繋養されていた種牡馬編集

脚注編集

  1. ^ シビルウォーがブリーダーズ・スタリオン・ステーションにスタッドイン - 競走馬のふるさと案内所 2015年3月27日閲覧
  2. ^ アサクサキングスが移動競走馬のふるさと案内所、2016年10月17日閲覧
  3. ^ アッミラーレが移動競走馬のふるさと案内所、2016年10月17日閲覧
  4. ^ ヴァーミリアンが移動競走馬のふるさと案内所、2016年10月19日閲覧
  5. ^ グラスワンダーが移動競走馬のふるさと案内所、2016年11月1日閲覧
  6. ^ 2年毎にブリーダーズ・スタリオン・ステーションとビッグレッドファームを行き来する契約となっていた。
  7. ^ 種牡馬トワイニングが死亡 ノンコノユメなどを輩出netkeiba.com、2015年7月7日閲覧

外部リンク編集